スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現の為の音楽

音楽には二種類あると思う。
客商売用の音楽。
表現の為の音楽。

客商売用はリスナーがいてこその音楽。
自分以外の相手、主に利益を齎してくれる人のニーズに応えることを重視している。
やりたい音楽、歌いたい時でなくてもやる。
金銭や知名度・名誉を強く意識したモノ。

対して表現の為の音楽は、極論リスナーは自分一人で構わない。
自分のニーズやウォンツを満たす為に奏で、歌う。
利益は感情の高ぶりや感性の成長など、目には見えない精神的なモノ。
やりたくなったらやる音楽。


分かりやすい例では、AKB48のようなアイドルの曲は前者、教会の賛美歌は後者。


リリースするに当たって、100%表現の為の音楽を行える人は殆どいない。
歌い手や奏者が意識しなくとも、編集やレコーディングに携わる人達が意識しないとも限らない。
事務所や会社を通して発売するなら、その事務所や会社の生存が掛かるわけだから、純粋に表現のみを追及することは難しい。


私は、それでも最大限自己表現の音楽を貫き通すアーティストが好き。
リスナーである私を意識するより、まず自分と向き合う強さを持った音楽に惹かれる。
商売意識よりもある意味自己満足意識が強い方が、その割合が高ければ高いほど、価値があるように感じられる。

ダンスが好きな場合は別として、好きになったアーティストは皆、自己表現が上手かった。

今一番聴く歌手は剛君。
彼の音楽も「対自分」が強調されているように感じる。
剛君がそのスタンスを保つなら、私は彼の音楽をずっと好きでいられるだろう。


自分の為に出来ることをしないで、本当に他人の為を思った行動が出来るとは思えない。

客のニーズに応える事を生きがいとする歌手を否定はしないが、自己表現の音楽の追求が客のニーズになる、需要と供給が上手く重なるような音楽が理想。
スポンサーサイト

タンブラー

とても今更な話題。

剛君が光一君の舞台記念に行った時、手作りのタンブラーをプレゼントしたらしい。
どんなタンブラーか分からないけど。


何故この話かというと。
最近まで忘れていたのだけど、二年前の母親の誕生日に姉と共同で手作りタンブラーをあげたことを思い出したから。
ずっと会社で使ってきた物で長らく見ていなかったのだけど、病院で愛用していたのを見て感動した。

姉と二人でシールを貼り、細かく悪戯書きし。
とても二十歳前後の姉妹のやることとは思えないが、作るのがとても楽しかった。
そしてプレゼントを渡した時の母親がとても嬉しそうだった。

二年前から毎日使ってくれている彼女の愛情に、本当に感謝。


そして。
剛君はどんな気持ちで作ったのだろう。
真面目な人だから、日頃の感謝と、尊敬と、お祝いの気持ちを込めて作ったのだろうな。

今更過ぎて画像が見つかりにくい上に、その日の写真は遠めでどんなタンブラーか分からなかった。
剛君の手作り、見てみたかった。

普段KinKi Kidsには興味がなくて、話題についていけないけど、KinKi Kidsの時しか見れないモノもある。
剛君ファンでKinKi Kidsのコンサートに行ったり、番組を見たりする人の気持ちが少し分かった。
多分私のスタンスは今までと変わらず、剛君のソロ活動のみを追うのだろうけど。

女子力

女子力という言葉を割と最近知った。
何をもって女子力が高いというのかは理解していないが、そういう言葉があるらしい。

若い人には多いが、昔ながらの男らしさがなく、女の子に近い感性を持つ男性が増えてきている。
容認されるようになったと言ってもいい。


剛君は女子力が高いらしい。
言葉の意味を正確に理解しているわけではないが、なんとなく納得が出来る。

彼は積極性や決断力があり、フェミニストな一面もある。
男性らしさのある人。
反面、家事に精を出したり、美容・健康を意識した発言をしている。

剛君は女性に対しての憧れがあるのかな。
意識して女性らしい行動を取っている時もありそうな気がする。


特別気にしたことはなかったけど、剛君の所謂「女子力の高い発言」を聞くと、「私も頑張ろう」と思う。

やって損はないようなことばかりだから、剛君の発言を受けて行動することも多い。
単純に負けず嫌いもあるのだろうけど。
そもそも男性と女子力を競うことがまず疑問だが。
無意識にでも張り合おうとしてしまうほど、剛君の女子力が高いのかもしれないと思った。

※決して剛君を女性扱いしているわけではありません。




女子力とは異なるけど。
余談。

人間の顔は左右非対称。
剛君は、雑誌では左の方がより男らしい顔をしている。
でも、表情が出やすいのも左。
急に無邪気で可愛い顔になる。

目が大きくて、輪郭が丸いのに、男らしい顔立ちをしている。
緊張している時等の表情が見えにくい状態では格好良くて、笑った顔は可愛い。

女性っぽさと男性らしさが頻繁に変わるのが面白い。

昔からよく見る夢。

何度も夢の中で目が覚める。
ベッドから起きて部屋を出ると、また夢の中で目が覚める。
夢である事は分かっていて、どうにか夢から覚めようと試みるのだけど、実際には目が覚めない。
声も出せず、身体が動いていないのは分かるのに、夢の中では起き上がってベッドから出ている。


まだ一時間も寝ていない。
でも寝る気になれない。

折角時間が出来たから天魔さんを見て感想を書こうと思ったけど、天魔さんを見る気にもなれない。
普段はホラーを怖いとは思わないのに。

眠い。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。