スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否定的意見

ジャニーズのファンは否定的な意見にとても敏感で、受け入れ拒否することが多いイメージがある。
若いグループのファンは特に。

そういう私もそういった意見には敏感だと自覚している。
あまり良くないと思い、少し考えてみることにした。


剛君に対する否定的意見には納得させられることもある。
同じ彼のファンの友達も、少々辛口になる時なる時があるし、私もたまにちょっとした疑問を抱く。

ではどんな時に受け入れられなくなるか。
以前反論を書いたことがある人物(剛君ファンと名乗っている、彼への不満をツイートしている女性)との違いは何か。

私が賛同する意見の大半は、彼の音程やリズム、演技等、技術的な話だ。
対して、彼女の剛君への不満は、彼の発言や思考について。

技術的な話は、剛君の音楽や演技を見ていれば理解出来る。
若いし、まだまだ足りない部分は多い。

でも、思想・思考は言葉の端が切り取られている場合もある。
限られた時間の中で、彼が伝え切れていない可能性もある。
だから発言への批判に同意しにくいのだ。

私は一ファンであって、剛君の人となりや人格は知らないから。


過去このブログにコメントされた光一君ファンに賛同出来なかったのも、上記が理由なのかもしれない。

私が見た剛君ファンの光一君への批判の多くは、彼の歌唱力や演技力についてだった。
発声方法や音域の話は、なんとなく理解出来る部分もあった。
同様に、剛君の音楽性を考えるきっかけにもなって面白かった。

反対に、光一君ファンが書き込んだコメントは、剛君の発言や集客についてだった。
本人も言う通り、発言の意図は雑誌では伝わり辛い上に、彼女達はたった一文を提示して私に意見を求める。
パズルのピース一つで絵が分かるほど、私は優れた人間ではない。
同様に、関係者以外は知る由も無い集客の話も、単なるファンの私が口出しする内容ではない。



ここまで書いたが、最終的に纏めたかったことを忘れた。

とりあえず。
否定的意見を一切受け付けないのは成長に繋がらない。
為になる意見とそうでないものを見極める目を養わないといけないと感じた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。