スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうさんコメント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ゆうさんへの返信4

そういえば、今日は健生君の誕生日。
間に合ってよかった。

お誕生日おめでとうございます。
最近会ってないし、このブログを見てる確率なんてほぼゼロですが。

365日、必ず誰かの誕生日が来るけど、やっぱり知っている人の誕生日はそれだけで嬉しい。
これからも幸せな毎日が過ごせますように。
God bless you.


以下返信

お久しぶりです。
お元気でしたか。


ゆきさんという方がどなたかは存じ上げませんが、価値観の似た人なのでしょうか。
もし育ってきた環境が似ているのでしたら、是非一度お会いしてみたいです。
少しでも似た環境で育った人を知らないので、剛君がそのような方と縁を繋いでくれたのであれば、私としては嬉しい限りです。


言っていることが変わるのはいけないことでしょうか。
環境適応能力が高いということで、とても素晴らしい事だと思っていましたが。
頑固に一つのことを追い求めるのもいいですが、変化に対応できなければ、人は生きていけません。

何かを忘れるということも、人間であるならば必ず体験します。
もし、ゆうさんが今まで自分が言ったこと・行ったことを記憶しているのであれば、尊敬します。
今後の医療の為、是非研究に協力してほしいですね。
アルツハイマーの治療方法が解明されるかもしれません。


剛君のことは、単純に音楽や演技が好きだから語っています。
ですが、光一君ファンについては、心理学観点での興味から色々と書いています。
どちらも私の趣味です。

悪趣味だとは思いますが、心理学は小学生時代からの私の趣味です。
ゆうさんも好きな人の悪口を聞くのが楽しいとのことなので、お互い趣味が悪いのでしょう。

脳の構造、脳内で分泌される物質から、記憶の原理、それに伴って生まれる感情。
ネット上で身近にいる光一君ファンがどのように感じているのかを考えるのが楽しいのです。
勿論、心理学面だけでなく、私の感情も書いているので、それが全てとは言いませんが。


少々誤解をされているようですが、私は光一君ではなく、光一君のファンのアンチです。
光一君については、以前「なんとなくこういう人に見える」というリストを作成しましたが、嫌悪感を抱いたことはありません。

今回も、光一君ファンについて書いただけで、光一君には触れていません。
無意識にご自分と光一君を同一視しているのではないでしょうか。
「剛君オンリーは情緒不安定というよりは被害妄想でひねくれた方が多いのこなと感じます。」とありますが、ゆうさんは同一視による被害妄想をしていますよね。

お分かりかと思いますが、そのような状態はあまり良くありません。
気を付けた方がいいですよ。


私の知る剛君のファンは、自分の痛みを知っているからこそ、他人の痛みにも敏感です。
とても、「自己愛が強くて自分の傷みには敏感に他人の痛みには鈍感。」とは思えません。
他人の痛みに鈍感な人は大抵、痛みを感じた事が無い人です。

ゆうさんのコメントにあった「アス○ル○ーのようですね。」という言葉は、自分の周りにアスペルガーの人がいなかったから言える言葉でしょう。
これもまた、自分が経験していないからこその発言です。

私の通っていた小・中学校には障害者がいましたし、その他のボランティアで関わったこともあります。
アスペルガーの方を差別する発言は、最低です。


前回「最後になりますが」と仰っていたので、もう書き込みは戴けないと思っていましたが、コメントありがとうございました。
地域によっては、雪が降り、とても寒い日が続いています。
お身体に気を付けて下さい。

シャーマンラブさんのコメント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

シャーランラブさんへの返信

「視点で変わるプロ意識」にコメント戴きました。

当日に返すのは初めて。
ちょうど椎名桔平さんの番組が終わったので。

なんか名前の割に剛君への愛情が感じられないのは、仕様でしょうか。
以下返信。


初めまして。
コメントありがとうございます。

剛君が「東京は嫌い」と仰っていたのは初めて聞きました。
色々な人がいますし、混沌としているので、嫌いな人がいるのはしょうがないでしょうね。
私も好きなところもあれば、嫌いなところもあります。

何時、何での発言か気になりますね。
「はっきりと、東京は嫌い。」と書かれていたということなので、手元にソースがあるのでしょう。
以前、ゆうさんという方にもお願いしたのですが、ソースを戴きたいです。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

「奈良に帰りたい。」ということは何度か仰っていますね。
お仕事だけ東京に出てきている方は沢山いますし、家を二つ持つことも可能でしょう。

ただ、剛君の発言を聞く限り、今すぐというよりも結婚後のような気がします。
剛君の発言を良く知っていらっしゃるシャーマンラブさんでしたら、ご存じでしょうが、昨年末のラジオでもそのように仰っていたので、その予定なのでしょう。

結婚の予定はまだ発表されていません。
お相手の方の希望もあるでしょうし、剛君が奈良に帰りたいと言っているからといって、それが叶うとは限らないでしょう。
結婚後、本当に剛君が望むのであれば、奈良に帰るのが最善だと思います。

場所なんて、何処でもいいと思います。
やりたい音楽が出来れば。
言ってしまえば、やりたい音楽がなくなったら辞めて、またやりたくなったらやればいい。
剛君の音楽ってそんな自由な音楽なんです。私にとって。


「奈良に帰ってくれたら、沢山のファンが、喜んでくれるし、剛君ありがとうと感謝されますよ。歌でたくさんの人を救いたいのなら、今すぐ実行して下さい。」
というのは賛同しかねます。
奈良に帰るから喜ぶ、というファンはあまりいないと思います。
奈良で楽しく生活してほしい方ならいるでしょうが。

「視点で変わるプロ意識」に書いた通り、自分の発言に責任を持つことだけが、プロのすることだとは思いません。
「自分がやりたいことをはっきりさせ、出来る限り行動に移す。」
彼は求められたことをただ熟すだけの仕事ではなく、自己主張によって成り立つ仕事をしています。
出来ない事があるのは当然です。
ただ自分の発言の責任を取る為だけに奈良に帰るなら、帰らなくてもいいと思います。


シャーマンラブさんを含め、応援してくれる方が多くて、剛君も幸せでしょうね。
戦うことを望むわけではありませんが、私も剛君の夢が叶う事を願っています。

視点で変わるプロ意識

またまたメモ。

プロ意識。
何に対して持つか。

歌手なら、歌に対してのプロ意識。
常日頃から喉のケアをしたり、発声方法を変えたり。
人によっては喋らなかったり、刺激物を控えたり。

日本的アイドルなら、自分のキャラクターを意識して、ニーズに応える。
可愛いイメージだから幼く振舞ってみたり、笑顔を見せたり。

研究者なら、成果を出す最短方法を模索。
睡眠が必要なら寝る。12h/day寝ても、それで成果が出るならプロ意識がある。

最近問題になっている教師だって、100%愛情の体罰を教師としての最善とする人も多いだろう。
でも、生活上の善悪を教えなくても、勉強さえ教えればそれでいいという教師だっているし、それを求める親がいるのも事実。


最終目的が異なるなら、持つ意識は違う。
それを否定するのはどうかと思う。


願望を全て叶え、完全に欲求を満たせる人なんていない。
それでも、自分がやりたいことをはっきりさせ、出来る限り行動に移す。
そんな剛君をプロ意識のない人なんて言えない。

そうやって言ってる人って、自分=ファンのニーズに応えてくれる人しか「プロ」と認めないんだろうな。
ファンは自分や、たった数人数十人のお友達だけじゃないことを分かっていない。

まあそれ以前に、ファンのニーズに応えるのがプロ意識なんて思えないけど。
自分のニーズを素直に受け止め、それに応えられる人っていうのが、まず生物・人間としてのプロ。
それさえ出来ていない人が沢山いる中で、それを最優先に出来る人こそプロだと思うけどな。

twitterの光一君オンリー

なんか検索に引っ掛かってしまった、光一君オンリーのtweet。
茗荷@myogarin。

あれは何だろう。
もういっそ、光一君のファンというよりも、歪んだ愛情を持った剛君ファンなのではないかと思えてくる。

ついつい好きな子の悪口言っちゃう小学生。
痴漢して、嫌がったり怖がったりしてる様子に興奮するストーカー。
とかと同じかな。

これは誹謗中傷の罪を犯す全ての人に言えるけど。
自分が優越感に浸れないと憤慨し、自分より弱そうな人や傷つけやすそうな人に嫌がらせをして優越感を得る。
道徳観や倫理性の欠如。
感情の自己制御能力が異様に低い。

いずれにせよ、育ってきた環境とそれによって形成された性格が歪んでいる。
愛情不足のまま大人になったんだろう。
これが極端に出ちゃうと、サイコパスとされることもある。


ちなみに「反動形成」という心理がある。
「意識された内容が、自我にとって受け入れ難い場合、それとは反対の言動をとることで抑圧を強化しようとする心的過程。」
参照: 心理学用語集

上記で「光一君ファンは、剛君を好きなんじゃないかとさえ思える。」と書いたのは、彼女達に反動形成の心理が働いているとも考えられるから。

小学生が好きな子を虐めるのは、まだ善悪の判断がつかず、また経験してきた感情の少なさ故に共感性が低いからだと思う。
でも、大人になって、明確な根拠もなく誹謗中傷することによって他人を傷つける行為は、単なる犯罪。


人間の心理って面白くて、人を助けることもあれば、殺すこともある。
結局心理学を学んでも、今いる犯罪者・予備軍を救える確率は限りなく低い。
私には彼女達をどうすることも出来ない。
彼女達が、今受けている愛情を正しく受け取れるようになれればいいな。



それにしても、光一君のファンはなんであんなに精神的に不安定なんだろう。
性格も口調も似てるし。
似たような環境で育ってきているのかな。

ちょっと光一君に興味が湧くわ。
なんでそんなに情緒不安定+他人に攻撃的な人に好かれるのか。

逆にそういう人を惹きつけられれば、カウンセラーとかは仕事がしやすくなるのでは?
無関心よりも関心を持ってくれるのが一番だからね。

それとも、良い方にも悪い方にも人目を惹く剛君が凄いのかな。
関心を引きやすいと大変だけど、それもそれで有利な気が…。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。