スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギネスと解雇

もうそろそろ落ち着いてきた話題だと思うんだけど。
私もここ数日忙しくて、書けなかったので、今この少しの時間で。


「氷室 司 @LOV654321  10月7日
今日から、Gのギネス記録をストップさせる為に、EXILEのNewSingleについて、沢山つぶやきます( ̄∪ ̄)記録があるから、Gの活動をせざるをえないのなら、アタシ達がその記録をぶっ潰してあげましょうよ!!」

最初にツイッターでまわってきたのが此方。
発想の転換が凄い。

好きな人が自分の嫌いな人と一緒にいてほしくないという自分勝手な欲求を、他の人を利用してまで叶えようとする。
EXILEには一切興味を持っていないにも拘らず、KinKi Kidsが嫌いだからとCDを購入する。
光一君や剛君だけでなく、EXILE、双方のファンに不快感を与える。

CDを購入しても聴かないAKB48のファンを知っているが、彼は自分の好きな人の為。
光一君ファンのように、「好きな人がいるグループの記録を途絶えさせたい」と自分の利益しか考えないで買う人がいるなんて、KinKi KidsもEXILEも報われない。


そしてもう一つ。
「らな @kagayaki51  10月9日
真っ先に辞めさせなければならないのは堂本剛でしょ?複数回のコンサート放棄・事務所批判・アイドル否定・同僚への名誉毀損・モラルハラスメント・グループの私物化・親族経営の店の商品を番組を利用しての宣伝他、まだまだあるんじゃないですか? 解雇の基準は? #johnnys」


まず一つ言えるのは、らなさんは表での剛君の仕事を見ているとしても、裏の事情は一切知らないということだ。
それは私や他の剛君ファンにも言える。
だから「解雇をするべきか否か」といった問題は元々取り上げるべき内容ではない。

そして羅列された内容は全て会社が把握しているべきであり、もしそれが出来ていないのであれば、それは会社側の管理能力が甘いとしかいいようがない。
あれほどの会社が剛君の行動を把握していないとは考え難く、上記が本当であるとしても、社内では問題にならない程度であると考えて良いのではないか。
らなさんが羅列した事柄が本当であるとは限らないが。


そしてもう一つ書くなら。
先日「笑っていいとも!」で話していたこと。
「(様々なイベントについて)あれは全部事務所に申請を出して、事務所がハンコ押したんでやってるので…。」
「申請に申請を重ねてるジャニーズのアーティストです、僕。」
「『いいですよ』って言われるからやるんですよ。だから通らないやつはやってないです、僕は。はい。通ってきてないものはやってなくて、ジャニーさんがそういう風に、あの、話してくれたんで、今こうやって一人で作ったりとかもしたりはしているんですよね。」

また、手違いでジングル後CMに切り替わっていなかった時の発言。
「この物件この人、この案件この人、この案件この人…っていって。(『全部申請しなきゃいけないの?』)大変なんですよ。大変なんですけども、でもそこをちゃんと、「あの、僕はこう思ってるんですけど、どうですか」っていつもお伺いを立てて、『これするんやったらいいよ』って言われたら、『じゃあ一緒にやらして下さい』ってことで。」

全て許可を得ていると言っているにも拘らず、解雇解雇と騒ぎ立てるのはあまり賢くない。
彼女達に賢さは求めていないが。

ジャニーズ事務所は剛君が利益になると認識しているからこそ許可を出しているのだろう。

光一君ファンが解雇を希望したところで、経営する側が利益になる人物を手放すとは思えない。
彼女達は、内情を知ることがない、何の権限も持たないただの消費者の一人に過ぎないのだと理解するべきだろう。



長くなった。
もう一度見返して、ジングルが流れた時の剛君可愛かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。