スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更なドリフェス感想

凄く今更、ドリームフェスティバルのレポートみたいな日記。
ちゃんと書いていなかった気がするから。

数日前の話。

いつも通勤時間は何かしら音楽を聴いているのだけど、ちょっとテンションを上げたかったから、ドリームフェスティバルの時のリストにした。

今思っても贅沢。
単独ライブと比べて時間は短かったけど、内容が充実してて、本当に素敵だった。

一ヶ月経った今でも鮮明に思い出せる。
緊張を感じさせない歌声。
少し硬い表情、垣間見える笑顔。


「Blue Berry」はフェスでのアレンジが聴こえてくるよう。
「Blue Berry 食らうDay」の「y」でのファルセットが綺麗だった。
フェイクも多くて。
曲が始まった瞬間の歓声やジャンプの指示への観客の戸惑いもはっきりと覚えている。
1→1→1でやっとモニターに手が映し出されるようになって。
→2→5…それから2と5が続き、5の多さに笑って。
ラストの歓声が凄くて。

「Chance Comes Knocking」では振りが分からなくて戸惑った。
「higher」と手拍子は見様見真似。
「higher」の時に駆け引きが最初上手くいかなくて、大げさに不満そうな表情してみて。お茶目で可愛くて。
”Everybody, say! Come on!”って言ってたのかな?それが特に格好良くて。

普段はあまり聴いてなかった「White Dragon」はあれから聴く回数が増えた。
「さぁ この世に君の愛」の「愛」部分でのファルセット。
「堕とせ真ん中へと」で中指ではなく人差し指だったのはフェスであることを意識してだったのかな。


その後のshamaメドレーでもっとテンションが上がった。

「縁 -groovin'」はテンポが少し早かった気がした。
女性コーラスとの駆け引きが凄く好きで、「shamanippon」の声が男前でドキドキした。

「I gotta take you shamanippon」も振りが分からず、前方のファンをチラ見。
この曲は演奏が映える曲だと実感。
本当に音楽が好きだって感じさせてくれる。

そこから「shamanippon~くにのうた」でテンション最高潮。
shamaでは楽器もコーラスも上手く活用していて、纏まってる。
歌ってるというより演奏しているような歌声に近くなる気がする。
赤いライトと会場の暗さとそれぞれが奏でる音がマッチしていた。


MCは殆ど覚えていない。
きっかけがあれば思い出せるかもしれないけど。

「(Funk Musicを)好きになりすぎてこの始末です」がベストヒットだった。
私はそれが音楽をやる上で一番大切なことだと思っているから、その言葉が特に嬉しかった。
音楽を聴いていれば伝わってくるけど。


最後に「街」を持ってくるのは狡いと思った。
感動するしかない。
カバアレンジで落ち着いて終わらせる感じも流れ的には最高だった。

間奏でのフェイク。
トークよりも落ち着いたトーン。
中性的でもあり、男性らしさもある声。

一番でずっと裏に指示を出していたのは気になった。
後にラジオで「イヤモニの音量が大きくなりすぎていた」と言っていたが、それにしては歌声への影響が少なかった。

初めて生で聴いて、感動した。



あの空間にもう一度行きたいと思う。
次に行われるライブも楽しみだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。