スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Music on TV [si:]

2004年9月2日Music on TV [si:]宣伝

「素直じゃない、ほんとに。人に対して。
人が入って来ようとするともうすぐ…もうすぐ…なんていうのかな、こう…うん。無しにしちゃうっていうか。怖いっていうか。なんかその、人が、素直に信じれない…から、だから、なんかその…自分が多分昔は『愛をしてる』って言えてんけど、今は愛をどちらかと言えば『したい』っていう。
(『したいって気持ちはあるの?』)
『したい』って気持ちはある。だからその…それは恋愛って事じゃなくて。(声トーンが変わって言い聞かせるようにゆったりと)人を、警戒せずに、誰をも、素直に。うん。僕とあなたでっていうその会話を、出来る…のがいいねんけども。やっぱりそのね、難しくて。そこばっかりは。うん。
まあ自分も多分その…ね、家族持ったりとか、色々するとまた変わってくるやろうし、今はまあ、まあ取り敢えずそういうような?自分が結構割合を占めてるだけの話で、今後どうなっていくかは分からないですけど、またそうやって人を信じさせてくれるような…うーん…女性に出会ったりするかもしれないし、友人に出会うかもしれないし、仕事仲間に出会うかもしれないし。それは分からないけれども、取り敢えずなんかまあ、今の現実?自分がもう、持っているその現実を自分らしく、まあ真っすぐ見つめて、考えて、闘って生きていきたいなっていうか。それが今…今と言うか、結構ずっと理想であって。目を背けたりね、現実逃避するのって凄く簡単やから。うん。こうやって音楽をやってるとか、詩を書いてるっていうのは、とにかく…自分を、素直に出せるし、自分で生きてる意味っていうのが、より…うん。あるというか。だから『すごく幸せだなあ』と思って。上から『ああしなさい』『こうしなさい』って…言われる、けれども…うーん…毎日それじゃないから、『幸せだなあ』とは思いますけどね。うん。」



純粋すぎて、一度裏切られたことを真っすぐに受け止めすぎて疑う自分と、純粋故に他人を信じたい気持ちと。
「他人を信じること」の大切さを知っているからこそ、それが出来ない自分に腹が立つし、悲しくなるし。
剛君は「0か100か」となりやすいタイプの、所謂完璧主義者(本人談)だから、疑いだしたら全く信用できなくなってしまったりしたのだと思う。

疑心暗鬼になれば情緒も不安定になる。
私の完全なる想像(もういっそ妄想)では、剛君は本来他人を信じやすいタイプだと思うんだけど、「『他人を信じられる自分』の存在を信じる自分」が「他人を疑うという行為」によって否定されたような気がして、自分自身も信じられなくなっていたのだと思う。


そんな人間が10年も経たないうちに、shamanippon shipで他人と触れ合って、目を見つめることが出来るようになったのだと思うと、感嘆する。
純粋に嬉しい。
ありがとうって言いたくなる。(なぜw)
(まあ[si:]のライブにて、「人を信じられるようになった」という発言をしていたらしいから、その当時から少しずつその種を成長させていたのだろうけど。)


そういえば、「人を信じられるようになった」発言での批判はまだ続いているみたいで。
大きく2通りに取れると思うんだけど。
I)家族も信じられなかったのかと言ったら違うだろうから、信じられる人が少数いた中で、職場関係の人を含む知人程度の人全てを信じられなかった。
II)本当の意味で誰も信じられなかった。家族、友人、仕事仲間例外なしで。
個人的にはIでFAなんだけど。
IIだったら「死にたい」って思った時に自殺してると思う。だって自分のことを大切にしている人がいないと感じるのであれば、自分が死を選んだって誰も気にも留めないって事でしょう?大抵の人が自殺を踏みとどまる理由は「悲しむ人がいるから。」剛君も同様に、「自分の死を悲しむ人」=「自分を心から大切に思う人がいる」ことは認識していただろう。だからIIはないんじゃないかな。

っていうか昨日だか一昨日だかにも「精神病」「生死」について書いた覚えが。
割とそういう生命について考えるのが好きだから、どうしてもそっちに行っちゃうんだよね。
私は考え方は病んでるけど、精神的には病んでないですよ。
…多分w


追記:声も表情もすっごい可愛い。うん。
あと、土屋公平さん。剛君にギター教えてくださってありがとうございます。
連絡先を渡したって件、男前すぎた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。