スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUNK詩謡夏私乱 奈良公演 アンコール

書き忘れましたが、twitterで無駄に多い簡易レポ読んだ方には重複する内容です。

アンコールは一つ前に書いた通り、新曲二曲と「shamadokafunk」の計三曲。

新曲のタイトル。
「FUNKがしたいんだ どしても」
「HEIAN FUNK」

新曲はどちらもイントロから惹き込まれる。
特に「HEIAN FUNK」の入りの高音フェイクは気持ちがいい。
この曲は最高のライブ感が味わえる。
ラストも高音フェイク満載で、ファルセット好きは最大限期待していいと思う。


「FUNKがしたいんだ どしても」
最初は「どうしても」だったが、「どしても」の方が緊張感だかが伝わる気がしたから「う」を削除したとのこと。

ドラマーがレコーディングスタジオでこの曲に合わせて踊り始めたところからきた振付。
振付は会場で曲に合わせて教えてもらった。
他の人の書いていた例えで分かりやすかったのは「スキーの時の腕ふり」
剛君が少しアレンジを加えていた。
左右に腕を動かす振付の説明では手はグーのまま。
実際に歌っている時はグーパーを繰り返していた。
余談だが、男性にしては小さめの手が可愛かった。
肩の上下は実際に指示があってのアレンジ、グーパーはコーラスのお二人はしていなかった。

両手をshamaポーズで上に二回上げる(YEAH!的なノリ)時、人差し指しか立てないと大御所から怒られる。
ドリフ。

一部覚えている歌詞
「FUNKがしたいんだ どしても」
「Let's groovin' FUNKな一手間」
「Let's いにしえ groovin' FUNKな一手間」
「Funky misic. Let's do the funky music」
「新しいわざわざを生きていたい
「生きる希望」
「古い希望」
以下は歌詞ラストくらい。
「ひとむかし ふたむかし み(つ?)むかし」
「よつむかし いつ?むかし むうむかし」
「ななむかし やつむかし ここの(つ?)むかし」
「とおむかし」
数の数え方が分からない。
そもそも覚えていると言う程はっきり記憶はしていない。

「HEIAN FUNK」
テンポが速く、キーが高め。
フェイク多用。

"hey HEIAN"の後に"hei an"というコーラスの合いの手が入る。
“hei-an! hei-an!”は赤毛の!あん!ではないらしい。
著作権の問題が出てくる。

去年の平安神宮セッションで弾いた「てれっててれれてってってー」のリフから。

一部覚えている歌詞
「平安ミラーボール 廻せ廻せ」
「hey HEIAN (hei-an! hei-an!)」


「HEIAN FUNK」から「shamadokafunk」の歌声がかなり響いた。
声は細いのに、圧倒的な声量と聴かせる技術というか、表現力。
どちらも高音が特に綺麗。

最後の曲は「大丈夫*2 大丈夫*2 funk」を繰り返す曲かと思った。
事の発端は「shamadokafunk」入りでの、"shamanippon yeah"でキーボードのミス。
スッと歌い始めた剛君が歌を中断してまで歌い始めたのが始まり。
最初はリズム隊が合わせて演奏を始め、客も歌う。

剛君は「FUNKがしたいんだ どしても」が夢に出ると言ったが、突然始まった予定外の「大丈夫FUNK」がかなり強く耳に残っている。
誰もが予想外の展開。
"funk"の高めの声が綺麗だった。
ちなみに「大丈夫FUNK」は私が勝手にそう呼んでいるだけ。
「大丈夫」のリズムのイメージは葉っぱ隊の「大丈夫 大丈夫 自分を信じて。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。