スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDの再現

「堂本剛とFashion & Music Book」
2014年3月15日放送分で剛君が語っていたこと。

「ライブはCDの再現の場ではないです。ライブですから。」


全く以てその通りだと思う。
賛同致します、剛君。

CDを再現するだけならライブに行く意味がない。
家で聴いていればいいし、人が多いところで盛り上がりたいならバーティでもしながら流していればいい。
自分自身も歌って踊って思う存分騒げるし、自分が聴きたい曲ばかりを選曲して流すことも出来る。
効率良く楽しめはするでしょう。

それでも。
ライブ会場で声を出して、音を奏でて。
聴き手もその場の気分や感覚で受け止めて。
一瞬一瞬変わっていく世界観がライブの楽しみだと思っているから、何度も同じ音を繰り返せるCDの再現なんて、わざわざ時間やお金を使う価値がない。
(CD本体を購入するのは別の価値を齎してくれるけど。)

その時の感情を、そのまま音や歌詞に乗せてくれた方が嬉しい。
CDになった曲を否定したいのではなくて、それが私の求めている音楽だから。
曲を書いた時やCDを録音した過去と歌っている今で全く同じ感性ってことはない。
その違いが音に現れていた方が、より今を楽しめる。


口パクは好きじゃない。
それならライブに行かなくていい。

ダンスも振り付けにただ忠実であるだけでは面白味に欠ける。
無闇にアレンジする必要はないけど、ノリたい音にノっている姿は素敵。
揃えていれば綺麗に見えるという理由なら、もういっそ集団で踊らなくても。
勿論ダンスの系統も様々だから一概には言えないけど。


ライブではライブの表現がある。
CDではCDの表現がある。

剛君の音楽はどちらも良さがあって、伝わってきて面白い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。