スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プラトニック」最終話

八話目はまだ通して一回しか観ていないから、記憶が飛び飛び。
本当は八話二回目と全体を通して一度観てから感想を書きたいのだけど。
その時間が取れるのはお盆より先になりそうで、諦めることにした。
お盆にはライブモードに切り替わっているだろうし。

結末に関してのみの感想。
その他は二度目を観た時にでも。

Twitterでも何度か書いたが、最終回に不満を抱く人も多い中、私は割と満足して見終えた。
「青年」の心臓を移植することが、彼にとって一番いいとずっと思っていたから。
薄情かもしれないが、死なないでほしいとは殆ど考えなかった。
終盤の望みは「最高に幸せだと思える瞬間が少しでも多く、そしてそのタイミングでの死を」といったところだったかな。
もしくは、サラの死か。

散々書いてきたことではあるが、私はサラと「青年」の愛は本物だと思うし、二人が幸せだったと信じている。
愛が偽物かどうかなんて、赤の他人に分かるわけがない。
幸せそうに微笑んで亡くなる人が不幸だとは思わない。
愛し方は人それぞれ、十人十色。
「死は不幸」「生きてさえいればいい」と考える人には決して分からない愛の形かな。

「青年」にとってはあれ程のハッピーエンドはないし、結果論で言えばサラにしても同じ。
サラが迎えたハッピーエンドは、娘と元夫と仲良く元気に暮らすことではなく、「青年」との世界の中という意味で。

「青年」は自分の命よりもサラとの愛を重視した。
それは自分の命を蔑ろにしたのではなく、どちらも大切で、意味を持ったものだと知りながら。
命を差し出す代わりに手にしたのは、サリの命ではなく、サラと「青年」の完全な二人だけの世界だ。
今迄も二人だけだと思っていたけれども、そこにはサリも父親もいた。
「二人だけの世界」という「青年」にとっての安らぎの場を、彼は自分の死によって得られたのではないか。

サラは「青年」を理解した上で、彼が生きることを望んだ。
愛している人の望みだろうと、死は受け入れられないと。
サラは「青年」の死後もずっと目を閉じたまま、彼と過ごした夢の世界に生き続ける。
彼の望みであるVサインの笑顔を浮かべて。
彼が望んだように元夫と再婚して。
他人には不幸のように見えても、それが「青年」の望みであるならば決して「ノー」とは言わない。
初めて愛した「青年」が与えてくれた二人だけの世界に生きられる、幸せ。


このドラマは「愛は生きることより重要」とか、「愛しているなら死んでも構わない」という持論を語った話ではなく、「二人の愛の形はこうでした。生きることと死ぬこと、どちらにも意味を持たせてくれる愛でした」といった二人の世界を描いただけの物語だったのではないかな。
それによって「私は違う」という人も出てくるだろうが、それはその人の持論、価値観の相違であって、「青年」とサラの世界には一切関係ない。

「青年」とサラの愛は偽り。
そんなもの愛ではない。
そういうツイートや感想も多数あるようだが、その価値観はその人のもの。
「青年」とサラ、野島伸司さん、その他このエンディングに納得している人にはその価値観こそが偽りになってしまう。
例え二人の愛が偽物だと言われても、「青年」は何も言わずに首を横に振るだけでしょうね。
父親にそうしたように。


生まれてくる場所を選べないのなら、せめて死ぬ時くらいは選びたい。
何度かそう思ったことがある。

幸せな時が終わり、孤独のまま早く死にたいと願うご老人。
死ぬことが分かってから笑えなくなった若者。
長くはない今迄の人生で沢山の死を見てきた。
笑って亡くなった人はいない。

生きていることを肯定出来ずにただ生きていたいと願っていた「青年」が、サラと出逢って「生きること」を知り、その「生きる」人生で一番幸せな時に亡くなった。
不幸と思う人がいても、「青年」にとっても私にしても、最高に幸せだと思う。

「 生きる、とはなんですか?愛することで意味を持ちますか? 死、とはなんですか?愛されることで救われますか?」
どことなく、しっくりくるラストだったかな。

続きを読む

スポンサーサイト

平安神宮

メンテナンスがやっと終了したみたい。
ワードに書いておいた内容をとりあえず更新。


平安神宮に関するお知らせが二つきた。

「HEIAN FUNK 平安神宮ライブ2013」DVD & Blu-ray
2014年8月20日発売決定
9月13-15日全ての公演を収録。
4面8Pパンフレット、リニアPCM/STEREO。
約93分収録予定、全11曲。

DVD
¥5,900 +税
Blu-ray
¥6,500 +税


もう一つは今年の平安神宮ライブ決定のお知らせ。

日程:2014年9月5-7日
時間:19:00-20:30予定
チケット料金:¥8,300
申込手数料:¥500

申込期間:7月23日12:00迄
抽選発表:7月25日より、メールにて配信

雨天決行、グッズ販売なし。
代表者はKinKi Kidsファンクラブ会員のみ。



今回はライブツアーや、その他仕事・プライベートの兼ね合いもあり、参加を見送る。
去年も行っていないから、一昨年の一度しか参戦経験がないのだけど。

名古屋公演直後なので、剛君、両方参加されるバンメンやスタッフの方々は大変だと思います。
彼等に感謝すると共に、ツアーに参加出来ない方や、ライブを楽しめる方の元にチケットが届きますように。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。