スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娯楽

前置き。
「衰退」という言葉は飽く迄個人的価値観です。


shamanipponのDVDを見て思ったこと。
「カバ」は例外として考える。


景気が良い時は、平均して娯楽への関心が高まる。
余裕があるから。

不景気だと必需品の確保を優先する為、無闇にあれこれ手を出せない。
個々の娯楽への出費が減り、結果娯楽産業が衰退する。

今の音楽業界は、金銭への関心だけが高まっていると思う。
大衆が好むものでなければ、稼ぎが見込めず、経営が成り立たなくなる。
上に立つ人は下の雇用も考え、一定の収入を保つ為に、マイナーなモノを拒む。


経済が回り始めたら、剛君のように自分のやりたい音楽、伝えたい感情を優先する人も増えるだろうが、今は違う。
楽しむことへの関心自体が薄まり、生計への関心が優先される。
欲求段階を考えれば極自然。

だけど衰退する娯楽産業の中で、マイナーだと理解しつつも、その娯楽を提供し続ける剛君は凄い。
事務所・レコード会社の方や周りのスタッフも凄いが、一定の収入を保てる自信があるからこそ、彼の活動をサポート出来るのだと思う。

誰でもやる時に、他の人を同じ事をやっても面白味に欠ける。
今のこのご時世だからこそ、大衆受け狙いでない剛君の音楽が楽しい。


マイナーとはいえ、今の世の中に全く関係ない音楽でもない。

不景気で余裕がない為、変に他人への関心が高まり、目立ち過ぎないようにする人が多いように感じる。
個性を好まない日本人の性質が悪い方向にも強調されてしまっている。

与えられた個性を職としているアイドルが、自我を強調した音楽を作り、歌う。
時代に逆らうような音楽を聞かせる。

反個性派に対して不満を抱く人も多いから、そういう人達にも楽しめる音楽だと思う。
とはいえ、やはり大衆向けの音楽ではないから、個性派でも拒絶する人はいるだろうが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。