スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教

やることはいっぱいあるけど、めんどk(ry
折角のお休みなんだから好きなことすればいいよねw



宗教:神または何らかの超越的絶対者、あるいは卑俗なものから分離され禁忌された神聖なものに関する信仰・行事。また、それらの連関的体系。

こうやって文字で起こしてみると、剛君の何処が宗教的なのか良く分からなくなる。
確かに彼の作る音楽は「日本」をテーマにしているだけあって、神道仏教の影響を多大に受けていると思う。
でも、クリスチャンの私としては、剛君の考え方は飽く迄「日本国内においては宗教的」でも世界的な宗教っぽさはない。つまり、日本人は意識下に宗教が無いから宗教の影響を受けている剛君の音楽を「宗教みたい。」と言えるのであって、クリスチャンからしてみたら「信仰心もないのに宗教的なんていえないでしょ」となるのだ。

剛君は自分の中に哲学を持っていて、それを信仰しているように感じることはある。
私にはそれは日本人の多くがそう見える。
自分自身を信頼している。その感覚は理解できない。
でも剛君を見ていると、有神論の無宗教の考え方が分かって面白い。

私はクリスチャンになる前は無神論者だったから、理解できない面白さはある。
好きな人だから、理解できると思っているから、神様の愛を知って欲しいとは思うけど。神様は神様のタイミングで剛君の前に現れるだろうから、それまではお祈りするしかないかな。

なんか「宗教的」という言葉が日本では差別用語のように聞こえてしまう現状がとても悲しい。
日本は独自の宗教に満ちた国。科学主義という宗教家の集まり。
それなのに無意識にほかの宗教を見下している感じがある。
剛君は仏教神道に精通しているから「宗教嫌いの宗教家」から排他的に扱われることが多いのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。