スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナスな言葉

剛君のアンチで、彼の活動を「貧乏くさい」「偽善」と言っている人がいた。
その方は光一君のファンだったのだけど、彼のファンの目には剛君がそのように映るらしい。


本当に貧しい人は他者に善を行う余裕なんてない。
心や生活に余裕があるからこそ、他人への善が生まれる。

「貧乏くささ」と「偽善」を同時に持ち合わせる剛君が凄い人間だと言いたいのかな。
それとも「偽善」ばかりを行える程に余裕が有り余っている人か。


一つずつでは悪い意味を持つ言葉でも、マイナスとマイナスを掛け合わせればプラスにもなる。

それに、やらない善よりやる偽善。
現状を改善していくのに、嫌なことから目を背けてばかりではいられない。
例え第三者に偽りだと言われようとも、誰かが善として受け取れば、その人にとっては偽りではなくなる。


一見悪い言葉に見えても、受け取り方によっては良くもなりえる。
彼女が見ている方向とは別の視点で景色を見ているだけにすぎない。

何でもかんでもポジティブに取る必要はないけど、色々な角度から物事を見れるようになりたい。
そうしたらもっと他人を好きになれる気がする。
スポンサーサイト

2013年 小喜利

小喜利決定、おめでとうございます。

私はKinKi Kidsのファンクラブには入っていないから行けないけど。
行かれる方々は楽しんできて下さい。



今回はファンクラブ会員のみに連絡がいったらしい。
元からファンクラブにも入らず、今後も様子を見て必要なら入会するが、基本的に興味がない私には悪いお知らせ。
KinKi Kidsファンクラブの会員で、剛君ソロでの見返りを期待していた人にはいいお知らせ。


twitter上では、剛君ファンでファンクラブを辞めた人が多かったからではないかと言われている。
私も同じように考えている。
私の知っている彼のファンは大半が非会員。

剛君が会報に載らない、ソロでの優先枠が無い、KinKi Kidsのチケットは優先でなくても入手出来る。
入会する意味が無い。

それでも、もし本当に剛君のファンがファンクラブを辞めたことが原因なのだとしたら、意思表示が出来た証拠で良かったのかもしれない。
剛君にも力を入れないといけないとファンクラブ関係者に伝えられれば、少しは改善されるかもしれないから。


でも正直なところ、私はファンクラブ優先枠を作らないでほしい。
会報にソロが載る保証はないし、KInKi Kidsとしての掲載が増えても興味が沸かない。
だから優先枠等で影響が出てこない限り、ファンクラブに入る気はない。

意見は様々だけど、私の考えはこんなもの。


今日は貧血と発熱でぐったりしてたのだけど、剛君のお知らせで少し気分が良くなった。
私自身行けなくても、剛君が楽しんでくれたらいいな。

個性派ファッション

昨日話していて感じたこと。


私が住んでいる、生まれ育ったこの場所には、東京の中でも特に「個性派」と言われる服や髪型の人が多い。
他人の外見に囚われ過ぎず、自己表現に恥じない人達。

例えば銀座や六本木でそんな格好をしていたら、悪目立ちしてしまう。
でも、この街にはTシャツにジーパンの人もいれば、パリコレのファッションショーにでも出るのかと思うような外見の人もいて、着物の女性や男性でフリルのついたスカートを履いた人もいる。

何もおかしいことはない。
仕事ならまだしも、プライベートで自分が着る洋服くらい自分で選ぶ。
笑う人がいても、自分の意思を貫けるのは素晴らしい。


剛君の服装や髪型について兎や角言う人。
この街に住めば意見が変わるかも。
批判していたらキリがないくらい、毎日、毎時間、剛君のステージ衣装みたいな服装を見かける。

馴染みがないから否定するのかな。
ステージ衣装なんて一般的に見たら変な服装ばかり。
普段着として売られているものなのに、違った着方をしているから気になるのかな。

私はケリーのステージ衣装を見ても「派手」とは思いつつ、特別可笑しいとは思わなかった。

私自身にも勿論言えることだけど、世界は広くて、自分の価値観が全てではない。
他人を否定しようとすればする程、その人自身の世界の狭さが強調される。


剛君は悪いことなんてやっていないのだから、彼もファンも堂々としていればいい。
最近の服装は凄くシックで、今更な話題ではあるけど。

続きを読む

ドリフェス

少し落ち着いてから書こうと思ったのだが、気持ちがそわそわするのは変わらなさそうなので。
このタイミングで。


テレビ朝日ドリームフェスティバル2013。
参戦してきた。

本当に楽しかった。
出演者の皆さん、関係者の方々。
ありがとうございました。


初めてのENDLICHERI☆ENDLICHERI。
shamanipponもあり。
最後に「街」(カバアレンジ)

去年の秋頃のブログを見ると分かる通り、私は「街」がとても好き。
ファンになった当初からずっと生で聴きたかった。
涙が出るくらい感動した。

家に帰っても、今一晩経っても興奮冷めやらぬ状態が続いてる。
次のライブも楽しみ。


剛君ファン以外も沢山いる中、緊張を表に出すこともなく、凄く堂々とパフォーマンスしていた。
多少音響やマイクトラブルがあったみたいだが、それでも剛君の声が会場内に響いて、心地良かった。

最初はケリー曲で盛り上げ、後半戦でshama系で今の世界をアピール。
最後は比較的認知度の高い「街」で締める。
MCも話す内容を纏めていたのか、スマートな喋り。
全体的な流れが完璧だった。


今日起きたら全身筋肉痛。
ライブに行った後の楽しみ。
この痛みは大好き。

どのアーティストも盛り上げ上手で、歌唱力も安定していた。
一発目からVAMPSで腕を振り回したり、miwaちゃんや平井堅さんはじっと聴き入って。
全てを楽しめたフェスだった。

原宿に行く度にこのライブを思い出しそう。


剛君。
本当に素晴らしいライブをありがとう。
次のライブのお知らせ、いつでも待っています。

天魔さんイベント

昨日、天魔さんのイベントに行ってきた。
とても楽しかった。

トークはtwitterで簡単に書いたから、それ以外の感想を此方で。


剛君の背が高くないことは知っていたが、以前より近くで見たから、よりその背丈を実感した。
監督との身長差も理由の一つだろうけど。

立った時に思ったより背が低く、ちょっと見難かった。
でもコンパクトで可愛かった。
ついでに顔もコンパクトなのに、目は大きかった。


監督の剛くんへの愛情を感じられるイベントだった。
いつまでも喋っていたいと、司会者やスタッフの入る隙を与えないトーク。
実際に一時間の予定が、二時間弱喋り続けていた。
お互いに尊敬し合っているのが伝わった気がした。

笑う時、監督は高い声で笑うけど、剛君は比較的低い声で笑っていた。
対照的な二人だと思った。


剛君が年上の男性に好かれる理由が、なんとなく分かった。

以前も書いたが、彼は相槌が上手い。
タイミングと声のトーン、同意の体勢。
それと適度に目を見ていて。
敬語も丁寧過ぎず、多少崩している。
一番は笑顔。
笑うタイミングも然ることながら、口の開き具合が育ちの良さを感じさせる。

彼は年下の、少し変わった女の子にも好かれるのかな。
話を聞いていると、剛君の接し方が優しくて、水川さんや川口さんのようなタイプの女性に尊敬されそうなタイプだと思った。

剛君の話を聞いて、彼女達は撮影の合間を楽しみたいタイプなのだと思った。
でも疲れているから休みたい役者さんもいる。
そんな中で、自分のペースを保ちつつも、適度に構ってくれる剛君は嬉しい存在だったのではないかな。

撮影風景を見ているわけじゃないから、全ての人間関係が上手くいっていたかどうかは分からないが、メインとなる役者さんや関係者の方々との楽しそうなエピソードを聞いて、なんとなくそう思った。


全体的にリズミカルに会話が進んで、聞いていて気持ちが良かった。
本当は主題歌だけでも聴いてみたかったけど、それは別として、凄く楽しい時間だった。

監督さん、剛君。
時間いっぱいまで話してくれてありがとうございました。
アナウンサー、スタッフの方々にも本当に感謝致します。

天魔さんDVD。
今後期待される「天魔さんがゆく」第二弾、映画化。
並びに水川さんが希望されている「33分探偵」続編。
とても楽しみ。




イベントの感想になってない。

台風

平安神宮ライブ、無事終わったみたい。
結局雨が止むことはなかったようだけど、中止にならなくて良かった。

雨の中で聴く剛君の歌声は別格だろうな。
野外だけど、バンメンの方々は大丈夫だったのかな。

関係者、参戦者どちらも体調を崩さないように、ゆっくり休んで下さい。



早起きしたはいいけど、台風で仕事行けなかったらどうしよう。

平安神宮

もう一日目は終わったかな。
剛君も関係者の方々もファンも楽しめていたらいいな。

今年は仕事で行けないけど。
いつまでも頭の中で流れている「電」に、ライブにいる時の感覚を思い出して我慢している。
仕事では新たなご縁とお褒めの言葉を頂いたので、今回ライブに行けなかったことにも何か理由があるのだろう。




今日のライブが無事終わって、明日、明後日とまた素晴らしい音楽を奏でられるように祈っています。

瞬き

「瞬き」発売おめでとうございます。



瞬き以外は意識して、CDを買うまで聴いていなかった。
曲に関するインタビューもまだ一切見ていない。
解釈もおかしな部分があるだろうけど、何も知らずに聞いた感想をここに。

全体的に生死を強く意識した歌詞が多い印象。

「電」
ABメロの音程が難しい。
剛君の歌唱力の凄さを感じる。是非一度ライブで聴きたい。

全て書いていたらキリが無いので、気になったワンフレーズについて。

「あなたが昇った日を両手で綴じて祈った僕の手紙はたまらずに震えた」
綴じるとは、縫い合わせるという意味がある。
亡くなった人の人生や亡くなった瞬間の感情を自分の人生に組み込むということかな。
手紙は誰かへの感情や思いを綴った物。
「両手を綴じて祈る」のは理性的な行為だけど、「手紙(私の自己解釈で言う感情や思い)はたまらずに震えた」は無意識。
この部分に葛藤が見えて、切なくなる。


「Tearful melody」

曲に人口色を感じる。
自然の流れを意識したような歌詞なのに、面白い。

泪で始まって、終わる。
どちらも理性でコントロールできないような感情がある。
消えていく鼓動ばかりを意識しているようで、飽く迄死は生とリンクしているという考えを捨てていない。

「縁 - groovin'」

聴いていて楽しかった。
shamanipponという言葉を、歌詞というより楽器の一つとして成り立たせているのが特にいい。
CDだと面白味は減ってしまうけど、機会があればまたこうしてライブの楽しさの伝わる曲を残していってほしい。

「Welcome to shamanippon」

天魔さんのOPしか出てこない。
曲調やテンポは好きなのだけど、人間の脳って興味深い。
感想が書けない。

「Clap Your Mind」

コーラスとの掛け合いが好き。
剛君は低めの女性の声との相性が良いと思う。
少し重めな歌い方の女性と。

この曲の剛君の声がとても好き。

「瞬き」

比較的綺麗に纏まった曲というのが第一印象だった。
カップリングに入っている曲同様に、「命」をテーマにしている。
前々からではあるけど、特に「他人の死」を意識しているようで、以前とはまた違った印象を受けた。
ドラマの関係でそうなったのか、剛君自身がそういう時期なのか。

記憶は儚くて、だからこそ美しいという考え。
日本人が育んできた感性を、剛君も受け継いでいるのだろう。

記録は便利で、無くてはならないもの。
この曲に入っている幼少時代の剛君の声も、記録の一部。

仕事上、記録される対象となることが多い剛君が歌うからこそ響く。
繊細な歌詞とピュアなメロディーラインも彼らしい気がして、とても好き。

MUSIC STSTATION 20130906

仕事終わって、急いで帰って見た。

綺麗だった。
その一言に限る。


けど少し。

いつもより緊張してなかったかな。

ピアノアレンジ凄く良かった。
シンプルほど難しいものはない。
歌いこなして、歌い上げて。
綺麗だった。



今日は今から病院行ってくる。

新堂本兄弟 20130901

twitterでも良かったのだけど。
それにしては長いし、リアルタイムではなかったので、ここで。



風間君、ご結婚おめでとうございます。
素敵な家庭を築いて下さい。


風間君は顔つきが昔から変わらない。
記憶にある彼とそっくり。

風間君が出演していた「3年B組 金八先生」はリアルタイムで見ていた。
そして、彼はとても好きな役柄だった。
インパクトのある役と、腹黒そうな表情が好きだった。
その次のシリーズの辻本祐樹君演じる信太と張るくらいに。


ダンスは調べたら結構前のものみたいで、風間君が踊れることに吃驚。
あの曲は有名なのかな。
ダンス無しだとカラオケで盛り上がれるのか疑問。

剛君が踊っていたのは意外。
ダンスの振りは結構忘れやすい。
毎回踊る曲なら別だけど。

多少覚えていたのかもしれないけど、風間君が踊るのを見てコピーしたのかもしれない。
剛君は元々記憶力が良さそうだし、ダンスやってる人って簡単な振りはすぐに覚えられるらしいから。


「ね、がんばるよ。」は剛君と西川さんの声しか聴こえなかった。
T.M.Revolutionの音楽と西川さんの声は好き。
剛君だけか、西川さんとのコラボで一度聴いてみたい。

否定的意見

ジャニーズのファンは否定的な意見にとても敏感で、受け入れ拒否することが多いイメージがある。
若いグループのファンは特に。

そういう私もそういった意見には敏感だと自覚している。
あまり良くないと思い、少し考えてみることにした。


剛君に対する否定的意見には納得させられることもある。
同じ彼のファンの友達も、少々辛口になる時なる時があるし、私もたまにちょっとした疑問を抱く。

ではどんな時に受け入れられなくなるか。
以前反論を書いたことがある人物(剛君ファンと名乗っている、彼への不満をツイートしている女性)との違いは何か。

私が賛同する意見の大半は、彼の音程やリズム、演技等、技術的な話だ。
対して、彼女の剛君への不満は、彼の発言や思考について。

技術的な話は、剛君の音楽や演技を見ていれば理解出来る。
若いし、まだまだ足りない部分は多い。

でも、思想・思考は言葉の端が切り取られている場合もある。
限られた時間の中で、彼が伝え切れていない可能性もある。
だから発言への批判に同意しにくいのだ。

私は一ファンであって、剛君の人となりや人格は知らないから。


過去このブログにコメントされた光一君ファンに賛同出来なかったのも、上記が理由なのかもしれない。

私が見た剛君ファンの光一君への批判の多くは、彼の歌唱力や演技力についてだった。
発声方法や音域の話は、なんとなく理解出来る部分もあった。
同様に、剛君の音楽性を考えるきっかけにもなって面白かった。

反対に、光一君ファンが書き込んだコメントは、剛君の発言や集客についてだった。
本人も言う通り、発言の意図は雑誌では伝わり辛い上に、彼女達はたった一文を提示して私に意見を求める。
パズルのピース一つで絵が分かるほど、私は優れた人間ではない。
同様に、関係者以外は知る由も無い集客の話も、単なるファンの私が口出しする内容ではない。



ここまで書いたが、最終的に纏めたかったことを忘れた。

とりあえず。
否定的意見を一切受け付けないのは成長に繋がらない。
為になる意見とそうでないものを見極める目を養わないといけないと感じた。

外見

この一年、剛君が一般受けする格好をしている。
そして、それについて普通になったという人がいる。

一般的に変とされる服装や髪型にする理由は、外見だけで近付いてくる人を避ける意味があると言っていた。

私も同じことをする時がある。
「可愛い」「綺麗」と言われたい時もあるが、褒められても嬉しくない時もある。
自分の友達や女性に外見を褒められると素直に喜べる。
でも、知らない人や男性では何も感じなかったり、不快に感じたり。

外見だけで判断する人って本当に多い。
芸能界で働いていたら、特に感じることは多いのではないかな。

話を理解せず。
音楽を聴かず。
性格や思考なんて一切関係ないという態度の人が沢山いれば、それを振り切りたいと思うのは仕方が無い。

それとは別に、髪型や服装の変化でストレスを発散させる人もいる。
知人の男性はそれで、髪を虹色にしていた。
アメリカで同じ教会だった子は綺麗な紫に染めていた。

剛君はアイドルにしては突拍子もないかもしれないけど、特別「変」と言われるような外見か疑問。
私の周りが変わっているから、感覚が狂っているのかもしれないが。


そもそも変イコール少数派であるだけで、悪いことではない。
大多数に含まれても、必ずしも良いとは限らない。

他人と違う服装や髪型は、その人の意思表示でもある。
自分を表面に出せるその強さは素晴らしいと思う。

今の剛君の格好もとても好きだけど、ケリー時代の突拍子の無さも好き。
彼だけの話でなく、本人の好みに合った外見で、のびのびとしているのが一番ではないのかな。

母親

母親の話を聞くと、学生時代はやんちゃしていたらしい。
学校に行かずに友達と遊んだり、家族に反発したり。

それが結婚して、妊娠した途端に禁酒・禁煙。
子供の為に無理をしてまで仕事。
結婚生活を保とうと努力したのも、離婚したのも子供の為。
当然のことかもしれないし、そんな相手と結婚した彼女の見る目もなかったのかもしれないけど、それでも凄いと思う。


母親の意識はいつ生まれるのだろう。

母が結婚したのは今の私と同い年の時。
今の私には、子供を育てられる自信がない。
妊娠するだけで母親になれるとは到底思えない。

全てを子供に捧げようとする母親の愛情が怖くなる時もある。
自分にとっては不可解なものに感じられて。
それでも愛されているという事実に助けられることも多い。


人を育てる「親」ってそれだけで素晴らしいと思う。
尊敬される親であれる人も、親を尊敬出来る子供も、好感を抱く。

自分の数少ない長所かな。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。