スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿

荷詰め。
まだ。

(事故る)覚悟。
まだ。

(犬を置いていく)覚悟。
完璧。


向こうでやることは、読書。
第二次世界大戦のナチス政権下、ユダヤ人虐殺の実体験。

"Night" by Elie Wiesel
"…trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager" by Viktor E. Frankl

上記はアメリカの高校の授業教材。
もう一度読み返したくなった。

Franklの本は、心理学者の実体験。
生存者の共通点、人間の異常行動の原因とその内容。


戦争はいつ巻き込まれるか分からない。
現に最近、アルジェリアのテロで人質にされた日本人が殺害されている。

自分がもしその場にいたら、どんな行動がとれるか。
Wieselのように神様の存在さえも否定してしまうのか。

今巻き込まれている人達が救われる手段は?
日本国内でも、いじめ問題など、似たようなことが起こっているのでは?


折角の合宿。
暇な時間も多いだろうし、読書しよう。


…お風呂、時間帯とか何時間とか決まってたらどうしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。