スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択の自由

アメリカの授業で学んで以来、ナチスドイツ時代の本は好きだ。
普段読書をしない、文字を見ると眠くなる私には珍しい程、良く読む。

収容所には自由なんて言葉はなく、ただ生きるか死ぬか。
それさえも選択出来ない人達ばかりだった。

私は戦後50年近く経ってから日本に生まれた。
「生きる」という選択は常に存在していたし、家族や友人もいて、食べ物にも困らず、勉強、音楽、仕事と選択の自由を与えられてきた。


やりたいことが出来る環境にいる。
その環境に感謝している。
そう感じられる自分にも嬉しく思う。
(選択の自由が苦痛だった時期もあったから特に。)

同様に感じる他人も尊敬している。
更にその環境の中で精一杯やりたいことをやっている人を何より素晴らしいと思う。

「やらなきゃいけないこと」を確固たる自分の意思で行っているのであれば素直に凄いと思えるけど、嫌々行っていたり、それにばかり囚われる人は時間を無駄にしているように感じる。
見ているともどかしくなるから少し苦手。


何度も書くようだけど。
剛君の音楽は、彼が今やりたいことが伝わるから好き。
それを実行出来ているのだと感じられる。

shamanipponは大衆向けには作られていないし、そうなると今の日本では嫌悪されることも多いだろう。
剛君自身もよくそれを重々承知しているという発言をする。
でもshamanipponを掲げて音を鳴らす。

やりたいことをやらない人生なんて生きる価値がないと思う。
他人にその価値観を押し付けるつもりはないけど。
私はそう思っているから、剛君の音楽は純粋に楽しめる。
それにプラスして楽器や歌声のグルーヴも変化し、曲の多面性が引き出される音楽だから面白い。

今の日本が持て余す「自由」を無駄にしないその姿勢が本当に尊敬出来る。


出掛けなきゃ。
以上「shamanippon -ロイノチノイ-」を聴きながらナチスの本を読んでいて思ったことでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。