スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂本剛とFashion & Music Book 20130330

やっと今日からお休み。
久しぶりのお休みだから沢山寝た。
関西に行く用意をしなきゃ。
桜、沢山見れたらいいな。



堂本剛とFashion & Music Book
2013年3月30日放送分


カバについて。

何度もリリースへの戸惑いを口にしていた。
そりゃそうだ。
他人の子供を預かるようなもの。

商業的になってしまうのが悲しかったりもするだろうけど、それでもリリースすると決意してくれて良かった。
悩んで悩んで…っていうのが剛君らしくて、その心情を知れて嬉しい。
話してくれてありがとうございます。


確かに提供側と歌い手では感覚が違うよね。
最近で言えばジャニーズ事務所の後輩に「愛のかたまり」を提供した時は二つ返事で了承したのだろうけど。

本当に責任感が強く、思いやりがある。
歌い手の方々や曲自体に敬意を持っているのが伝わる。


このアルバムが今年の母の日のプレゼントなんだね。
だからDVDの応募期間が5/12なのかな。
いや、これは関係ないか。
お母さん、嬉しいだろうな。



話を聞いていて思ったけど、カバーアルバムって演技と似ているね。
決められた詩と曲、時間。
自分の特徴を出しながら、曲だけでなく詩曲者や元の歌い手も考慮して、必要に応じて歌い分ける。
提供曲にも言えるが、より「演じる」度合が高い。

だからといって何もないけど。
剛君なりの歌、楽しみ。
スポンサーサイト

最近の情報

とりあえず、昨日今日で入ってきた情報。
一気に来たのでよく分からなくなってきた。


母子手帳
4月1日から交付

Songs 5月号
4月15日発売
12ページ

MISS plus 6月号
4月27日
ロングインタビュー

カバ
5月8日発売

「カバ」発売日決定

堂本 剛 「カバ」
2013年5月8日発売



剛君。
発売日発表おめでとうございます!!
色々な情報が一気に出てきて、てんやわんやしていますが、本当に嬉しいです。



今年の活動は割とゆっくりスタート。
それとも毎年こんな感じなのかな。

明日誕生日を迎える自分としては、ベストタイミングなお知らせ。
当日では仕事とお祝いでバタバタしていただろうし、後祝いより前祝い。
嬉しいな。

5月8日発売というのも個人的に都合がいい。
5月末では母の入院と重なってしまうから。


通常版にしか「街」が入っていないそうで、通常版は絶対に手にしたい。
カバライブでもshipやその他のライブでもいいので、一回生で聴きたい。
5月が待ち遠しい。

ネット上では剛君やKinKi Kidsのファン以外にも興味を示している方々がいらっしゃって。
皆嬉しそう。

他人を幸せにする才能のある人なんだよね。
幸せそうなコメントを見て、更に私も幸せを感じた。
きっかけを作ってくれた剛君や関係者の方、ありがとうございます。

ソロとグループの区別

まずは自己中心的な発言から。

KinKi Kidsとしての活動の際に、ソロの話をする。
ソロ活動時に、KinKi Kidsや光一君関連の話題が出る。
私にはプラス要素が皆無。

KinKi Kidsの番組は本当に暇且つ気が向いた時にしか見ないから、ソロ情報が流されても知らないまま。
逆にソロの時にKinKi Kidsの話をされても、内容が良く分からない。

とはいえ、嫌かどうかというのはまた別の話。
上からモノを言うわけではないけど、程度を弁えていれば好きな話をすればいい。

過剰なくらいに「区別」について反応している人がいる。
私も例外ではないかもしれないけど。
個人的には、剛君が区別したいならすればいいし、したくないならしなきゃいいと思っている。

以前の発言や行動によって、今の言動が制限されるべきなんて考えない。
状況に応じて臨機応変に行動するなんて当然。
しかも他人の行動を制限しようとするなんて馬鹿げている。
(このことについても賛否両論だろうけども。)


私が剛君のファンになったのは、歌声や演技だけじゃなく、自分のやりたい音楽を純粋に楽しんでいたから。
だから、同じくその音楽に付随する宣伝活動もやりたいようにやればいいと思っている。

絶対にしたくない事をやらない強さはあると思う。
どちらかと言えばやりたくないことをやる柔軟性も。
勿論、絶対的に信用しているわけではないけども、彼だって社会経験豊富な年上の男性だから。
…なんて、アンチはそんなこと思いもしないか。



そういえば、母子手帳の話題が出てる。
どんな流れで作成に至ったのかが疑問ですが、色々なことにチャレンジ出来るのはいいこと。

結婚して、もし奈良で子供を産むのだとしたら。
これ以上ないプレゼントですよね。

Congratulations!!

ナツキさんへの返信

ナツキさんへの返信


初めまして。
拍手コメントありがとうございました。

KinKi Kidsのファンの方とお話しするのは初めてです。
剛君寄りということで、私のブログを見られているのでしょうか。
KinKi Kidsのファンであるナツキさんが不快に感じるのではなく、逆に楽しいと思えるブログになっているならば良かったです。


事務所の配慮もあったでしょうが、最終的には剛君の意思で舞台に上がったというのが私の見解ですが、本当のことは分かりません。
剛君が望む望まないに関わらず、ただの付き合いとして行った可能性も否めません。

それに対して剛君のファンが「こう思う」と書くのは構わないと思います。
ただ、事実確認が出来ない内容を断定していたり、事実を捻じ曲げるように捏造していたら、それは犯罪です。

剛君ファンの知人友人が殆どいないからでしょうが、今の所、私はそのような行為をする剛君ファンは知りません。
昨日の方は、飽く迄「こうなんじゃないかな。」と書いていただけなので、私は特別問題視していません。
彼女には彼女の意見があるでしょう。


「光一くんアンチの剛くんファンだけでも、彼の心情についてもっと慎重に考察して頂きたいです。」という意見には同意致します。
ですが、今回のことに関しては、剛君は自分の口からそこに至るまでの経緯や心情を詳しく聞けたわけではありません。
剛君が光一君に対して特別な愛情を持っているからお祝いに駆けつけたというのも一つの見解に過ぎないと思います。


上記を読むと、まるで昨日の方の意見を援護しているようですが、彼女の意見は私とは全く異なるものです。
逆にナツキさんの意見の方が理屈を抜きにすれば同意できる部分は多く、KinKi Kidsのファンでも同じように考える方がいるということが分かり、とても嬉しかったです。
人の振り見て我が振り直せ。光一君ファンを反面教師に、剛君を悲しませたり、傷付けないファンでいたいですよね。


貴重なお時間と丁寧な文章をありがとうございました。
暖かくなってきましたが、場所によっては一日の気温差が激しく、急に寒くもなるので、ナツキさんもお身体にお気を付け下さい。

記念公演

まずは。
光一君、舞台1000(?)回公演おめでとうございます。


剛君が舞台に上がったことで、KinKi Kids、剛君、光一君ファン共に炎上してる。
色々な意見がある中、私も便乗。


剛君ファンの意見しか見ていない。
KinKi Kidsのファンはきっと喜んでいるだろうことは想像がつくし、今回のことに関しては、光一君ファンに興味がないので無視。

剛君ファンの、所謂アンチ光一君又は光一君ファンの意見を見た。
それはそれで面白かったけど、見解が様々なので、同意しない部分も多かった。

以前も書いたように、私が思う剛君は精神的に潔癖。
思考に純粋さを過剰なくらい求めていると思う。

今回の件。
事務所の命令に従っただけという意見には疑問を抱く。
剛君は他人への配慮が出来るし、思いやりもある。
自分がされたくないことは極力避ける努力を出来る人だと思っている。

今回舞台の記念を一緒にお祝いしたのは、彼が本当にお祝いしたかったからだと思う。
事務所に言われても、「お祝いしたい」という気持ちがなかったら舞台を見に行かないだろう。
自分が行って、喜ぶ人・嫌がる人どちらもいるのを分かった上で、自分の意志で行ったんじゃないかな。


勿論事実なんて知りようがない。
知る必要もない。
知りたいわけでもない。

今回のことで、色々な意見が見れたのは嬉しかった。
とは言っても最近多忙で、休憩や入浴時に少し目を通しているだけだから、ちょっと勿体無かった気がしないでもないけど。



お仕事の準備をしなきゃ。

番組制作

ちょっと前の新堂本兄弟の収録。
きくちPが「堂本兄弟が半年で終わらないように頑張る。(ニュアンス)」と言ったらしい。

飽く迄噂で、私が直接聞いたわけではない。
ただ、そんなようなことを言っていたと仮定して。


番組を終了させたくないのか。
ちょっと意外。
いや、当然のことだろうけど、真面目に考えていたのかという驚きがある。

視聴者は時間という代償を払っている。
その時間があるから、彼らは働いた意味を得る。

番組が終わらないようにしたいなら、視聴者が時間を使いたいと思える番組作りをすればいい。

嫌な言い方かもしれないが。
「応援して下さい。」って言わないと見ないような番組作りをしているのかな。
その言葉によって、視聴者の貴重な時間を割くように誘発している。
番組を見ている人にちょっと失礼じゃないかな。


まだ20歳。
社会経験不足だから言えることかもしれない。

営業をやっていると思うこと。
「お客様が代償を払ってでも、自発的に欲しいと思わない商品でなければ勧めたくない。」
商品のいいところは説明する。
でも、決して「買って下さい。」とは言わないし、そういう態度も取らない。
お客様が本当にいいと思ってくれたら何も言わなくても買ってくれる。


話は戻るけど、「番組向上の為に何が出来るか」を最初に考えるべき。
「番組を終わらせたくない」という気持ちが強いのであれば、視聴者の意見を聞き、取り入れられる部分は取り入れていく。
単に出演者を変更するだけでなくてね。
特に音楽番組でありたいのであれば、トークではなくて音楽に力を入れた方が、私はいいと思うけど。

色々書いたけど。
勿論、伴う代償を払う余裕があるなら、別に今まで通り好きな番組作りに励めばいい。
その上で「(応援してくれる人だけ)応援してほしい」というのであれば、それはそれでありだと思う。

ただ、自分のやりたいことが視聴者の求めるものと違い、それによって番組終了を招く恐れがあるのであれば。
更に「終わらせないように頑張る」とするならば。
「視聴者の求める音楽番組制作」に重きを置くのが最善だと思う。


うーん。
何書いているか分からなくなってきた…。

さきさんへの返信

最近あまり更新していなかったのに、拍手コメント戴きました。
アルバムの話が出てから日が経ち、剛君ファンの方も落ち着いてきたようなので、今の時期のコメントはとても嬉しいです。


以下返信

さきさん、はじめまして。
こちらこそ、綺麗な文章をありがとうございます。

最近剛君に興味を持たれたのですね。
私もつい一年半程前に興味を持ち始め、まだ音楽活動に手を伸ばし始めて一年経ったか経たないかくらいです。

例で挙げられたサイトですが、私も一度だけ見たことがあります。
憤りも感じましたが、逆に関心もしました。
彼女は自分の考えに対して、信頼や自信があるのでしょうね。

さきさんは何度か閲覧しているのでしょうか。
剛君に対しての誹謗中傷、妄想による過剰反応は確かに腹立たしいですよね。
私はもう見ないと決めましたが、正直検索時にURLを見かけるだけで悲しくなります。

でも一方、彼女達が剛君のファンでなくて良かったと思います。
自分のファンが身近な人を傷付けていたら、きっと自分が傷付くよりも悲しいでしょうし、剛君は自分のことを責めてしまいそうです。
これは私の思う剛君像なので、もしかしたら同意いただけないかもしれませんが。

彼女達の話で笑っていただけて嬉しいです。
不快な思いをされていると思いますが、その不快感を少しでも和らげることが出来れば光栄です。

また機を見てブログ更新致します。
貴重なお時間を割いて長文を読んでいただき、ありがとうございました。

予約完了

関西行き決定。

どうすれば安く自分のやりたいことを出来るか考えて、1/3満喫、1/3マンション、1/3未定のまま予約。
困ったら野宿しよう。


清水寺と西大寺の桜、満開の時に見たい。
ライブぶりに平安神宮行って、哲学の道、吉野にも行きたいな。
今年は満開の時期が例年より早く、私が行く時には散っちゃうかもしれないけど。

京都と奈良は和風のイメージが強いから、桜を見るには絶好の場所だと思う。
修学旅行の時は特別興味を持たなかったのに、海外に行ったからか、日本の由緒のある土地や建物に訪れることが楽しくなった。

日本って素晴らしい場所だと思う。

本当はもっと色々な場所に訪れて、様々な人に触れ合いたい。
でも、友達に会いたくなって同じ所に行っちゃう。

沢山仕事して、お金溜めて、旅行して、人と触れ合って…。
楽しく過ごせたらいいな。

奈良のweekly mansion

奈良の西大寺駅近くのweekly mansionを探してる。
なかなか見つからない。

以前借りたところは一月以上だったから探しやすかったけど、未満だと中々見つからない上に比較的高い。

近鉄奈良(徒歩10分以上)や新大宮(駅近)では空きがあるみたい。
でもちょっと予算オーバーしちゃう。

借りられないなら満喫とかでもいいけど、一週間以上満喫は意外にキツイ。
今回は二週間から三週間と考えているから、どこかしら宿泊施設を借りたい。
友達の家にずっと居ては迷惑だし…。


桜の時期。
行けるかは分からないけど、吉野の桜を見に行きたい。
行けなかったらお気に入りの早朝の清水寺かな。

母の手術が無事終わったら、一緒に関西に行きたいな。

ちょっとした妄想

最近忙しくて、やっと昨日12連勤終わった。
今日は親戚の法事だからお休み。
多少ゆっくり出来る。嬉しい。


この前の剛君のラジオでミュージシャンの卵?の人から手紙が読まれた。
それと、先週のココロ見を見て思ったこと。
「CD歌手以外のミュージシャンを招いた番組って面白そう。」

ピアニストやギタリスト等の奏者、詩曲家、例外としてオペラ歌手とかもいいし。
プロでもいいし、卵でもいいし、日本人でも外国人でも。

剛君はメジャーなモノだけだけど、色々な楽器にちょっとずつ触れている。
ある程度なら話が出来るだろうし、興味もあるだろうから、色々質問をして話を引き出してくれそう。
勿論、ココロ見みたいに色々な職業の人達と話しているのも面白いけど、彼は音楽の人だから。
話を聞き出しやすいのは同じ音楽家かな、と思った。

音楽に関することやそれ以外のちょっとしたお話をして、演奏を聴くってだけ。
そんな番組。
15分とかで終わっちゃいそうだけど、結構楽しいと思うんだけど。
私がそういうのに興味あるだけか。

しんどいテイストでやってたらもっといい。
演奏家の多くは普段はメディアで直接言葉を投げる仕事はしていないから、緊張したりするだろうし。

ココロ見みたいに一対一で。
ゲストが興味のある話をメインに。
スタジオとかでなくその人が好きな場所で。

音楽番組って減ってきたし、質も良くない。
(特定番組で口パク排除の動きがあり、向上の余地はあるのかもしれないけど。)
所詮妄想だけど、こういう番組があったらいいな。

ココロ見

3月3日
「新・堂本兄弟」

寝てました。
ぎりぎり歌だけ聞けた。

ダンスを映す気のないカメラワークに疑問を抱きつつ。
最近似たような女の子達が多すぎて、ちょっと飽きつつ。

「これなら見なくてもいいかな。」と思ったので、動画は探してない。
音楽番組というよりは単純にバラエティ番組だよね。

こういうテイストは私には合わないな。
on timeで見たのは2-3回位だと思うけど、どれもゲストがアーティストの方で、音楽的にも聴いていて楽しかった。

若い女の子とかが好きな人は楽しいだろうけど、そこまで楽しめなかったのは残念だったな。



3月4日0:10-39
「堂本剛のココロ見(前編)」

こっちはちゃんと起きて見た。
編集自体はカットが多く、話の筋が見えにくかった分、勿体無かった。

でも本当に好きなことをやっている人達。
お話も然る事ながら、お二方の表情が明るかった。
テレビ慣れしていない分緊張も伝わってきたけど、あそこまで笑顔でいられるのは、撮影自体も楽しめたからだと思う。

普通、自分の話をテレビでするって緊張するよね。
慣れてなければ尚更。
言葉を選びすぎて言葉に詰まったり、上手く笑えなかったり。

それでも二人共楽しそうにお話をしていた。
聞いている剛君も楽しそうだった。
正直剛君目的で見たけど、それ以上に得られるモノがあった。

修学旅行で運命を手にした宮大工の小川さん。
料理プロデューサーの狐野さん。
色々な場所を大した目的もないままフラフラしている自分でも何か見つけられるんじゃないかって、ちょっと勇気付けられた。


普段は全くといっていい程テレビを見ないけど、こういう番組なら見たいな。
笑顔で好きなことについて話をしている人を見るのは気持ちがいい。
それに、色んな音や声が混じる事がなくて煩くないから、気軽に見れる。
NHKってそういうテイストが多いと思うし、それを求めている人もきっと多い。
いい意味でNHKらしい番組で、とてもいい番組だった。


小川さん、狐野さん、剛君、番組制作に携わった方々。
ありがとうございました。
来週の放送も楽しみにしています。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。