スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマへの反応

昨日の東京都下の停電騒動。
日本人の規律ある行動に少し感動した。
震災の時もそうだったけど、海外では暴動になり得ない状況下でも、他人を尊重する気持ちがあるというのは素晴らしい。


上記のようなことを思っていたのだけど、少なからずとも自分勝手で他人に敬意を払わない人はいる。
ドラマ「プラトニック」について少し調べている時に思った。

ドラマの撮影現場に7時間も居座った人がいるらしい。
態々見に行く理由こそ理解くらいは出来るが、労働時間と変わらないくらいの時間、ただ撮影を眺めていたのか。
どのような状況だったのかは一切知らないけど、剛君に手を振ってもらったというからには、最低でもスタッフや出演者が気付いていたということ。

剛君のファンだと公言していながらのその行動は、私には到底理解出来ない。
したくもない。

撮影場所を拡散する人達がいるのはこの社会だから仕方がないと思う。
それを上手く活用して宣伝している企業も多い。
でも、見に行って長時間滞在するなんて、迷惑だと考えないのだろうか。

殺人や暴力といった「凶悪犯罪」と呼ばれる犯罪においては日本はとても安全だけど、小さな犯罪やマナー違反には少しずつ鈍感になっていると思う。
傘が無くなっていたり、携帯に夢中で前を見て歩かなかったり。
匿名での誹謗中傷は日本人の性質上、変わらずにあるみたいだけど。
twitter上の情報共有が迷惑になり得ることにももっと敏感になってほしい。

ツイートしていた彼女も、撮影を態々見に行くくらいだからドラマを楽しみにしているのだろう。
こうした行動が何程迷惑を掛けるか考えるだけの頭を持ってほしい。
「全く迷惑を掛けずに生活しろ」だなどと不可能なことは言わないが、自分が好意を抱いている人に与える損失を考慮して、自粛するところは自粛すべきだと思う。


そしてもう一つ、自粛してほしい人達。
寧ろ面白すぎて自粛しなくていいのではないかと思う人達。

「プラトニック」は光一君にオファーがあったと本気で思っている人がいるらしい、という情報を得た。
一人だけ、@kagura51という人のツイートを見た。
いつのツイートか忘れたからもう探しはしないけど、あのツイートが本気ならそこそこかなりキテる。

元々光一君への依頼であったとするならば、何故断ったのか。
「光一さんは堂本剛とは違って~」といって、真逆の人間像を思い描いているのに、光一君の代役を剛君に頼む人がいると考えられるのは何故か。
ドラマと舞台は演技のタイプが全く違っているにも拘らず、そもそも何故光一君にドラマのオファーが来たと思ったのか。

希望的観測なのだろうけど、それが恰も事実であるかのように語るのは如何なものか。
剛君が嫌いなのは十分に知っているが、その理由が「嫉妬乙」であると言っているようにしか思えない。
もはや公然の秘密なのだろうけど。


少々書き過ぎたかもしれない。
以前と変わらず、光一君ファンは好きではないので。
嫌いという程でもない方々が大半だけど、不愉快な人達も多く見る。

ちなみに、上記に書いたのはKinKi Kidsのファンと光一君のファンだけど、剛君のファンでも最近疑問に思うようなツイートをしている人がいる。
明らかに確証を持ち得ない内容で光一君を批判したり、上のドラマ撮影現場の様子を注意もせず、寧ろ広めていたり。
少なくとも私の知る剛君ファンでは、言い過ぎると自制を促しあっているから救われる。
なるべく剛君の迷惑にならないように気を付けたい。
スポンサーサイト

えりこさんへの返信

親切なお言葉をありがとうございます。
えりこさん、お母様もご自愛下さいませ。

剛君は全ての作品で成長が見られますよね。
役の感情をより細かく感じ、成りきっていくのが伝わります。
それ故に普段の剛君自身が影響されてしまうこともあるみたいなので、複雑な思いですが。

歌やダンスでも感じられますが、剛君の「間」はそれこそ才能だと思います。
早過ぎては味が出ず、遅過ぎてはズレを感じされてしまいますが、剛君はいつもリズミカルです。
音楽以外でも音やテンポを上手く拾っているのでしょうね。

いかりや長介さんはベーシスト(=リズム隊)であり、言葉や動作を巧みに使っていたコメディアンです。
いかりやさんのパフォーマンス全てにおいてリズム感は必須だったと思います。
そのような方だからこそ、剛君の「間」の取り方は興味深かったのかもしれませんね。

ふわりさんへの返信

初めまして。
コメントをありがとうございます。

BSを見られない方が多いみたいですね。
私もDVDの発売は期待しています。
放送後、総合テレビでの再放送希望の声も上げてみようと思います。

次々と入ってくるドラマの情報に期待が高まります。
あと一ヶ月、とても楽しみですね。

「大場誠」の演技

今月になってから家族が相次いで体調を崩している。
私も親知らずを抜歯してから、薬の影響か体調が優れない。
来月また行くのに、こんな調子だと憂鬱。
そして憂鬱ついでに憂鬱ドラマの話題。


ドラマが発表されてから、本当に少しずつだけど「人間・失格~たとえば 僕が死んだら」を観ている。
こういったドラマが放送されるなら、テレビを見る時間も増えるだろうに。

「人間・失格」は本当に良いドラマ。
私が初めて観たのは2年前で、放送後15年以上経ってからだけど、今の時代でも共感出来る部分は多い。
誠の苦しみも、お父さんの怒りも。

過保護に物を言う人達の根拠ない発言が、何程世の中をつまらないものに変えているのかと考えると少し憂鬱になる。
増税に関しても同じで、無理解な大人が無闇矢鱈と「現状改善」を掲げるから、結果悪化の一途を辿っている。
と、そんな話はいいとして。


「人間・失格」の剛君の演技は何度観ても上手い。

誠の感情の揺れが細かく、自然。
各シーンは勿論だけど、このドラマ全体で観ても役に筋が通っている。
役に入り込むタイプの役者だからかな。

目立った特徴のない普通の男の子だから難しかったと思う。
でも本当に自然な演技だったから、逆に共感しやすかった。


このドラマの話題になると、「剛は子役をやっていたから」と上手いのが当然だというようなコメントも多く見る。
私の意見としては、このドラマほど剛君の天性の才能が分かる作品もない。

子役経験があったとはいえ、一番最初の「金田一少年の事件簿」は正直そこまで上手かったとは思わない。
徐々に「金田一一」になっていったイメージ。

あれだけ誠を演じられたのは、剛君が辛い・悲しいといった感情に敏感だったからだと思う。
感受性が高く、それを表現する才能があったのだろう。

少なくとも私には、誠を演じた剛君程の表現力はなかった。
子役時代に共演した子達もそう。
あんなに上手い演技は出来ていなかった。

ない時間を割いてドラマに挑んでいた話は知っているけど、この作品を見ると剛君は天才だと思ってしまう。



そして私の中で一番好きな「向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜」がまた観たくなってくるという。
剛君のドラマで最終的に行き着く先はいつも変わらないな。

えりこさんへの返信

「正直しんどい」は剛君の長所を上手く活かした番組でしたよね。

「やからね」は来月になってしまいそうですが、ゆっくりと観たいと思います。
私の家のテレビには録画機能が付いていないので(知らないだけかもしれませんが)、御裾分け頂けることはとても有難いです。

剛君の単独番組は想像するだけで面白いですよね。
音楽関係の方々との対談若しくは作曲番組を未だに夢見ています。
「ココロ見」も専門家の方々との対談が興味深かったので、続いてほしかったです。

トーキョーライブ24時

「堂本剛のやからね」
最近パソコンを開くのも億劫な程消耗しているので、実はまだ観てない。
テレビは基本苦手だから、見るのも気合がいる。

「トーキョーライブ24時 ~ジャニーズが生で悩み解決 できるの!?~」はリアルタイムで見た。
ナナナや一般の方々は別にして、剛君単体なのも良かった。
日本のお笑い芸人さんも大体が苦手なので。

剛君のトークは特に気張った感じもなく、2週共楽しんで観られた。

深夜のゆったりとした雰囲気やちょっとした笑いが「堂本剛の正直しんどい」みたいだった。
真剣な相談に答える姿は「堂本剛のココロ見」や「堂本剛のFashion & Music Book」と被って。
(こうやって番組名を上げると剛君の名前だらけになる。凄い。)

剛君の良さを集結させた一時間。
選んだお便りも、電話相手のそれぞれ独特な雰囲気も良かった。
彼の魅力を引き出してくれただけでなく、剛君も彼女達の良さを上手く強調していた。
相手の長所を魅せられるのは、それだけで素晴らしい才能だと思う。


テレビ東京の方々、関係者の皆さん。
剛君。
深夜にお疲れ様でした。
そして楽しい時間をありがとうございました。

えりこさんへの返信

BS放送が地上波で流れることもあるのですね。
多少遅くなっても、剛君の演技が地上波で観られるように願っています。
テレビ局にも感想や要望を送りたいと思います。

HAPPY BIRTHDAY

剛君。
お誕生日おめでとうございます。


もうすぐ誕生日が終わってしまうけど、良い一日を過ごせていたら嬉しい。



おつよしちゃんも旅に出るそうで、お昼ちゃんの更新がなくなるらしい。
また一時帰国でも、おつよしちゃんのお昼ちゃん報告があったらいいな。


と、もうすぐ「トーキョーライブ24時 ~ジャニーズが生で悩み解決 できるの!?~」が始まる。
用意しよう。

ドラマ出演決定

3月はほぼ休みなく働いていた。
ブログ更新は久しぶり、かな。

剛君の新情報がきた。
役者のお仕事。
嬉しい。


「プラトニック」
NHK BSプレミアム
2014年5月25日22時より
全8話

脚本家:野島伸司(「人間・失格」脚本)
主演:中山美穂
主題歌:"The Stranger" & "Honesty" By Billy Joel

剛君が演じるのは「心臓疾患を抱える主人公の娘を救いたいというミステリアスな青年」ということ。
前々からこのブログでも希望として書いていたような「病気」で「変わった人」の役。
本当に嬉しい。

剛君のコメントも載っているので、まだ見ていない方は「プラトニック」公式ページへどうぞ。


ライブを期待していた分、複雑といえば複雑な気持ちでもある。
でも、剛君の音楽に興味を持ったきっかけは「役者・堂本剛」だから、今は嬉しい気持ちの方が大きい。

放送はまだ先だけど、関係者の方々には感謝しています。




ちなみにBSプレミアムは見れません。
とても残念だけど、新しく導入も出来そうにない。
どうするかな。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。