スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間縄跳び

今更な話題かもしれないと思いつつ。
放送を実際に見たわけではないけど、毎度同じくtwitterで見た画像のコメントにちょっとした感想というか意見。


「ゲストが楽屋でやっている人間縄跳びをスタジオで 披露 毎週録画して子供に見せているが人間縄飛びはイジメにつながりそうなので 見せるのを止めた」

毎週録画してまで子供に見せる価値のある番組かどうかと言われると、私は疑問に思うのだけど。
そこは個人の価値観の問題だとして置いておくとする。
下ネタや暴言、乱暴な言葉遣いをしているのはスルーしている事実もここでは置いておくとしよう。

「イジメにつながりそう」という言葉が理解できない。
人間縄跳びの映像と苛めをリンクさせられるような、テレビの影響をもろに受けるような、そんな教育を普段から行っているのかな。

それなら普段からテレビを見せないのが一番。
そんなに精神年齢の低い子供なら、テレビを見せるのを止めればいい。
見せたいのであれば教育テレビがある。

今過保護な大人によるクレームでメディアの質が落ちているように感じる。
たまに見る番組がハズレなだけかもしれないけど。


人間縄跳びが苛めに繋がる悪いことだと思うのであれば、子供に真似をさせたくないのならば。
その映像を見た子供が自主的に「これはいけないことでしょう?」と言えるような人間に育てればいいだけの話。
自分の教育が悪いとは思わず、自分がすべき子供の教育を他人に押し付ける。

映像を見た子供が「駄目じゃないの?」と言えば、そこから善悪の考え方について話が出来る。
子供と深い話をする機会が生まれる。
そういう会話はしてもし足りることはない。
そこまでいけば「見せて良かった番組」に変わるかもしれない。

苦情を出すより先に、子供がそう考えられるように教育したらいい。
そうしてから番組を見せれば誰の迷惑にもならずにすむ。
何もクレームをいうのが全てではない。
まずは自分の教育を見直すべきではないかな。



上記に書いたことだけど、言っても私はそんな教育を行える自信がない。
だから今は子供を産む気もない。

子供を産むのなら、その子は勿論、子が周りの人達を幸せに出来る人間になれるように手助けをする責任があると考えている。
その責任を負わずに他人に文句を言ってばかりの親を見ると、子供に同情する。

親になったら考えが変わるのかもしれない。
将来自分の子を産む、もしくは養子をとることになったら、その時はまたこのブログを見直したいな。
スポンサーサイト

美佐希さんへの返信

初めまして。
コメントをありがとうございます。

少し落ち着きましたか?
落ち着こうと無理しなくても大丈夫なので、過呼吸も自傷行為も、徐々に改善されればいいですね。

(余談になりますが、私は13歳の時に初めて過呼吸になりました。
不登校、自傷行為、拒食・過食、合法薬物乱用等…列挙すればきりがありません。
アメリカの高校に入学後少し安定しました。
今でも完治はしていませんが、プライベート・仕事共に問題なく生活しています。)


美佐希さんが剛君に救われたと感じるなら、彼はきっと嬉しいでしょうね。
踏みとどまるきっかけになったなら、余計に。

私の場合、剛君ではありませんでしたが、当時好きだったアーティストのラジオで同じように励まされました。
「怖くて仕方ないならそのままでいい。これは俺の我儘でしかないけど、そのままでいいから俺の為に生きてほしい。」
辛かった過去も入り混じって、思い出すだけで涙が出ます。
そして今でも大好きな歌手です。

信じてみれると思ったなら信じてみるのがいいと思います。
剛君もいつも言っていますが、直感は大切です。


不愉快というよりも、感謝しています。
何と書いていいのか分かりませんが、剛君の意見を聞き、考えるきっかけを頂いて、更に美佐希さんとこうしてコミュニケーションが取れて嬉しいです。


失礼な文面がございましたら申し訳ありません。

えりこさんへの返信

剛君のアンチも根本は同じではないでしょうか。
親や周囲の人間からの愛情不足は子供の頃だけでなく、生涯影響を齎します。

えりこさんも辛い経験をされてきたのですね。
小学生では自力で解決するにも限界があります。
適切な判断をなさったえりこさんのご両親を尊敬します。

剛君は芸能界というある種特別な世界に住んでいます。
普通のサラリーマンでは仕事を辞めれば逃げられることでも、彼はそうはいかないでしょう。
大変な環境の中、逃げるどころか、それを糧に成長していくのは凄いと思います。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。