スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンリー

1日は旅行、先週と来週は仕事、昨日はドラゴンボールを見ていたから、今月は一回しか剛君のラジオが聞けない。
今週は膝のことと結婚式について話していたらしく、聞きたい。
今日中に聞けたらいいな。



似たように感じている人を発見したから書いてみた。
「オンリー」という言葉について。


ジャニーズというカテゴリーの中では確かに「堂本剛オンリー」だけど、音楽や演技といった広い括りでは「堂本剛オンリー」ではない。
全てにおいて剛君だけしか興味がないわけじゃない。

幼少時代から変わらず愛している歌手はZARDだし、ダンスは三浦大知に嵌っている。
バンド好きになったきっかけのBUMP OF CHICKENは未だに敬愛していて、更に数年は路上で歌っているインディーズのファンでもある。

役者も江口洋介、反町隆史、椎名桔平、妻夫木聡に、女性は竹内結子、深津 絵里や松嶋菜々子と名前を挙げたらキリがない。
いかりや長介さんは忘れられない存在で、今でも名前を聞くだけで涙が出るくらい好き。


「オンリー」という言葉は対極にある「堂本剛以外」を連想させる。
何も気にすることなく耳にすれば「堂本剛以外=それ以外の芸能人、それ以外の人間」と捉えられる。
でも、この言葉を使う人達にとって「堂本剛以外=堂本光一」であり、その二人が必ず対でなければならないという考え方が根底にあるような気がして複雑な気分になる。

KinKi Kidsファンの言葉の中には「光一君と一緒にいるからこそ成り立つ」とでも言いたいような表現もある。
剛君は一人の人間なのに。


私は自分が「オンリー」と呼ばれる存在であるのは分かっている。
それでも個人的感覚では私はただの堂本剛ファンでしかない。
他のアーティストも俳優も大好きな、剛君のファン。
それだけ。


理解しやすく分別する言葉は便利だけど、その言葉に軽蔑や皮肉を含んでいるのも確かだと思う。

今でこそそのままの意味で使われることも多いWhite, yellow, blackといった肌色を表す言葉も、元は差別用語だった。
「yellowやblackはwhiteより格下。人間でありながら動物に近く、野蛮。」という考えの基、奴隷制度を正当化していたwhite。
KinKi Kidsのファンの中には、自分達が一番優れた、人間で一番上の立場であると勘違いしていたwhiteの雰囲気を感じさせる人もいる。
といっても当然生まれる前の話なので、Bibleの授業で習ったwhiteのイメージだけれども。(今の時代のwhiteではありません。)


「オンリー」という言葉がどのように使われ始めたのかは知らない。
知る必要ない。

私はあまり好きではない。
嫌いという程でもないけど違和感が大きい。
言葉の浸透率から伝わりやすくて便利だと、剛君ファン同士であればたまに使いもするけど。



言葉を発信するのにも苦労しているけど、受信するのも下手だな。
寛大になりたい。
スポンサーサイト

えりこさんへの返信3

shamanipponが嫌いな人も勿論いるでしょうが、好きな剛君のファンにはその言葉は悲しいですよね。
かくいう私もどの曲も好きということはなく、聴かない曲もあれば、ずっとリピートしている曲もあります。
ただ、嫌いな曲について語り合う意味が分かりません。

CDを購入したり、「Ginger」の歌詩カードを送ってもらったりするということは、音楽の好き嫌い以前に剛君自身に魅力を感じているのでしょう。
shamanipponの世界観・剛君の音楽が好みでなくても、お金を使いたいと思える程剛君に興味があると考えれば、必ずしも悪い存在ではないかもしれません。

光一君ファンやKinKi Kidsのファンへの意見は書きますが、光一君に対しては特別思うこともありません。
この立場を快く思わない人もいらっしゃいますが、「合っている」と仰っていただき、嬉しいです。


CDを流して聴くだけでしたら、音響に拘った会場で行ってほしいですね。
昔はレコードを流すだけのコンサートも存在していたようなので、それ自体は面白い催しだと思います。
いつもとは違う雰囲気で音楽を聴きたいだけであれば、十分楽しめるでしょう。
それでも「ライブ」という名目であるなら、生の歌・演奏で伝えてもらいたいです。

DVDも剛君がその時しか感じられない感情を乗せて歌っているのが分かって楽しいですよね。
どちらも良さがあり、剛君はその長所を活かす歌い分けをしていて、より楽しんで聴けます。

「つよふぁーふぁ」の威力は凄いです。
私にもそこが難点です。

CDの再現

「堂本剛とFashion & Music Book」
2014年3月15日放送分で剛君が語っていたこと。

「ライブはCDの再現の場ではないです。ライブですから。」


全く以てその通りだと思う。
賛同致します、剛君。

CDを再現するだけならライブに行く意味がない。
家で聴いていればいいし、人が多いところで盛り上がりたいならバーティでもしながら流していればいい。
自分自身も歌って踊って思う存分騒げるし、自分が聴きたい曲ばかりを選曲して流すことも出来る。
効率良く楽しめはするでしょう。

それでも。
ライブ会場で声を出して、音を奏でて。
聴き手もその場の気分や感覚で受け止めて。
一瞬一瞬変わっていく世界観がライブの楽しみだと思っているから、何度も同じ音を繰り返せるCDの再現なんて、わざわざ時間やお金を使う価値がない。
(CD本体を購入するのは別の価値を齎してくれるけど。)

その時の感情を、そのまま音や歌詞に乗せてくれた方が嬉しい。
CDになった曲を否定したいのではなくて、それが私の求めている音楽だから。
曲を書いた時やCDを録音した過去と歌っている今で全く同じ感性ってことはない。
その違いが音に現れていた方が、より今を楽しめる。


口パクは好きじゃない。
それならライブに行かなくていい。

ダンスも振り付けにただ忠実であるだけでは面白味に欠ける。
無闇にアレンジする必要はないけど、ノリたい音にノっている姿は素敵。
揃えていれば綺麗に見えるという理由なら、もういっそ集団で踊らなくても。
勿論ダンスの系統も様々だから一概には言えないけど。


ライブではライブの表現がある。
CDではCDの表現がある。

剛君の音楽はどちらも良さがあって、伝わってきて面白い。

えりこさんへの返信2

お気を遣わせてしまい、申し訳ございません。
えりこさんの考え方は共感出来、反面私には実行出来ていない部分も多くあります。
我が身を省みるきっかけになるコメントを戴き、とても嬉しく思います。

私も人それぞれ、十人十色と自分に言い聞かせている面は大いにあります。
それを押し付けるような形になってしまったようで、失礼致しました。

ブログやtwitterにしても、発信する人だけでなく、受け止める側も様々です。
私もえりこさん同様twitterで落ち込むこともありますが、それ以上に剛君ファンの楽しそうな雰囲気を御裾分けいただけているので、細々と続けていこうと思っています。
中々難しいですが、誰かを傷付ける為だけの言葉が少しでも少なくなればいいですね。

余分なことばかりで、言葉足らずですが、こちらこそ宜しくお願いします。

ブレス

今週末はいつもより遠い場所での仕事だった。
何百億という金額が動く大きな場所で、そこへ行く時はいつも気合が入る。
多少はぼーっとするけど。


行き帰りは「shamanippon -ロイノチノイ-」とBUMP OF CHICKENの楽曲を聴いていた。
睡眠不足だったので、帰りは「ロイノチノイ」を聴きながら寝てしまい、東京駅で他の乗客に起こされた。
剛君の歌声は心地良くて、良く眠れる。
曰く「つよふぁーふぁ」
凄い効果。

東京駅から自宅までは寝たら乗り過ごすだろうと考え、歌に集中することにしたのだけど。
剛君のブレス音は眠くなる。

少し時間をかけて、深呼吸するようなブレス。
まあ、深呼吸は鼻から吸うものだけど、そこはニュアンスで。
そして、かと思えば早い時は早くて、吸ったのか曖昧な時すらある。
どちらも気になる程は聞こえない。

気張って息をしないから、肩に力が入るような歌声にならないのかも。
上手い呼吸は吸うことから始まるのかな。

以前歌う時の口の開き方について、「喋るように歌うから小さく開く」と語っていた、と記憶している。
ブレスも同じように喋る時に近いのか。
呼吸音が聞こえるように会話する人っていないし。
その不自然さがない分、心地よく感じられるのかもしれない。


剛君は声量がある。
身体は大きくないけど、声が響く。
息が漏れることなく音に変えられている。

やってみると案外難しい。
声にならない空気の比率は分からないけど、剛君は吐く息を上手く音に変えていると思う。
それに関しては流石プロとしか言い様がない。

以前は過呼吸に悩んでいて、今でも完治したとは言い難くて。
でも歌っている時の剛君は呼吸のプロだと感じる。
変な言い方だけど。
吸うのも吐くのも全然辛そうでない。
逆にそれが自然に感じられるくらい穏やかで。

落ち着いたブレス音の後に綺麗な声が聴こえて、贅沢な気分になる。
だから眠くなってしまうのは仕方なかったと思いたい。

えりこさんへの返信

えりこさんのように抵抗なく見られる方が楽しみも多いかと思います。
昔からの価値観なので、私はどうしても「KinKi Kids」と聞くと抵抗があり、「ああ、あのジャニーズの」と思ってしまいます。
剛君のソロでは感じない違和感です。

KinKi Kidsのファンの方が剛君ソロに対してあまり肯定的でないにも関わらず、KInKi Kidsとしての活動への不満に反発している所を見ると、ダブルスタンダードかと少々失望します。
諦めなかった場所、手放さなかった場所、剛君はどちらも大切にしていますよね。

私は「堂本剛」だからではなく、興味のある活動だから剛君を応援するスタンスです。
えりこさんのように剛君メインで考えられる方が良いと思うのですが、興味ない活動まで手を伸ばす時間も精神力もなく、よってKinKi Kidsに関しては手付かずの状態です。
ただ、ファン以外の方が興味を持った時には私と似たスタンスになると思うので、JticketがなくなることによってKinKi Kidsと剛君のソロ活動を綯い交ぜになってしまうのは勿体無い気がします。

剛君には笑顔でいてほしいですよね。
少しでも彼の希望に近くあればいいと思います。

Jticket

「J ticket」というサービスが終了してしまうらしい。
私はここでチケットを取ったことがないのだけど、利用したいとは思っていたから悲しい。

今後の剛君のチケットはどういった形で申込むようになるのか。
KinKi Kidsのファンクラブには加入したが、正直ファンクラブでの販売は嬉しくない。
先行ならまだしも、一般販売がないのは嫌だと思う。
私個人の考えで、そう思わない人もいるだろうが。


元々ジャニーズを含むアイドルが苦手な私にはファンクラブに加入すること自体に抵抗があった。
郵便でファンクラブの会報が届く度、何とも言えない不快感を感じる。
そこに剛君が載っていても、KinKi Kidsというアイドルであると認識しているから苦手は苦手らしい。
結局会報は封も開けずに片付けた。

加入しようと決断はしたが、今のところ後悔しかない。
会報が届かないように出来るならいいのだけど。

そんな考え方なので、剛君のチケットが一般でも取りやすいようにあってほしいと思う。
剛君のライブに行こうと考える人でそこまで嫌悪感を持つ人は少ないだろうけど。


チケットの問題もそうだけど、ライブはどうなるのかが一番気になる。

続きを読む

えりこさんへの返信

優しいお言葉をありがとうございます。
訂正したいと思う程には彼女達に理解を求めている自分に少し可笑しくなってしまいました。
剛君もよく言っていますが、求めてはいけないですよね。
あまり気にしないように心掛けたいと思います。

2月に公演があったことは知っていますが、光一君はまだ舞台の最中なのですね。
光一君のファンが周りにいないので、話題を耳にすることもなく、彼の情報には相変わらずとても疎いです。
彼女達は舞台公演の有無に関わらず、剛君への関心を持ち続けていて感心します。
剛君のソロ活動まで把握するその情熱は、方向性を間違えなければ本来素晴らしいものだと思います。


「タモリ倶楽部」はこれからの放送ですか。
楽しみですね。

見たことのない楽器に興味を持っている剛君はとても可愛かったです。
ギター・ベース等の弾きなれた楽器を演奏する時の恰好良さとは違う顔が見れました。

開局記念番組も見られるのですね。
テレビ東京という名前なので、東京若しくは近辺だけかもしれないと心配していました。
テレビの前ではありますが、リアルタイムで剛君の誕生日をお祝い出来るのは嬉しいですよね。

タモリ倶楽部

2014年3月7日放送分
「タモリ倶楽部」

見ました。
極度の眠気だったけど、楽器を触る剛君を見たら一気に目が覚めた。

打楽器の印象はあまりない。
でも、伝統的な楽器を鳴らす剛君は魅力的。
打楽器の音階に興味を持ってて、少し納得してしまった。

ディジュリドゥは打楽器ではなかったよな。
打楽器特集だと思っていたから少し違和感があった。
特に打楽器のみというわけでもなかったのか。
でも綺麗な音色で好き。

実際に吹いている時もだけど、循環呼吸の説明の時の表情が可愛かった。
気鳴楽器とかの楽器はあまり演奏しないから知らなかったのかもしれない。

最後に皆で演奏していた時もいい表情をしていた。
ああいった楽器に沢山触れられるのはバラエティの良い所なのかな。
美我空でもそうだったように、剛君はこういった経験も後の音楽で聴かせてくれるよね。
楽しみ。

「タモリ倶楽部」の関係者の方々、ありがとうございました。



そういえば上の番組は全く関係ないのだけど。
新堂本兄弟のコンサートMCの剛君見た。

一瞬呼吸が止まった。
本当に。
可愛かった。

KinKi Kidsのコンサートは一度行って、その音楽性や視覚的要素のあまりの多さに、お金と時間を費やして参戦する程の価値は見い出せなかったけど。
あの剛君を見る為に参戦する剛君ファンの方々の気持ちが少し分かった気がする。

音楽人(と役者)としての剛君が一番ではあるが、可愛く振舞う剛君も確かに愛らしいな。

追記

繁忙期を実感する。
仕事もプライベートも忙しくて。
2分でも寝られる時は寝てみたり。
今月は不定期の仕事も入っていて、体調を崩さないようにするので精一杯。
既に蕁麻疹や目眩が酷くなってきているけど。

そんな状態でブログ書こうとしてる自分に吃驚。
今日は家を出るまで少しゆとりがあるから、まあいいか。



コメントを下さった方が何名かいらっしゃったのですが、きちんと返信出来ず申し訳ありません。
一名といいますか、下記のコメントを下さった方と同じように感じられた方へ返信を書いとこうかと。

「自己肯定」に「あなたも同じ」とコメントされた方がいらっしゃった。
何度か文章中に書きましたが、私も同じです。
不快にさせてしまい、申し訳ありません。

光一君ファンを批判するつもりはあまりなかったのだけど、そう捉えてしまった方もいるみたいで、自分は文章力がないのだと改めて実感。
元々理系の人間で、日本語には中学卒業後数年のブランクがあるので、という言い訳をしてみる。



「自己肯定」は誰かを否定したくて書いたものではないということだけは訂正しておきたい。
文章中にも書いたように、誰でも感じる要素を取り上げたに過ぎない。
その感覚自体を悪いとは思っていない。
寧ろ多少なりとも人間には必要な要素だと思っている。
否定するというよりは、不快に思うこともありつつ、多少肯定するような気持ちだったのだけど。

それに彼女達の好ましくない部分に対しても、卵が先か、鶏が先かとも考える。
悪口を言うから言われるのではなく、言われてきたから言うのかもしれないし。
他人に比較されてきたからこそ、自ら比べては自尊心を保とうと否定し続けるのかもしれない。
単に恵まれない環境で育ってきたのなら、批判の対象というよりは同情したくなる。


ただ「こういう行動の裏にはこういう思考があるのでは?」という問題提起をしたかっただけなので、これ自体がアンチ行為と取られてしまうとどうしようもない。
剛君の行動を一から十まで一通り否定していく光一君ファンを好まないのは確かだけれど、「自己肯定」はそれとは別の次元で書きたいと思った。
それでも言葉の端々に苦手意識が出ているのは否めないのかな。

行動の原因を知りたがるのは趣味です。
適度に身近で遠い存在、且つ彼女達のその執着心や見え隠れする嫉妬心から、光一君ファンはとても興味があります。
基本的にはそれだけの理由なのであまり気にしないで下さい。



悪趣味故あまり私生活で前面に曝け出すことは殆どない。
他人を不快にしても面白味を感じないし。
でも、ブログにぼんやりと考えを書いていく時間を楽しみにもしている。
彼女達には少し申し訳なく思うけど。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。