スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好みの違い

MISS plusを見たKinKi Kidsのファン。
「オンリーは剛君がKinKi Kidsだと本気を出せないと思っている。剛君がKinKi Kidsを大切にしていることが理解出来ていない。」


二文はKinKi Kidsファンである彼女からしたら、"therefore"とか"so"で繋げる文章なのかもしれない。
でも私は、剛君がKinKi Kidsを大切に思っていても、KinKi Kidsではソロ程の力が出せていないと感じている。

二人組だから、当然バランスを取る必要がある。
大体どのグループでも同じだと思うけど。
声量や音域に違いが生じ、それを補う為の工夫をする。
短所をなくすその工夫が、結果的に長所を奪うことになる。

バランスを取ることにも労力を使う。
自分の得意とすることに重点を置けるソロの方が力を発揮できるのは当然だと思う。
自作曲というのもあるだろうし。

KinKi Kidsの「雪白の月」等の映像を見たことがあるけど、(バンメンやスタッフを除く)自分だけの舞台で奏でる音楽は別物。
込められる感情が違う。


とはいえ、KinKi Kidsというグループを大切に思っていないかというと、それは別問題。
長い活動で愛着もあるだろう。

剛君ファンの多くは、雑誌で言っていた彼自身の発言を理解しているでしょう。
彼の発言を受けたからと単純に「KinKi Kidsが好き。」にならないだけで。


リスナーにも好みがある。

少数派ではあるだろうけど、KinKi Kidsのファンの中にも、ソロを聴かない・興味がない人がいるのは知ってる。
その人達に「だから(KinKi Kidsの)オンリーは…。」と言っているのを、私は見たことがない。

同様に剛君が好きな人の中にも、KinKi Kidsの曲を聴かない・興味がない人がいるだけの話。
多分上記の発言はKinKi Kids活動を好まない剛君ファンが対象なのだろうけど、自分と異なるから否定するというのはどうなんだろう。




因みに全く関係ないけど、歌唱力謂いの話をしている時に「好みの違い」という人がいる。
それは違うでしょう、と思う。

自分の子供の書く作文と、本屋に並ぶ小説。
文章力・表現力は一目瞭然。
モンスターペアレンツじゃない限り、「自分の子供の方が文章力があるわ。」なんて言わない。

「どちらの方が自分の心に響くか」という内容なら「好みの違い」でいいだろうけど。

こういう発言ってほぼ女性しかしない。
女性は本当に感情に流されやすいんだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。