スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の感想(追記有)

ライブレポートを書いて、結局個人的な感想を書いていなかった。
レポと重複することも多いかな。
mcはわざわざ書くこともないかと思うけど、音楽については一応書こうと思います。


席は一階上手寄りセンターの真ん中より少し前の列。
1.0弱の視力で剛君の姿が肉眼でもそこそこ見えるくらい。
「say anything」「love is the key」「これだけの日を跨いできたのだから」以外は遠慮なく、左手前方と通路挟んで右手横の人と一緒に、相当踊りました。
「これだけの日を跨いできたのだから」では普通に泣いていました。
こんなに全力で盛り上がったのは久しぶりで、本当に楽しかった。


まずは下手からひょっこりと登場した剛君に一気にテンションが上がって、ギターを弾く姿に見惚れてた。
身体も手も男性にしては小さいのに、ギターを演奏する剛君は何故こんなに格好良いのかと。

最初の方は声が完璧には出ていなくて、高音が少なかったかな。
それでも元々声量があるから、聞いていて心地良かったし、何より剛君が楽しそうに歌って演奏してるからファンも盛り上がっていた。
「blue berry」では高音フェイクが綺麗に響いていて、テンションも体温も上がってる中でも、違う気持ちよさもあった。
高音フェイクは「heian funk」、ファルセットは「love is the key」が特別良かった。
「heian funk」は女性のような声の高さで、一瞬コーラスの方かと勘違いしてしまう程。
元々声が細くて高くて、女性みたいだけど、私の知る剛君の歌声は男性らしさもあったから、良い意味で意外な歌声だった。
性別不明の中性的というよりも、男性らしさと女性っぽさを兼ね備えていて、このライブはどちらも最高に響いていた。

「clap your mind」「chance comes knocking」「blue berry」では軽くステップを踏みながら踊る姿や煽りに、魅せてくれる人だと実感した。
魅せつける。恰好良くキメる。
私はずっとあまり興味がなかったけど、アイドルとしての剛君に近いのかもしれないとも思った。

「shamaspice」は難しいところを歌わせてくるなと思ったけど、剛君にとっては歌い難いという感覚すらなさそうだとも感じた。
バンメンの方々が歌っているのを笑顔で見ている剛君の姿、そんな剛君やファンの歓声に応えるように一生懸命、中にはお笑いに走って歌ってくれるバンメンが面白くて、愛しかった。

そういえば、これはmcの話題だけど。
「努力をすれば報われる。でももっと凄いのは努力をしていないのに報われる人。そんな人になりたい」と剛君が話していた。
それだけで生活出来るような才能はあるのではないかな。
でも剛君は才能ばかりに甘んじることなく、色々なことに全力で、細かいところまで気を遣う人だから、努力をしなくて報われる人にはなれないと思う。
努力をしても報われない人や努力を続けるか迷っている人には、剛君みたいに努力に努力を重ね、自分を律して貫いて頑張る姿は救いになるはずだから、寧ろそんな人にならないでほしいとも思ってしまった。
その方が楽ではあるのだろうけど。
そもそもこの話は冗談を言う口調だったから考え過ぎても仕方がないのだけれども。

「盲目」「お花畑」と揶揄されることもあります。
他人の短所も受け止められる、良いところを見続けられることは幸せです。
私は剛君のファンなので、「盲目」と言われても、逆に嬉しく思います。


感想というよりもレポに近くなっているかな。
語彙力がないから、単純に「楽しかった」しか書けません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。