スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の平安神宮の曲

毎朝目が覚めると何かしらの曲が頭の中で流れている。
3日前はハンマーソングと4645。
一昨日はリンダリンダ。
昨日はCCK。
今朝起きた時は、昨年平安神宮ライブで剛君が歌った曲だった。

「どうしてだろう」と「必ず」を繰り返す曲。
どちらも初ライブの新曲ということもあり、よく覚えている。
去年のライブ後はずっとその二曲を忘れないように口遊んだ。


今日ずっと頭にいたのは「どうしてだろう」の方。

ドリフェスの後懐かしくなって引っ張り出してきた去年のメモ。
「どうしてだろう 愛を奇跡と呼ぶのは」
「どうしてだろう 未来は光なのに」
と書いてあって、色々思い出していたのが原因だろう。

一日中「どうしてだろう」の部分だけリピートしていた。
今でもあの平安神宮の雰囲気と一緒に思い出せる。
今春お昼に行った時とは全く違った印象で、あの場にもう一度行きたいと思う。


「必ず」の曲は「命の託(書き方は不明)」というタイトルだったはず。
あまり思い出せないのだけど。
どちらかというと此方の曲のほうが聞いていて好きなイメージが強かった。

歌詞よりも曲よりも彼の歌声が頭に残っている。
「必ず」の部分のコーラスと剛君の気持ち高めの声。
誰かのハモリが入るならば、剛君の声は女性コーラスと合わせるのが一番好き。

「必ず 信じてみせる」
「必ず 愛してみせる」
とメモしてあるけど、何をかが分からない。

「争い(戦い?)が止まない雨でも…愛を鳴らすよ」
という歌詞がインパクトが強かった。
「争わなくても 命消えてしまう」という歌詞は「どうしてだろう」の方だったと記憶しているのだけど、「命の託」にも通じる。
剛君の考える世界が曲を通して伝わるような気がする。

武器を持たない戦いを含めるならば、この世には争いが存在しない世界なんてないと思う。
自分自身の中ですら葛藤して、欲求と不満を抱えているのだから。

話が何処かに飛んでった。
今このブログを「We Are The World」を聴きながら書いていたからこんなことに。


どちらの曲もリリース待っています。
しっとりしていて、何かというとカップリング系の曲調だから、「瞬き」の時に少しだけ期待した。
いつかCDで歌詞を見て、ライブでもう一度聴いてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。