スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き?

何に対して不快感を感じるのか考えてみた。

意識しているか問わず、KinKi Kidsのファンで「どちらか一方が特に好きな人」「KinKi Kidsの活動とソロの活動を比較する人」が苦手らしい。
その中で頻繁に否定的意見を述べる人が。


好きな人だけに甘い人、逆に口煩い人。
KinKi Kidsの二人を好きでも平等に意見を言うわけではない。

傾向としては自分の好きな人を援護するような意見ばかり言う人が多いように感じる。
そして結果剛君や光一君を否定するような言葉になる。
剛君が好きなKinKi Kidsファンは光一君ファンに。
光一君を好きなKinKi Kidsファンは剛君ファンに。

結果誰かに不快感を与え、アンチを生み出す原因となっている気がする。


そして「KinKi Kidsの活動とソロの活動を比較する人。」
勿論KinKi Kidsファンも好みがあるから、意見が偏ることもあるだろう。
でもそれなら他人の好みを尊重出来ないのかと疑問に思う。
以前にも書いたような内容だが。

・剛君ファンも光一君ファンも、二人がKinKi Kidsを大切にしているのを理解していない。
・KinKi Kidsの活動を応援しないと二人が悲しむ。
上記のような意見を何度か目にしたことがあるが、私の知る剛君ファンは皆彼がKinKi Kidsを大切にしていると思っている。

そしてKinKi Kidsの活動を応援しないのも、嫌いという感情による程度を弁えたアンチ行為も個人の自由だ。
KinKi Kidsのファンは「KinKi Kidsよりもソロ活動をしてほしい」という剛君や光一君のファンを「KinKi Kidsのアンチ」と言う。
それならば、彼女達はソロに対して不平不満を漏らしてもアンチ行為をしているとは思っていないようだが、「ソロの期間が長すぎるからもっと短くして欲しい」といった内容は十分ソロ活動のアンチ行為である。
彼女達は自分と似た意見ばかりを尊重しているのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。