スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHEN A MAN LOVES A WOMAN

2004年08月21日放送の僕らの音楽
堂本剛×綾戸智絵
「WHEN A MAN LOVES A WOMAN」を聴いて。

とにかくいい声。
でも当時の歌い方は若干今よりも喉を傷めそう。今の歌い方、発声で聴いてみたい。
大好きな歌い方ではあるけど。
長い間歌い続けるためには歌い方の工夫っていうのは重要だから。

フェイクも最初控えめに入ってくるのがいい。

発音は…うん。
でも気にしてるんだろうな、と感じる。
そこにばかり気を取られたらこの歌の良さが分からなくなりそうw

こんな感じの歌ってあんまり聞かないけど、声と合っていると思う。
凄い好き。
ジャズって音楽ジャンル自体が女性のイメージがどうしても強いんだけど、うまくマッチしてるね。
声が高いから?
歌い方の柔らかさも関係しているかも。
発声もPOPSとかよりは完全にジャズよりだし。

綾戸さんも腕の筋肉よかったよ。




歌の前のコメント。
「ああいう経験とかも、生きてるうちにあと何回出来るのかなって。あれだけ歌ってて気持ち良かったり、歌っててこう…歌い終わった後に『うわわーん(?)』ってちょっとなるような気持ちいい感じとか。そういうのって死ぬまでに何回得られるのかなとか。そういう時にホントに感じるんですけど。」

今の彼はこの時以降どれだけその気持ちよさを味わってきたのかな。
ソロのライブではMusicianの方々やファンの人と、綾戸さんとのコラボの時同様かそれ以上の快感を感じてくれていたら、と思う。

…ライブとじゃ種類が違うから比較はできないか。

逆にこれより前はそんなに実力を発揮して、「気持ちいい」と思える程の歌にあまり出会っていなかったのかと思うと、ちょっと切ない。
というか勿体ない。
でもデビュー当時は「所詮歌が上手いアイドル」的な感じではあったから、歌唱力の安定してきたこの時期にその感動が得られたのは良かったかもね。
慣れちゃったらそれはまた楽しくないし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。