スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長所と短所

there is nothing either good or bad but thinking makes it so
William Shakespeare, "Hamlet", Act 2 scene 2
http://www.geocities.jp/todok_tosen/todok/memo/memoham17.html


とても有名な言葉で、誰もが知っている事だと思う。

人の性格も長所と短所を入れ替えることなんて容易い。
多少異なる部分はあるが…

マイペース⇔自己中心的、自分本位
協調性がある⇔identityの欠落
怒りっぽい⇔情熱的
精神面が弱い⇔繊細

更に見てみると面白い
http://mamesoku.com/archives/2917761.html


剛君に対してのファン・アンチの見解の違いはそこなんだろうな。
考え方が違うのなんて人間だから当たり前。
だけど前にも書いたように、他人に対して否定的になるのは飽く迄個人の許容範囲の狭さの問題。
心が狭い人は他人を受け入れ、好きになる事が出来ない。
そしてそういう人は他人を受け入れられない=自分以外の意見を知らないから、いつまでも井の中の蛙でいる。


まあいいや。話を戻すと。
剛君は弱いだとか、自己中だとか、嘘吐きだとか言われるけど、それはそう思っている人がそう思い込んでいるだけなのではないかという話。
(別に私だって自分自身、思い込んでいると思ってる。人間ですから。
一応他人の意見を聞きはする。受け入れるかどうかは内容と状況次第。)

弱い→繊細、優しい
自己中→identityの確立、人間的
(鬱系の精神病を患った時の対処法は意識的に自己中になること。)
嘘吐き→臨機応変に対応可能、(全ての嘘が悪ではない)、世渡り上手

っていうか私は、剛君が自己中とも嘘吐きとも思わない。
世渡り上手ではないけど、臨機応変は分かる。
人間味があって、自己の確立もできている。
ある種弱くて、でも強い側面がある。
若干盲目ではあるが。私自身大抵の人には甘い意見なので、そこら辺は特別扱いというわけではないけど。

眠いし腰痛いし、頭廻らないから何時にも増して文章めちゃくちゃw
ま、いっか。

うん。とりあえず、理解できない自分の不足分を、他人を貶めることによって補う手法はどうかと思うってこと。
もちろん例外はあるけどね。


↓そして例外。
人間は日本国内に居れば、日本国憲法が国民の権利を保障する。
剛君が描く詞も、私が書くblogも、他の著作も全て「言論の自由」「表現の自由」によって公にすることが許可されている。
でも憲法に違反する意見は書けない。書いてはいけない。
憲法は国の最高法規とされる。それに反することは言わば日本への反逆行為だ。
(どうでもいいけど、反逆って言葉が悪いな。意味は合ってるんだけど違和感。)
善し悪しが考え方一つで決まると言っても、憲法・法律違反は大前提として悪。


単純に、憲法を敬愛する(ほどでもないかw)私としては憲法違反は許せないんですけど。



風呂入りたいけど、血圧低下中…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。