スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

For You

宇多田ヒカルさんの「For You」
中学生の頃によく聴いていた曲。
今日ふと思い出して聴いてみた。
いつ聴いても、素晴らしい曲は変わらない。



何かを感じるには、正反対の何かを知らなくてはならない。
自分と他人。
一つと複数。
喜びと悲しみ。
人間は無意識に全てを比較しながら生きている。

「瞬き」然り、他の曲然り。
剛君の楽曲は対比がしっかりされているから、現実味があって面白い。


「For You」の歌詞で、「一人じゃ孤独を感じられない」とある。
剛君はその言葉の真逆に思える。

大凡常に愛されていて、傍に誰かがいる。
でも、傍にいてほしい人と一緒にいられる保証はない。

とても素晴らしいことに、剛君は「誰か」を知り過ぎていると感じる時が多々ある。
だから彼は孤独を体感し、表現することに長けているのかもしれない。
悲しみが多い程幸福を感じるというが、逆に華やか過ぎる環境は孤独を生み出すのだと、彼を見ていて思う。

幸せそうに見えても、その環境によって幸せを感じる基準も変わってくる。
彼の表現する感情は、全てが幸福に起因していないところにも共感を覚える。
幸せになってほしいとは思っているのだけど、ちょっとした矛盾。


私の感性も中学時代から変わらない。
あの頃は大人になれば価値観が変わると信じていたけれど。
これが私の本質なのだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。