スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平安神宮ライブ 2012 ヒ ト ツ」 感想

「平安神宮ライブ 2012 ヒ ト ツ」
やっと見れました。
まだ数曲ずつに分けて聴いただけだけで、MC部分も見れてないけど。
一言では言い表せないくらい良かったです。

記憶していたよりもゆっくりゆったりしていたように感じました。
音の運びや歌い方も違って聴こえました。
時間が立ち過ぎているせいか、行った日が初日だったからか。

「ヒ ト ツ」と「命のことづけ」は歌詞を覚えていない部分も多かったので、もう一度聴けて本当に嬉しかったです。
ここでは主にその二曲の感想を。


「ヒ ト ツ」の後半の「戦うことで命消えてしまうのに 戦わなくても命消えてしまうのに」という部分。
初日の一回目の「命消えてしまうのに」は静かに、二回目は強めだったと思うのだけど。
DVDではどちらも抑えて、その後に続く「どうしてだろう」を強調してた。

もう一つ違うのは「寂しく手を振ったよ」
これは初日に好きだと思ったところ。
歌い方一つで得る感覚が変わる。
ライブの醍醐味。

「ヒ ト ツ」というのは「皆で一つになる」か「個々が一つと認識される」か。
この曲は「皆で」なイメージ。
剛君は個性を大切にする反面、日本的感覚で人との繋がりを人一倍大事にしている。
だからこういう曲が生まれるのかな。


「命のことづけ」はイントロを覚えていたらしく、聴いた瞬間にテンションが上がった。
虫の声とキーボードが凄く良い。
好き。大好き。

「愛があるから一つになれない」という歌詞は「ヒ ト ツ」に相反しているようで面白い。
愛を常に大切にしている剛君がそれを歌うから特に。
ココロ見で桜守の佐野藤右衛門さんが仰っていた「金があるから金に困る」という言葉に共通するように感じた。
あるから困ることがあっても全くないと生活は出来ない。
愛もお金も持つ人によって意味や価値が変わる。

「必ず」という言葉のリピートはグッときた。
何度も繰り返すのは決意でもあり、声に出すのは少なからずとも不安要素があるから。
「必ず愛してみせるよ」の歌詞がまだ愛せていない現状を仄めかしている。
とても人間味溢れる曲で綺麗。


やっぱりロングトーンが好き。
フェイクが好き。
思い返すとどの曲も初日とは違った。

声は楽器なのだと思わされる。
言葉でない声って言葉以上に感情や感覚を伝えることがある。
本能を感じるのかな。
動物らしさというと少し違う気もするけど、それに近いかも。



長いので次に書こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。