スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲と歌い手

剛君ファンがshamanippon DVDや天魔さんで盛り上がっている中、今更ながら「カバ」の話。

未だに毎日聴いている。
シャッフルになっているが、252曲の中から「街」「人生を語らず」「PRIDE」など、必ず「カバ」の曲を聴く。



カバーアルバムはどの歌手が出したとしても賛否両論だ。
私の好きな歌手はカバーされる側の人が多い為、「原曲が一番いい」という考えは基本的に理解出来る。

カバーは曲を愛している人には好まれ、歌手を愛している人には嫌われる傾向があると思う。
好きな曲でも表現力に欠けていたり、音痴な人が歌ったら嫌って人も多いだろうが。

カバー自体は人が変わるわけだから、その歌手を好きな人からしたら不満だったり、興味の対象外だったりする。
その歌手の曲に対する思いを感じて、嫌がる人もいる。

ただ、曲の持つ別の顔を見れるという意味では、曲を愛する人には楽しめるモノなんだと思う。
曲自体の知名度も多少なりとも上がるし。



私が原曲を知っていたのは
「I LOVE YOU」
「ANOTHER ORION」
「LOVE LOVE LOVE」
「街」
「優しさを胸に抱いて」
※「古い日記」はサビを少し知っていた程度。

特別思い入れがあるわけではなかったが、「I LOVE YOU」「LOVE LOVE LOVE」は元々好きな曲だった。
尾崎豊さんやDREAMS COME TRUEに興味があったわけではなくて。

だから、曲の側面を見れた気がして嬉しかった。
歌というより、どちらも原曲のアレンジの方が好きではあるが。



音楽は多面体だと思う。
原曲とカバー、どちらも違うように見えて、同じ音楽の一部だったりする。
また、自分が口遊んで初めて分かる側面もある。

カバー曲の楽しみが分かったのも、この「カバ」のおかげ。
剛君、ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。