スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオパーク

「スタジオパークからこんにちは」
感想。
今日書いておかないともう書く気がなくなるだろうから、出掛ける前に少し。


野島さんは演技力よりも感受性に魅力を感じたらしい。
感情を理解しているのか、変化の仕方に敏感なのか、剛君は感情を表現するのが上手い。
感情を巧みに増幅させて、且つそれを自然に見せる。
着眼点はまた異なるかもしれないけど、感受性が直接的に演技力に影響するという考え方には同感。

剛君の演技を野島さんの口から直接語られているのを初めて見た。
カットされているのが勿体無い。
抽象的な表現もあるけど、具体的にどういったところが好きかを話していて、興味深かった。
ベタ褒め。

その野島さん脚本のドラマ。
「ペットショップの店員」の台詞、あの一言に惹き込まれる。
流石。

人間として認められないことを自ら望む。
先日ブログに書いた「心臓にしか見えない」状況を作り出そうとする。
その一方で生活を共にする矛盾。
まだドラマを見ていないから分からないことだらけだけど、見ないうちから「青年」の謎に惹かれて仕方ない。


剛君の演技に対する考え方が素晴らしい。
子役時代にもレッスンはあっただろうけど、撮影に臨んでいる間にも吸収しようとするのが貪欲でいい。
自分自身に貪欲にならないと成長はない。
音楽にしても演技にしても、彼がどんどん進化しているのはこうした考え方の違いなのだろう。
私も子供の頃にこの話を聞いていたら、もっと楽しく仕事に挑めたかも。


今回流れた部分の「プラトニック」の演技、まだセリフが少し固いと思った。
どの役にしても、最初はその役のイメージを掴もうとしているような感じがする。
演じるにつれ、役の性格を理解するというか、役が身に付いていってるように見える。

先に語ってた通り、現場で指示を受けて、他の役との兼ね合いも考えて。
周囲と一緒に役を完成させるからなのだろう。


役作りの話を聞いた感じでは、剛君は今回の「青年」が好きなのかな。
「スタジオパーク」での予告を見る限り、「青年」は自分の命と他人の命に考えを巡らせて、自分の信念を貫こうとしている。
きっと共感出来るところがあるだろうから。
楽しいだけの役ではないかもしれないけど、演技は楽しんでいたらいいな。


やっと今日放送。
楽しみ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。