スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪悪感

インターネットで見たこと、それに対して思ったことを簡単に。

罪悪感を抱くと「相手が悪い」という感情を作り出すことがある。
浮気を相手の所為にするのが一例。
「あの人がああしたから、私はこうした。」「なんとかのせいで、こうせざるを得なかった。」といった被害者の立場を取りたがることもある。

相手のせいにする理由は単純で、「自分が悪い」という思いを防御する為。
人は自分に不必要なモノや悪いモノを無意識に排除しようとする。
片思いの相手と両想いになれず、その人に抱く好きという感情が憎しみに変わるのと同様。



そこで私が考えたのは、光一君のファンも剛君への誹謗中傷や捏造に対して、罪悪感を抱いているのではないかということ。

通常、他人の悪口を言うと罪悪感が生じる。
だけどその罪悪感は自分にとって嫌な感情であり、感じたいものではない。
誰かを責めている間は自分を責めずにすむ為、結果的に彼女達は誹謗中傷の原因を剛君や剛君のファンの所為にする。
既に孤立無援の状態では、周囲を味方につける為に自分は正しいと主張する。


罪悪感を覚える場所というのは居心地が悪い。
それによって抑圧的であったり、異常に明るい態度を取ったり、逆切れ状態に陥ったりする。
そして、代わりに居心地の良い場所を求める、その場所や人への思いが募る。
それにも慣れが生じ、結果完璧な防御線が出来上がる。
それでも根本は解決しない。

上記の罪悪感を抱く居心地の悪い場所がKinKi Kidsであり剛君で、居心地の良い人が光一君や同じ状態に陥った光一君ファンなんだろう。



周囲の人が行う一番の対処は「そういう行為を行ったあなたが悪い」と理解させることを中断すること。
理解を促すことによって更に罪悪感が刺激され、より防衛に走りやすくなる。
罪悪感と共に補償行為をしたくなるケースもあるが、罪悪感を刺激され続けることによってそこまで辿り着かない。

本人は「受け入れること」が必要。
自分が取った行動が「悪い」と思い込みすぎず、不可避であり、何故その行為に至ったかを知ることが大切。
寂しさや不安・不満が背景に存在する。

とはいえ、一緒に誹謗中傷を行ってくれる仲間を見つけた光一君ファンを放置しても改善するとは思えないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。