スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親

この前のラジオで、剛君が「母とは年が離れているから、母の作る料理を食べたいと平気で言える。」と言っていた。

親と年が離れていると、そう言えるのかは疑問。
親がいなくなることを想定しているのも理由の一つではあるだろうけど、家族の関係が良好で、労りと感謝を持っているから言えるのだと思う。
私の兄姉を見ていると、照れて言えないことが多いみたいだから、末っ子というのも大きいのかな。


剛君のお母さんは凄いと思う。
彼女の教育、剛君の育ちの良さを感じることは多い。

身近な人にこそ、感覚が鈍ったり、感謝の言葉を伝えそびれたりする。
剛君は昔から、ちゃんと愛情を伝える努力をしているように見える。
ソロライブ・KinKi Kidsのコンサートとか、例えば「LOVE LOVE あいしてる」でハワイロケに行った時の話とか、色々な場所で感じられる。
勿論、それが必ずしも受け取ってもらえるとは限らないけど。

これは特に個人的な意見だけど、剛君は物事は器用に熟すのに、精神や感情面では不器用。
でも諦めない強さがある。


親との関係は、幼少時代・思春期の影響が大きい。
そこで信頼関係が築けなければ、それ以降に再構成することは難しい。

全く問題が無かったとは思わないけど、小さい頃からずっと真っ直ぐな愛情を受けてきたんだろうな。


もし子供を育てられるなら、剛君と彼のお母さんのような信頼関係を築けたらいいな。
…勿論、私と母だって負けないくらいの絆を築いているけどね。
スポンサーサイト

ファンサービス

毎度、タイトルに悩む。
脈絡のないことをツラツラ書き連ねているから、何てタイトルなら分かりやすいかが分からない。



剛君が自分の欲求を別として、ファンの為だけに行動したら。

行動の種類にもよるが、それが本当に一時的なら、それはそれとして楽しめると思う。
ただ、ファンの為だけのライブだとか、芸能活動であるならば興味はない。

何れにせよ、動作を行うに当たって、そこに剛君の意思は存在する。
それは理解出来るが、その意思がアイデンティティの意図を持たないのであれば、意味を見出すことが出来ない。

例えば、ライブ中に客席に向かって手を振る。
そうすればファンが喜ぶと分かっていてやる。
これは短期的。

私が望まないのは、ファンが歌ってほしい曲だけをリスト化し、言われるがままに踊るコンサート。
「笑って」と言われたら笑って、「泣け」と言われれば泣いて、操り人形みたいになるのが嫌。
ドラマや映画での演技はまた別だけど。

凄く曖昧な基準で、明確に分けることは出来ない。
ファンサービスとして「やろうかな」と思ってやるのと、少しでも無理が生じるのを見るのとの違いかな。
人間、常に誰かの欲求に沿うなんて不可能だからね。


まあ、ただ剛君の行動が、彼自身の為に行われているのが好きって話なんだけど。



明日は私が運転して、姉と温泉に行く。
路上で、助手席に免許を持たない人を隣に乗せるのは初めて。
駐車出来るかな。
色々不安。
事故は起こさないように、頑張ろう。

近鉄発車メロディ「縁を結いて」

延長決定。
延長。

嬉しいな。

奈良に行きたくなる。ぼーっとしたい。
大阪でご飯、京都で和菓子食べたくなる。

近鉄の方々や関係者様、本当にありがとうございます。
また関西に行ったら乗車させていただきます。


行くとしても4月以降になっちゃうから、もう聞けないと思ってた。
別にiPhoneでも聞けるのに、特別な感じがする。
なんでだろう。
本当に嬉しい。

また関西でライブやってほしいな。
どんどん楽しみが増えていく。
剛君のファンで良かった。

続きを読む

堂本剛関連情報

近鉄の発車メロディ「縁を結いて」が一年延長することが決定したそうですね。
西大寺や近鉄奈良の駅で聴けるかな。

出来れば4月にでも奈良に行きたい。
予定はまだ分からないけど、友達にも会いに行きたいし、桜も見たいから。
もし行くなら、近鉄に乗ってきます。


最近「堂本剛」の活動が色々な処で聞けて嬉しい。
カバーアルバムのお知らせ、新しい髪型のこと、やれるのかは分からないけどライブ、今回の発車メロディ延長…。
ファンも嬉しそう。

正式に決定していることって多くないけど、剛君の意欲が見えるだけで違う。
彼が何をやろうとしているのかが分かるだけで、応援する方法も気力も変わってくる。

カバーアルバムは確実に出してくれるよね。
カバーさせてもらう他のアーティストとの兼ね合いもあるだろうし。
本当に楽しみ。

ライブはまだよく分からない。
剛君自身も、どうなるのか知っているのか知らないのか。
状況がさっぱり。

待ち遠しい気持ちは抱きながら、信じて楽しみにしている。
待っているだけでいいのかは分からないけど。


歌声が聴ける機会が増えてほしい。
これは剛君への要望もありつつ、私自身への希望。

忙しいと、音楽を聴き流すことが多い。
聴き流さなくちゃいけない時もある。
そういう時って、大好きな音楽は絶対聴かない。
聴き入っちゃうから。

ライブなら思う存分音楽に集中出来るけど、普段はそうもいかない。
アルバムも出すみたいだし、ゆっくり音楽を聴く時間を増やしたい。


そういえばLFの更新、最近ちょっと増えてきた?
嬉しい。

明日も早いから寝よ。

ファン層

某笑顔動画やtwitter。
大半がKinKi Kids二人のファンだけど、剛君ファンとかKinKi Kidsファンでも剛君の方が好きという人が多いように感じた。

twitterは剛君が公式で情報を拡散していたのが大きいだろうから納得。
動画サイトは年齢層の表れかな。


剛君って結構若いファン多いよね。
特に年齢で良い悪いが決まるわけではないけど、広く認知されているのは嬉しい。

私と同年代はドラマを見ていた人が多い。
その影響かな。
ファンというよりも、「何となく好き」「いいよね」くらいが多数だけど。


海外在住の日本人や外国人も意外にいる。
剛君ファンの知人数人が海外に留学していたり、現在住んでいたり。
例に洩れず、私もそうだけど。
…単に類友かもしれない。

高校の後輩の韓国人の友人は、日本の歌手には殆ど興味がなかった。
でも、剛君の名前を知っていた。
その子の友達が剛君のファンだったそう。
今は知らないけど、結構いるもんだよね。


最近知り合った年下の女の子。
私が剛君を好きだと言ったら、「歌、上手いよね。」と言った。
そういう印象なんだ。

私の母も「剛は上手い」と言っていた。
ファンではない時からそんな印象があった。
世間的にはやっぱり歌が上手い印象が強いんだと思う。


最近は演技をしていないから分からないけど、彼は演技も上手い。
でもその印象って歌唱力に押されてる気がする。
どちらも素晴らしいと思うから、ちょっと勿体無い。
また演技が見たいな。



病院に行ったら「背骨の一部に異常が見られる」と言われた。
長時間立っているのが辛い。
背中から腰にかけて痛い。

母の手術やリハビリもある。
お願いだから、酷くならないで。

堂本剛とFashion & Music Book 20130216

堂本剛とFashion & Music Book
2013年2月16日放送
を聞いて。


色々話をしていたのだけど、聞いていたし覚えている。
でも、全部持って行かれた気分。
ライブの話に。

剛君自身、今はどうなるのか分かっていないよう。
まだ剛君の所までお知らせが来ないらしく、他の剛君ファンもちょっと動揺している。

時期的問題か、場所か、それ以外か。
東では難しいのかな。
彼も事務所も大変だろうし、無理はしてほしくない。
でも、出来れば剛君の生の歌声が聴きたい。


新しく仕事を始める。
来月いっぱい、また忙しくなる。
忙しくても予定を合わせて行くから、ライブの話、少しでも前進してくれるといいな。
剛君自身にも、関係者の方々も、応援しています。

どんなもんヤ 20130211-13

今更ながら。
「KinKi Kids どんなもんヤ!」
2013年2月11-13日放送分
日付が正しいか分からないけど、上記を聞いて。


「どんなもんヤ!」ってあんまり聞かないから知らなかったけど、声のトーンが「堂本剛とFashion & Misic Book」とは少し違かった気がする。
KinKi Kidsとしての意識とかあるのかな。
ソロの時の方が落ち着いていて、ゆったり聞けて、「どんなもんヤ!」ではちょっと面白おかしく話している印象。

とりあえず聞いていて思ったのは、「紙芝居を読んでほしい」ということ。
別に紙芝居が好きなわけではないのだけど。

声の抑揚がそれっぽかった。
子供に理解しやすい話し方で、且つ声が柔らかい。
是非、一度読んでみて欲しい。


蕎麦が啜れない女の子の話。

私も啜れない。
あれは可愛い子ぶっているわけではないのです。

猫舌。
食べ方が下手過ぎて、顔に汁が飛ぶ。
それ以前に啜り方がよく分からなくなってきた。
海外生活で身についた習慣もあるし。

女の子に対して、ちょっと不信感を抱いているような発言をしている時がある。
流石にいつも可愛い子ぶっていたら大変。
疲れちゃう。
そういう子もいるだろうけど、全体を通したら本当に極一部じゃないかな。
その極一部に含まれる芸能人は決して少なくないのだろうけど。


あと、「うん」が可愛い。
間を置く為か、よく「うん」って挟む。
それが小さい子を連想させる。
真剣な話とかでも、ゆったりした雰囲気を作り出していて、凄くいいと思った。

「街、好きだな。」って再認識した最近。
なんでこんなに好きなのかと疑問だった。

ふと思い出したけど、「街」は剛君のファンになる前から知っていたんだよね。
ドラマは見ていなかったし、CDをレンタルした覚えもない。勿論、購入もしていない。
音楽番組には興味なかった。
なぜ。

しかも歌詞を知っていた。
印象的で、経緯が記憶には残らない程度に、そこそこ好きだったのかな。



「全体的により落ち着いた感じで、荒っぽさが消えた。
戦うことよりも先を、より愛情を持って聴こえる。」
って書いた。

ちょっと考えたんだけど、戦い方が変わっただけかな。
こんなこと、想像でしかないけど。

当時の剛君を知らないだけに、特にどうってわけではないんだけど。
昔と今とでは、剛君の口にする「愛」の形が変わった気がする。

昔は愛情を求めていた。
今はなるべく相手に期待しないで愛を語るようになった。
…ように感じる。

そして、一概にはどちらがいいとは言えない。
前者は恋愛では普通。
後者は家族愛としては当然かな。無償の愛みたいな。


守りたいモノが変わったのかな。
やりたい音楽や今やっている音楽は変わってきていると思うけど。

前回「生の音楽が好き」というようなことを書いた。
生の良さが今回のrearrengeでも感じられる。
当時の刺々しさと若さが強調された「街」と、包容力があって穏やかな「街」
最新の方はまだ聴き込んでいないけど、どちらも好きだな。

それにしても、何年経っても名曲は名曲だよね。
歌詞も10年経った今でも共感出来るし。
他の剛君ファンにも愛されていると感じる。

まだ発売日も発表されてないのに、内心凄く盛り上がってる。
アルバム、本当に楽しみ。

バレンタイン

高島屋、小田急、京王、伊勢丹。
とりあえず新宿でバレンタインチョコ探し。

自分で作るのはガトーショコラのみ。
毎年生チョコ、トリュフ、クッキーやタルトを作っていたけど、ちょっと面倒だから。


どの人にも、いつも伝えられるだけの愛情は伝えているつもり。
いつ誰がいなくなっても後悔しないように。

でも、こういうイベントはまた別の愛を伝えられる気がする。
自分も相手も、「バレンタインだから」という理由で、日々の感謝を受け取りやすくなる。


女の子達がキラキラしているのを見るのも好き。
百貨店では笑顔の女性で溢れてる。
幸せのおすそ分けをしてもらった気分。

異性に限らず、好きな人に照れずに愛情を伝える日。
きっといつも以上に笑顔が見られる。


手作りも購入したチョコも、喜んでもらえるといいな。

免許

一昨日無事卒業。
昨日学科試験合格で免許取得。
今日若葉マークを買って、そこから家まで走行。

順調に進んでる。
運転技術は進んでないけど。

昨日の学科は大体合格できるって思っていたから、緊張はしなかった。
そのかわり、一昨日と仮免許前は緊張した。
教習所にいた二週間でどれだけ胃薬を飲んだか。

その度に、「寧日」を聴いていた。
他の曲も聴いていたけど、この曲は特に落ち着く。
お世話になりました。


皆免許取得祝いをしてくれた。
ありがとう。

これから徐々に慣れるように頑張ろう。

作詞

「優しさを胸に抱いて」
「雪白の月」

「最後に僕が〜辛いね」までと、「さようならと言われる〜」の下りが似ている気がする。

雪白の方は、自分から別れを切り出せずに辛い思いをさせたことを後悔。
優しさは、自分から告げた辛さ。
立場は違うけど。

より辛い立場の歌を歌ってるんだよね。
雪白を歌う何年も前に、そんな感情を描いてる。

剛君が精神的に成熟するのが早かった(ように見える)のは、その所為もあったのかな。


ついでに。
「愛のかたまり」の「クリスマスなんて〜」に「Anniversary」の全てが詰まってる気がするのは気のせいかな。

剛君の書く詩って、後のKinKi Kidsの曲と被ったりする。
プロの方がKinKi Kidsの為に作ってると思われる曲と被るってことは、作詞家は剛君をイメージして書いたりするのかな。

…まあ、殆ど偶然だろうけどw
偶然でも、プロの方と感性が似てるってことだよね。
しかも先駆け。

普通にアイドルやってたら、感性なんて求められない。
でもアーティスト色を出す前から、剛君は感受性が強くて、更にそれを表に出していたんだね。
その頃からずっと続けてきて、今でも(多くの事務所の男の子達には求められることさえない)活動が出来るって凄い。

…言いたいことって文章にすると意味が変わる気がする。



なんて書いてたら、川越に教本忘れてきた。
焦る。

カバ?アルバム

車乗った。
終わってからもう一度確認。
更にラジオも少しだけ聞いた。最初の方だけ。

やっぱり本当なんだよね。
ラジオの内容まで思い描ける夢ってないもんね。
「カバ」なんて思いつかない。

何が入るのかドキドキ。


女性の曲もあるかな。
声が高いし、男性っぽさがあまりないから、女性シンガーの歌とか似合いそう。

「街」が入るのが嬉しすぎる。
昔は若さ故の良さがあった。
今歌ったらより深みが出るだろうとは思ってたけど、やっぱりよかった。

「愛を刻もう」の「を」の発音がいい。
ふぁってする。

全体的により落ち着いた感じで、荒っぽさが消えた。
「今日も戦ってたいな」が特に。
戦うことよりも先を、より愛情を持って聴こえる。
ちゃんとジックリ聴きたい。


「優しさを胸に抱いて」はあまり聴いたことがないけど、十代の頃に作った歌だよね。
凄く純粋な歌。

「剛君って根の部分は変わらないな」って思った。
君を傷付けるから、まだ好きで別れたくなくても別れる。
自分よりも他人優先で、でもその思いやりの仕方が、自己犠牲が過ぎて悲しい。

今歌ったら、少し違うように聴こえるのかな。

以下妄想が続きます。


T. M. Revolutionとかも歌ってたらいいな。
番組も一緒に出てるから、許可も取りやすそうだし。
…そうでもないのかな。

あとは、絶対にあり得ないけど、RADWIMPSの「愛し」
中学時代に流行って、未だに好き。
「おしゃかしゃま」みたいなテンポの曲も聴きたいかも。

個人的趣味すぎるけど、ZARDの「永遠」「You and me (and...)」とかも似合いそう。
「堂本剛の正直しんどい ジャニーズSP」のカラオケで、女の子達が「永遠」を歌おうとしてて、是非剛君に歌ってほしかった。


こうやって書き出してみると、好みが分かりやすい。
バラードが好き。
剛君の歌い方や声って、ゆっくりしたテンポやロングトーンが似合うと思う。

斬新だけど、特典とかでいいから子守唄付けてくれないかな。

カバーアルバム?

ほんの数時間で下がったけど、38.5以上熱出た。
しかもラジオの時間に。
今は5度代に戻り、twitterを見た。

?カバー?
剛君カバーアルバム出すの?
最近某動画でカラオケ特集見て、「アルバムほしい」って思ったばかり。

まだ寝てるとかないかな。
直接聞けなかったから、デマだったらどうしよう。

本当かな。
本当なら凄く嬉しい。

しかも「街」も入ってるって書いてあった。
嘘だったら嫌だからまだ信じられない。
なんで今日に限ってラジオ聞かなかったんだろう。


まだちょっと混乱してる。
熱で夢見てるだけとかかも。
だったらまだ起きたくない。
寝よ。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。