スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天魔さんエキストラ問題

エキストラの件でtwitterが少し荒れていた。
見たくない人はページを閉じて下さい。
ちなみにいつも以上に長いです。


RTで流れてきたもの。

めい△いつめんらぶ @51mei24
帰りに送ってもらうばすのなかにつおしがきたつなぎがあってね!匂いかいだりかおうずめたりした!
2013/06/23 18:03
つおしのつなぎにかお、うずめたの!におい!いいにおい!!!!!!つおしが乗った車にのったの!
18:05
つおしみれたよ!近い!やばい!ちっさい!髪型はいつもの茶髪(^▽^)かわぐちはるなちゃんもいた!かわぐちはるなちゃんのつなぎの匂いもかいじゃった(^▽^)
18:09


他の子は知らないけど、もう一人凄く荒れている子がいた。
その子のツイートは見ていないのでスルー。

他にも場所が分かるような写真?か何かをツイートしたそう。



あまりに常識が無くて、最初にツイートを見た時は理解が出来なかった。
丁度車に乗る前に見た。
よく分からなくて一回閉じて、運転中も考えたけど見間違いだと思い。
結局もう一度確認してみてやっと書いてあった内容を飲み込めた。
最近問題になった「岩手県会議員の小泉光男」の行動と同じくらい理解に苦しんだ。

私は基本的に常識よりも法律重視の人間だけど、今回は常識の大切さを改めて知った。


このツイートをした女の子は痴漢にあったことはないのかな。
ストーカー被害も無いのだと思う。

見知らぬ異性の衣服に故意に顔を埋めるという行為は、上記の二つとそう大差ないように思う。
自分の欲望のみを尊重した結果、剛君が不快な思いをするという考えに到らなかった。


今はツイートを確認出来ないけど、彼女は「きっと剛君も皆のツイートを見ている(だから争う事は良くないと言いたかったのかな。)」「エキストラを楽しんだら剛君も喜ぶ」というようなこともツイートしていた。
これに関してはアカウントがロックされているので原文引用は出来ませんが。

ファンが喜んだら、剛君も喜んでくれる。
半分くらいは本当だと思う。
それでも、ファンが他人に迷惑をかけて楽しんでいる事を、剛君は本当に嬉しいと感じるかな。

剛君一人の匂いを嗅いだなら、剛君一人で消化出来るかもしれないが、川口さんの衣装にも手を出したのなら、彼女まで被害者になっているということ。
私なら申し訳なくて、どう謝っていいか分からなくなる。

このツイート主は剛君や川口さんを友達のようにしか見ていないのかもしれないが、二人からしたら顔も見た事ないような赤の他人。
匂いを嗅がれて抱くとしたら、親近感ではなく嫌悪感しかないだろう。

剛君がtwitterを見ていると思うなら、何故上記のツイートを踏み止まらなかったのか疑問。


全く反省する様子も無く、「剛君やスタッフに迷惑」といったコメントも一切理解していないように見える。
実際は理解出来ない年齢でもないし、文章から見ると、「自分は悪くない」と思い込みたいだけのように感じられる。
以前少し自己防衛について触れた事があるが、そこは光一君のファンと似ているのかな。
光一君ファンが中学生と同様の行動しかしていないとも考えられるが。

彼女達の言動によって、スタッフや関係者が、剛君ファンに対して不信感を抱くようになったら悲しい。

彼女達が反論することによって「若い子だから」と言われているのを見た。
私はゆとり世代だけど、中学生の時でもあんな軽率な行動はとらなかった。
彼女達には小学校低学年の無邪気さを感じる。
私は幼少時代に芸能事務所に所属していたから、メディアへの考えが少々異なるかもしれないけど。


彼女達は今後、剛君関係でのツイートに気を遣うようになると思う。
口論になりたくないからではなく、何が悪いのか理解してやめるのが一番だろうが。

常識の無さに呆れるコメントも多かったが、彼女達を心配する声もあった。
今は無理でも、もっと成長した時に注意してくれた人に対して感謝出来ればいい。
スポンサーサイト

娯楽

前置き。
「衰退」という言葉は飽く迄個人的価値観です。


shamanipponのDVDを見て思ったこと。
「カバ」は例外として考える。


景気が良い時は、平均して娯楽への関心が高まる。
余裕があるから。

不景気だと必需品の確保を優先する為、無闇にあれこれ手を出せない。
個々の娯楽への出費が減り、結果娯楽産業が衰退する。

今の音楽業界は、金銭への関心だけが高まっていると思う。
大衆が好むものでなければ、稼ぎが見込めず、経営が成り立たなくなる。
上に立つ人は下の雇用も考え、一定の収入を保つ為に、マイナーなモノを拒む。


経済が回り始めたら、剛君のように自分のやりたい音楽、伝えたい感情を優先する人も増えるだろうが、今は違う。
楽しむことへの関心自体が薄まり、生計への関心が優先される。
欲求段階を考えれば極自然。

だけど衰退する娯楽産業の中で、マイナーだと理解しつつも、その娯楽を提供し続ける剛君は凄い。
事務所・レコード会社の方や周りのスタッフも凄いが、一定の収入を保てる自信があるからこそ、彼の活動をサポート出来るのだと思う。

誰でもやる時に、他の人を同じ事をやっても面白味に欠ける。
今のこのご時世だからこそ、大衆受け狙いでない剛君の音楽が楽しい。


マイナーとはいえ、今の世の中に全く関係ない音楽でもない。

不景気で余裕がない為、変に他人への関心が高まり、目立ち過ぎないようにする人が多いように感じる。
個性を好まない日本人の性質が悪い方向にも強調されてしまっている。

与えられた個性を職としているアイドルが、自我を強調した音楽を作り、歌う。
時代に逆らうような音楽を聞かせる。

反個性派に対して不満を抱く人も多いから、そういう人達にも楽しめる音楽だと思う。
とはいえ、やはり大衆向けの音楽ではないから、個性派でも拒絶する人はいるだろうが。

ionさん・ごまさんへの返信

お二方への返信、失礼します。


ionさん

初めまして。

やはり気になっている方は多いようですね。
私もionさん同様、興味が失せたら無駄な時間を費やさないようにしたいです。


ごまさん

初めまして。

そうです。
何年も続けていらっしゃるのですね。
愛憎は表裏一体、好きと嫌いが混沌としているのでしょう。

twitterは剛君本人に向けて書いているそうなので、止めることは難しそうです。
一対一で剛君に意見が出来るという考えなのでしょうか。
一風変わったアンチと考えるべきなのか、疑問です。

堂本剛とFashion & Music Book 20130615

完全に私事。


翌日が父の日という事で、剛君が父親について話をしていた。
その中で、「大好きなお父さん……大嫌いなお父さんかもしれないけど」という言葉が出てきた。

多くの人の口から出るのは「大好きなお父さん」という言葉だけ。
そこには「好きで当然、それが普通」という気持ちが多少なりとも存在する。


私の両親は私が二歳の時に離婚した。
原因は母親と長男への父親の暴力。

私がその事実を知らされたのは中学二年の冬。
それまでは父親も面会する権利があるということで、年に一度か二度、父親に会っていた。
その話を聞いた後にも一度彼に会ったが、それ以降は会いたいという気持ちが湧かず、結局数年連絡も取っていない。

大好きな母親と兄姉を傷つけた人。
私の男性嫌いの原因の一人。
嫌いという感情は無くなったものの、私はきっと父親を好きになることは今後ないだろうし、努力する気もない。


父親を嫌いだった頃、友達に「信じられない」と言われた。
数年前のことだけど、今でも覚えている。
今なら軽く受け流せる言葉でも、当時の私にはとても辛い一言だった。


剛君が「大嫌いなお父さん」と言った時、何でもないのに涙が出そうになった。
理論上は理解していても、「家族を嫌いな人が信じられない人達」が多数いることが悲しかったから、彼はそうじゃないと分かって良かった。

子供は本能で親を感じ、信じる。
様々な家庭が存在する中で、親子の信頼関係が乱れていたら、それは本能を狂わせるような事があったからだと思う。

何気なく言った、きっと聞き流している人が多いような一言だけど、凄く嬉しかった。

父親が違ければ私が生まれる事はなかったけど、彼と母親が結婚して築いた家庭だからこそ、今の私が、こうやって思いを巡らせているのだと思うと考え深い。
生まれた事への感謝がない分、父親への感謝が生まれ辛いが、父の日だけでもプラスに受け止められるようにしよう。



後は剛君のお姉さんとお母さんの話。


私も末っ子だから、母親に沢山甘えてきた。
今も甘えている自覚はある。

私の母親は「今日はお兄ちゃんと話をする日だから」「最近お姉ちゃんの時間が少ないから、一緒に買い物行く」と言う。
甘えてこられる分、末っ子に時間を費やす事は容易いみたいで、意識して兄姉と過ごすようにしていた。

剛君がどのような親子・姉弟関係を築いてきたのかは知らないが、お姉さんに対しての配慮はいいことだと思った。
彼の話を聞く限りでは、家族仲がとても良いようだから、これからもお互い支えあえる家族でいてほしいな。
赤の他人の私が願うのは変かもしれないけど。



母親の入院をきっかけに、家族について考える時間が増した。
中々思うようには進まないけど、大好きな人達だからこそ、大切にしなきゃいけないな。

とある剛君ファン

twitterにいる剛君ファンを名乗る人。
剛君の発言に対してのマイナス発言しか見ないので、実際に彼や彼の音楽が好きなのかよく分からない。

検索避けをしない辺り、光一君ファン同様に自己顕示欲が強いらしい。
毎回名前を書くのが少々不快。


「スタッフに頼まれたから恋愛の歌を作った。剛君本人が望んでいなかったなら、発表してほしくなかった。」というようなことを言っていたのが気になった。

剛君は恋愛の曲作りに乗り気でないということはよく言っている。
でも、スタッフに言われたからといって、意味もなく望まない事をするような人だとは思えない。
これは私の剛君像であって、他の意見もあるだろうけど。

作成し、リリースするにあたって、公表を踏み止まる機会は何度もあったはず。
私は剛君が少しでも「作ってみようかな」と思った気持ちが嬉しいし、彼が「自分やスタッフ以外の人に聴いてほしい」とリリースを決めたことに感謝している。


最近BUMP OF CHICKENの藤原さんのロングインタビューを読んだ。
彼は歌詞ノートに綴った言葉をもう見たくないと思ったら、見えなくなる程塗りつぶすらしい。
自分が作った曲が本当に嫌になり、ライブ途中で歌えなくなったこともあると聞いた。

剛君がどのように歌詞を書いていくのか知らないが、本当に100%嫌な気持ちしかない状態で書いた歌詞を、スタッフとはいえ他人の前に持っていくだろうか。
信頼しているバンドメンバーに一緒に演奏してくれるように頼むだろうか。

きっと彼女は私と違う感性の持ち主なんだと思う。
愛情の形は様々で、言っている内容を理解出来ても、賛同は出来ないと思った。


彼女のツイートを見ているとBUMP OF CHICKENの「太陽」という歌を思い出す。
このバンドの曲では指折りで好きな曲。

「君がライトで照らしてくれた 暖かくて 寒気がした」
「例えば信じてくれよ こっちはなおさら疑うさ」という部分。

剛君が見せてくれる感情に対して、信じられなくて怯えているのかな。
信じられないことを責めるのは筋違い。
この曲を聴きながら彼女のツイートを見たら、この曲と同じ結末を辿るのだろうかと考えて悲しくなった。


物事を楽観出来ない部分は私も同様。
内容を全く理解出来ないわけではない分、もどかしい気持ちになった。

とりあえず思うことは、毎度フルネームを上げるのは勘弁してほしい。

桜餅さんへの返信

初めまして、でしょうか。
コメントをありがとうございます。

少々気になる点があり、また光一君ファンの方がお忘れになっている可能性もあると思い、書いてみました。
今のところ、ソースについてのコメントはありません。
ご覧になられていないのかもしれません。

光一君ファンにとって、剛君がストレスになっていることは確かでしょう。
ですがストレスは本来人間に必要なモノです。
剛君を悪い刺激として受け取ってしまうことは彼女達の問題であり、彼が責められる謂れはありません。

被害者意識が強い分、剛君以外から受け取るストレスも多いと思います。
桜餅さんの仰る通り、単にストレス発散する道具にしかなっていないのでしょうね。


なるべく感情的にはならないように心がけていますが、好きな人が根拠なく否定されているのはとても悲しいです。
負の感情を溜め込んで、今度は私が他人を傷付けないように、ブログに書く事でストレスと向き合っています。
行動の原因を理解することで、しょうがないと思いたいだけかもしれません。

確かに剛君は暴力を好まないでしょう。
私の勝手なイメージでは、もし暴力を振るったとしても、理由を聞いて同情してくれそうですが。
文章を見る限りでは桜餅さんは思いやりのある方です。
力に頼る事はないと思います。
極論思うだけなら大丈夫です。

shamanipponフラゲ日

「shamanippon -ラカチノトヒ- DVD」
フライングゲットの日。

今日手にした方も多いでしょう。

私はまだ手にしていない。
理由は二つ。

一つは営業終了後しか時間が空かないこと。
もう一つはDVD再生機能の付いた機械が母の病院にしかないこと。
要するに手にしても見れない。

去年参加出来なかった分、DVDが手元にきたら存分に楽しみたい。

DVDを見たら、きっとより剛君のライブに行きたくなる。
ドラマの撮影があるから当分お知らせが来ないだろうが、いつきてもいいように待っています。

DVDを手にした方は、沢山楽しんで下さい。

ソース

人間は自分が得をするような行動を取る。
心理的・物理的、短期的・長期的問わず。
短期的に得をする嘘は長い目では損になることもある。

例えば、最初は反論する為の嘘。
その場では自分を守るという得の部分を重視する。
後に嘘がばれ、嘘つきというレッテルを貼られることを恐れ、本当だと嘘をつき続ける。

短期的な得を重ね、一見長期的に自分を守っている気になる。
けれど、実際は嘘をつき続ける罪悪感やいつばれるか分からない不安が付き纏う。
そして結果的に損が積み重なる。


自信がない時、地位・お金・家柄等でカバーしようとする。
それが出来ない場合は嘘をつく。



光一君ファンの方が、過去の剛君の発言を幾つかと、それを非難する言葉をこのブログのコメントに載せた。
剛君の発言が本当に彼の口から出た言葉なのか分からず、前後の文があることによってニュアンスが変わることもある。
KinKi Kidsについての発言のようで、私には元々非難する要素が皆無だったが、前後の文章が分からなかった為にそのコメントへの感想を言う事が出来なかった。

その剛君の発言を知っているということは、直接耳にしたか、目にしたのだろうと思い、彼女に聞いてみた。
結局彼女から追加のコメントはなかった。
以後もこのブログには何度か足を運ばれているようなのだが、その剛君の発言のソースが与えられることはない。

彼女はインターネット上で拾った話を私に振ったのだと思う。
ソース不明にも拘らず、ネット上の知識を正しいと思い込む危険を認識出来ていなかったのだろう。


一番最初に書いたように、人間は嘘を重ねることがある。
インターネットでは匿名の為、特に嘘がつきやすい。

光一君のファンが「剛君を否定する自分の行動や発言を正当化する」という得の為に、剛君の発言を偽っている可能性があるということも理解した方がいい。


再三だが、剛君の発言自体に不快感はない。
もし本当に剛君がマイナスの意味でKinKi Kidsについて語っていたとしても、私にはどうすることも出来ない。
コメントされた光一君ファンの方には申し訳ありませんが。

趣味

最近予定よりもやることが多くて、考え事をする時間も持てなかった。
今日やっと丸一日時間が空いた。
昨日急に決まったからも特別やらなきゃいけないことも思いつかず、趣味に没頭。

自分の事ながら、悪趣味だと実感。
過去に起きた一家惨殺の犯人の家庭環境について調べてた。

今日見たのは1992年千葉と2002年北九州の二件。
千葉の方は父親による幼少期の虐待。
北九州は逆に母と祖母の過度の甘やかし。
勿論これだけではないけど。

過度の残虐性は先天性の脳の異常の影響だけでなく、多くは複雑な家庭環境によって生まれる。



少しズレるが。

モンスターペアレンツについて。
彼または彼女達は何故子供を心配することがいけないのか、と疑問に思うかもしれない。

自分の子供に攻撃してくる。
自分の子供の才能を潰そうとしている。

子供が一人の人間であることを理解出来ず、一方的に被害者を装う。
されて嫌な事を口に出せないと、親が子を信頼出来ない為に、親は周囲を傷つける。

モンペが批判されるのは、何も他者に攻撃的であるからだけではない。
過度の甘やかしによって犯罪を犯す人が増えるからだ。

幼少時代、多少は傷付く事も必要。
赤ちゃんは痛いくらいに髪を引っ張ったり、叩いたりする。
それが他人を傷つける行為だと教えなきゃいけない。

喧嘩をして殴られる事で、痛みを覚える。
悪口を言われれば悲しいと感じる。
それが不快な事であると学ぶ。

モンペは自分の教育によって、将来子供が犯罪者になる可能性を考えた方がいい。
それが出来るならモンペにはなっていないだろうが。

一粒でおいしい

剛君って「一粒で何度もおいしい。」

音楽
堂本剛(初期)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
244 ENDLI-x
剛紫
堂本剛(shamanippon)
堂本剛(カバ)

ファッション
服装
髪型
小物遣い

演技

武司
タケル
リュウ
篤志
ユウジ
夏生
荒太
仙太郎

東次
将吾
健児
貴之
六郎
(天魔)
※主人公のみ

お笑い?



歌手、役者、ミュージシャン、アイドル、モデル
剛君の職業を表す言葉って沢山ある。
剛君も職業を「モデル」というには足りない部分は多いけど、彼は少なくとも歌手であり、俳優であり、アイドルだ。

今の芸能界には多くのことに手を出しすぎて全てが疎かになっている人もいる。
「タレント」と名乗っていても、実際は全くタレントなんて持ってない。

剛君は元々才能がある。
もっと彼が興味の持てることにチャレンジ出来る場が与えられればいいな。

ドラマ主演決定

TBS系ドラマNEO 月曜深夜0:28-1:07
「天魔さんがゆく」
※地域によって放送されない又は放送時間や曜日が異なるようです。

「33分探偵」脚本・演出家の福田雄一さんと再度タッグを組む。
幽霊退治会社を引き継いだ主人公・天魔が怖がりながら幽霊を説得して成仏させる話。

6月4日 スポーツ報知


久々の剛君のドラマ。
元は演技を見てファンになったから、役者としての一面が見られるのが楽しみ。
プロデューサーからも演技を絶賛されていて嬉しい。


また、6月4日のオリコンによると、主題歌・オープニングのインストも手掛けるそう。

少し前に剛君が「仕事で曲を作っている」と言っていたのはこのことかな。
彼の演技を、彼の作った音楽と一緒に楽しめる。
ファンとしてはこんなに嬉しいことはない。


カバからshamanipponのDVD、ドラマといいこと続き。
ドラマが始まるまで一ヶ月以上あるけど、今から凄く楽しみ。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。