スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある剛君ファン

twitterにいる剛君ファンを名乗る人。
剛君の発言に対してのマイナス発言しか見ないので、実際に彼や彼の音楽が好きなのかよく分からない。

検索避けをしない辺り、光一君ファン同様に自己顕示欲が強いらしい。
毎回名前を書くのが少々不快。


「スタッフに頼まれたから恋愛の歌を作った。剛君本人が望んでいなかったなら、発表してほしくなかった。」というようなことを言っていたのが気になった。

剛君は恋愛の曲作りに乗り気でないということはよく言っている。
でも、スタッフに言われたからといって、意味もなく望まない事をするような人だとは思えない。
これは私の剛君像であって、他の意見もあるだろうけど。

作成し、リリースするにあたって、公表を踏み止まる機会は何度もあったはず。
私は剛君が少しでも「作ってみようかな」と思った気持ちが嬉しいし、彼が「自分やスタッフ以外の人に聴いてほしい」とリリースを決めたことに感謝している。


最近BUMP OF CHICKENの藤原さんのロングインタビューを読んだ。
彼は歌詞ノートに綴った言葉をもう見たくないと思ったら、見えなくなる程塗りつぶすらしい。
自分が作った曲が本当に嫌になり、ライブ途中で歌えなくなったこともあると聞いた。

剛君がどのように歌詞を書いていくのか知らないが、本当に100%嫌な気持ちしかない状態で書いた歌詞を、スタッフとはいえ他人の前に持っていくだろうか。
信頼しているバンドメンバーに一緒に演奏してくれるように頼むだろうか。

きっと彼女は私と違う感性の持ち主なんだと思う。
愛情の形は様々で、言っている内容を理解出来ても、賛同は出来ないと思った。


彼女のツイートを見ているとBUMP OF CHICKENの「太陽」という歌を思い出す。
このバンドの曲では指折りで好きな曲。

「君がライトで照らしてくれた 暖かくて 寒気がした」
「例えば信じてくれよ こっちはなおさら疑うさ」という部分。

剛君が見せてくれる感情に対して、信じられなくて怯えているのかな。
信じられないことを責めるのは筋違い。
この曲を聴きながら彼女のツイートを見たら、この曲と同じ結末を辿るのだろうかと考えて悲しくなった。


物事を楽観出来ない部分は私も同様。
内容を全く理解出来ないわけではない分、もどかしい気持ちになった。

とりあえず思うことは、毎度フルネームを上げるのは勘弁してほしい。
スポンサーサイト

桜餅さんへの返信

初めまして、でしょうか。
コメントをありがとうございます。

少々気になる点があり、また光一君ファンの方がお忘れになっている可能性もあると思い、書いてみました。
今のところ、ソースについてのコメントはありません。
ご覧になられていないのかもしれません。

光一君ファンにとって、剛君がストレスになっていることは確かでしょう。
ですがストレスは本来人間に必要なモノです。
剛君を悪い刺激として受け取ってしまうことは彼女達の問題であり、彼が責められる謂れはありません。

被害者意識が強い分、剛君以外から受け取るストレスも多いと思います。
桜餅さんの仰る通り、単にストレス発散する道具にしかなっていないのでしょうね。


なるべく感情的にはならないように心がけていますが、好きな人が根拠なく否定されているのはとても悲しいです。
負の感情を溜め込んで、今度は私が他人を傷付けないように、ブログに書く事でストレスと向き合っています。
行動の原因を理解することで、しょうがないと思いたいだけかもしれません。

確かに剛君は暴力を好まないでしょう。
私の勝手なイメージでは、もし暴力を振るったとしても、理由を聞いて同情してくれそうですが。
文章を見る限りでは桜餅さんは思いやりのある方です。
力に頼る事はないと思います。
極論思うだけなら大丈夫です。

shamanipponフラゲ日

「shamanippon -ラカチノトヒ- DVD」
フライングゲットの日。

今日手にした方も多いでしょう。

私はまだ手にしていない。
理由は二つ。

一つは営業終了後しか時間が空かないこと。
もう一つはDVD再生機能の付いた機械が母の病院にしかないこと。
要するに手にしても見れない。

去年参加出来なかった分、DVDが手元にきたら存分に楽しみたい。

DVDを見たら、きっとより剛君のライブに行きたくなる。
ドラマの撮影があるから当分お知らせが来ないだろうが、いつきてもいいように待っています。

DVDを手にした方は、沢山楽しんで下さい。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。