スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生死

剛君の音楽にしても、他の音楽にしてもそうだけど、生を意識した音楽が好き。
それは、「死ぬのが嫌だ」って足掻いていても、「生きているのが辛い」と歌っていても同じ。

生は、生物が生物である為に必ず必要なこと。
その為に食べるし、その為に寝る。
勉強も仕事も、全てが生きる為。

音楽は本来、祈りや感謝を表現するものだったはず。
そして、それは自分達の生命継続への感情だった。

私は、その本質を見失わない音楽が好き。


昔よりは寿命も延びた。
風邪くらいじゃ死なないし、植物状態でも生き続けることが可能になった。

そうやって時代が変わるうちに、人間にとって本当に大切なモノを忘れてしまったように感じる。

まずは生きること。
愛して、愛されて、その為に死ぬならいい。

仕事のストレス、プレッシャー、虐め。
この前の剛君のラジオじゃないけど、自分であることが大切。
不必要なモノの為に、自分を諦めるのは矛盾している。

仕事なんて辞めちゃえ。
学校なんて行かなくたっていい。

意外にね、辞めてみるとやりたくなったりもする。
そしたらやればいいんだもん。


自殺を考えたことある人。
程度に差はあれど、多分想像以上にいる。
私はまだ生より死を意識する方が多いから、人のこと言えたタチじゃないけど。

だからこそ、生を強く感じられる音楽に惹かれ、憧れる。


勿論、過去に自殺を考えた人はそうでない人より優れてるなんて言わない。
言わないけど、少なくとも今持っている命をかけがえのないモノとして意識していると思う。
そして、今自殺を考えている人は、その意識が芽生えるまで、ゆっくりしてればいいんじゃないかな。
苦しいだろうけど。




前にも書いたかもしれないけど、以前から変わっていない考えを再確認する為に。

失礼な物言いに聞こえるかもしれない。
でも、何かに対して恐怖を感じるって素晴らしい。

恐怖は、生命の危機を知らせる感情だ。
それを感じないことは死を意味してると思う。

高所恐怖症、拒食症、対人恐怖症、閉所恐怖症、不潔恐怖症…。
あとは男性恐怖症も、ね。

こんな言い方だと、マゾヒストのようだけど、恐怖は生きていることを証明してくれる大切な感情なのだ。
(正確に言うと、扁桃体の働きによる感情であり、恐怖を感じないのは、扁桃体異常の所為だが。)

恐怖症悪化の為の死亡例もある。
過度の恐怖は生命維持から遠ざかってしまう。
でも、頑張って生きようと思って感じる感情だから、あってよかったと思う。


ちなみに、扁桃体は好き嫌いをコントロールする部位。
「恐怖を感じない=扁桃体異常=何かを好きになることもない」のかな。
スポンサーサイト

仮免許

昨日仮免許取得した。
今日から路上で運転する。

埼玉の方々には御迷惑お掛けします。


仮免許試験前、Say Anythingと寧日、BUMP OF CHICKENのナイフを聴いた。
目を瞑って、ちょっと口遊んだら少し緊張が和らいだ。
音楽の力は偉大。

同室の女の子達の喋り声や騒音をシャットアウトするのにも役に立ってる
ただ、剛君の曲を聴いてると、曲に集中してしまって、勉強も読書も出来なくなるけどw

LF 2013/01/29

Love Fighter。
テンション上がった。
剛君、ありがとうございます。

最近LF来ていなかったから、何か進展があったのではないかとちょっとドキドキ。
急かす気はないけど、やっぱり生の歌声を聴きたくなる。


スマホだから誤字脱字確認不足かも。

ミキワメ

ミキワメっていう、仮免許の試験を受けていいか判断するヤツ。
OKだった。

手震えて腕に力入らないし、心臓痛いし、心拍数半端ないし、食べた物出てくるしw
こんなんじゃ仮免許も本試験も無理。


ここ毎日寝る時に244 ENDLI-x聴いてる。
テンション上がりすぎない程度に、明るくなれる。


埼玉も空綺麗。
免許取って、一般道での運転に慣れたら、奈良行こう。
その頃に奈良か京都でライブあったらいいな。

美里さん、ありがとうございます。
パソコンが使えないので、ちゃんとした返信が出来ず、すみません。


昨日初めて運転した。

ブレーキを踏み忘れるのは仕様だと思いたい。
なんで忘れる?
本気で分からない。

反応が遅いのは生まれつきです。
早かったことがない。
ゆっくりマイペースに生きてきたので。

速度は30km/hが精一杯。
加速?なにそれおいしいの?

学科は楽。
楽しい。
車はスポーツカーなら見てるのは好き。
(そういえば、FWのイヤホンジャックは何処。)

運転怖い。
けど、また今日も一時間乗ってきます。


…パソコンないと不便。
スマホ打ちにくいよ。

りんさんへの返信2

トボけたことをしてしまいました。
見てしまった方はスルーして下さい。
すみませんでした。


以下返信

ただ思ったことを書いているだけなので、何も特別なことはないですよ。
でも、少しでも不快な気分が和らいだなら嬉しいです。


実際には歪んだ愛情を愛情と呼んでいいのかは分かりませんが、光一君ファンが剛君を無視出来ないのは、彼に強い感情を抱いているからですよね。
可愛さ余って憎さ百倍なのでしょう。


私は剛君本人ではないので、正確なことは言えませんが、りんさんが剛君の幸せを願っているだけで、彼は幸せだと感じてくれると思います。
剛君を傷付けられるのは悲しいですが、彼自身がそうしているように、それを逆にプラスに出来ればいいですね。

美里さんへの返信2

またまた長々と書いてしまいました。
反省しています。
が、すみません。そのまま保存します。
面倒でしたらクローズして下さい。


以下返信

エンドリ時代からのファンなのですね。
当時は受験と留学で全く知らなかったのですが、エンドリは色があっていいですよね。

私は急に「愛犬ロシナンテの災難」が見たくなって、見たら嵌ってしまいました。
なので、全て聴いたわけではありませんが、歌はKinKi Kidsから聴き始めました。

本当に好きな曲が数曲ありますが、やっぱりソロは別格ですよね。
曲を一番理解しているのは、作った本人以外ありえません。
剛君も同じようなニュアンスのかとを仰っていましたが、込められた感情が違います。

…話がズレましたが。

好きという感情は、自然に発生しますから、無理に好きになる必要はないですよね。
生理的に受け付けない人もいます。


「twitterの光一君オンリー」に書いたこととは別の心理も働いているでしょうね。

悪口は、特定の人物や事柄を共通の敵と認識していないと出来ません。

以前、どれかの記事に書きましたが、仲間作りの最短は敵作りです。
疎外感を感じている彼女達には、素晴らしく効率的に思えたのだと思います。
疎外感を取り去ってくれるのですから、悪口を言っている時に楽しそうなのでしょう。

勿論、敵と認識されるまでの過程は省略しているので、嫌悪を抱くきっかけは別にあったと思います。
ただ、悪口で仲間が増え、一定の安心を得たことで、悪口を利益になり得ると認識したのでしょうね。

当然ながら、全ての人に当てはまる見解ではないので、反論されるかもしれませんが。


剛君が、光一君のファンが抱えている彼と無関係な問題への不満の捌け口になっているようにも感じます。
(この前書いたことと矛盾して聞こえますが、どちらの感情も併せ持つことは可能です。)

誰かに助けを求めるのでしょうね。
一時の安心の為、後々更に疎外感を感じる。
悪循環になっていることに気付いていないのか疑問です。


波長が合っているのですかね。

同一視するということは、そうなのかもしれません。
全く共感出来ない人と自分を重ね合わせることは不可能ですよね。

本当に似ているのか、似てると思い込んでいるだけなのかは疑問ですが。


すみません。
ちょっと訂正しました。

合宿

荷詰め。
まだ。

(事故る)覚悟。
まだ。

(犬を置いていく)覚悟。
完璧。


向こうでやることは、読書。
第二次世界大戦のナチス政権下、ユダヤ人虐殺の実体験。

"Night" by Elie Wiesel
"…trotzdem Ja zum Leben sagen: Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager" by Viktor E. Frankl

上記はアメリカの高校の授業教材。
もう一度読み返したくなった。

Franklの本は、心理学者の実体験。
生存者の共通点、人間の異常行動の原因とその内容。


戦争はいつ巻き込まれるか分からない。
現に最近、アルジェリアのテロで人質にされた日本人が殺害されている。

自分がもしその場にいたら、どんな行動がとれるか。
Wieselのように神様の存在さえも否定してしまうのか。

今巻き込まれている人達が救われる手段は?
日本国内でも、いじめ問題など、似たようなことが起こっているのでは?


折角の合宿。
暇な時間も多いだろうし、読書しよう。


…お風呂、時間帯とか何時間とか決まってたらどうしよう。

カラオケ

行ってきた。
久々。

殆ど男性の曲。
Mr.ChildrenやBUMP OF CHICKEN、RADWIMPS、ポルノグラフィティ…。
女性はYUIとか安室奈美恵、宇多田ヒカル、時代がとんで中森明菜と山口百恵。
剛君のソロ数曲と本人映像有のKinKi Kidsも歌った。

なんだろう。採点バトル。
奇数しか出ないw
ちょっと面白かった。

…やっぱりポルノ、YUI、w-inds.の曲は歌いやすいな。


ところで、KinKi Kidsの本人映像について。

「愛のかたまり」
なんで半袖なのさw
南半球のクリスマスかと思うわ。
ホントに口開かないで歌うね。

「Anniversary」
アシメの髪型は結構好きだったけど、本当にいいね。
凄くマニアックだけど、アップになった時の右のおでこにかかる前髪が可愛い。
幼稚園の男の子みたい。
椎名桔平さんと同じくらいの長さ。好き。

「僕の背中には羽根がある」
荒太好き。
ちょっと表情が違うけど、荒太を連想させる最初のシーンが好き。
犬と剛君。

ついでに「雪白の月」
「TRUE LOVE」みたいに、藤井フミヤ×堂本剛で歌ってほしい。
剛君の方が声が軽いから、ハモリは上で。
二人の声にあった曲調だと思った。

また近々、剛君のコラボorカバーが聴きたいな。

美里さんへの返信

とても丁寧な文章で拍手コメントを戴きました。
凄く嬉しいです。


以下返信

初めまして。
コメントを戴き、ありがとうございます。

思ったことを書き綴る、まるで落書きの様な内容のブログで読み辛いでしょうが、興味を持っていただき光栄です。
私が個人的に興味を惹かれるモノについて書いているので、同じような事柄を思考する方がいるのはとても嬉しいです。


たまに酷い言葉で中傷する人がいますが、美里さんは大丈夫ですか?
ネット上とはいえ、人を傷付ける為に書かれた言葉は悲しいですよね。
謂れのない事で傷ついていないか、とても心配です。


光一君に興味を持たない方は沢山いると思います。
剛君とは思考や性格、活動範囲が異なるので、当然です。

ただ、彼自身には関心が無くても、ネット上あるいはコンサート会場での光一君ファンの言動から、彼女達に不満を抱くこともあるでしょう。
それに対して、あたかも否定されているのが光一君であるかのように振舞う。

私も彼女達が何故そのような行動をとるのか、とても不思議です。
自分を芸能人と同一視することや、自分とは異なる意見を持つ人を排除しようとする姿勢を見るに、疎外感を感じやすいのでしょうね。


長々と失礼致しました。
貴重なお話、感謝します。
ありがとうございました。

ゆうさんコメント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ゆうさんへの返信4

そういえば、今日は健生君の誕生日。
間に合ってよかった。

お誕生日おめでとうございます。
最近会ってないし、このブログを見てる確率なんてほぼゼロですが。

365日、必ず誰かの誕生日が来るけど、やっぱり知っている人の誕生日はそれだけで嬉しい。
これからも幸せな毎日が過ごせますように。
God bless you.


以下返信

お久しぶりです。
お元気でしたか。


ゆきさんという方がどなたかは存じ上げませんが、価値観の似た人なのでしょうか。
もし育ってきた環境が似ているのでしたら、是非一度お会いしてみたいです。
少しでも似た環境で育った人を知らないので、剛君がそのような方と縁を繋いでくれたのであれば、私としては嬉しい限りです。


言っていることが変わるのはいけないことでしょうか。
環境適応能力が高いということで、とても素晴らしい事だと思っていましたが。
頑固に一つのことを追い求めるのもいいですが、変化に対応できなければ、人は生きていけません。

何かを忘れるということも、人間であるならば必ず体験します。
もし、ゆうさんが今まで自分が言ったこと・行ったことを記憶しているのであれば、尊敬します。
今後の医療の為、是非研究に協力してほしいですね。
アルツハイマーの治療方法が解明されるかもしれません。


剛君のことは、単純に音楽や演技が好きだから語っています。
ですが、光一君ファンについては、心理学観点での興味から色々と書いています。
どちらも私の趣味です。

悪趣味だとは思いますが、心理学は小学生時代からの私の趣味です。
ゆうさんも好きな人の悪口を聞くのが楽しいとのことなので、お互い趣味が悪いのでしょう。

脳の構造、脳内で分泌される物質から、記憶の原理、それに伴って生まれる感情。
ネット上で身近にいる光一君ファンがどのように感じているのかを考えるのが楽しいのです。
勿論、心理学面だけでなく、私の感情も書いているので、それが全てとは言いませんが。


少々誤解をされているようですが、私は光一君ではなく、光一君のファンのアンチです。
光一君については、以前「なんとなくこういう人に見える」というリストを作成しましたが、嫌悪感を抱いたことはありません。

今回も、光一君ファンについて書いただけで、光一君には触れていません。
無意識にご自分と光一君を同一視しているのではないでしょうか。
「剛君オンリーは情緒不安定というよりは被害妄想でひねくれた方が多いのこなと感じます。」とありますが、ゆうさんは同一視による被害妄想をしていますよね。

お分かりかと思いますが、そのような状態はあまり良くありません。
気を付けた方がいいですよ。


私の知る剛君のファンは、自分の痛みを知っているからこそ、他人の痛みにも敏感です。
とても、「自己愛が強くて自分の傷みには敏感に他人の痛みには鈍感。」とは思えません。
他人の痛みに鈍感な人は大抵、痛みを感じた事が無い人です。

ゆうさんのコメントにあった「アス○ル○ーのようですね。」という言葉は、自分の周りにアスペルガーの人がいなかったから言える言葉でしょう。
これもまた、自分が経験していないからこその発言です。

私の通っていた小・中学校には障害者がいましたし、その他のボランティアで関わったこともあります。
アスペルガーの方を差別する発言は、最低です。


前回「最後になりますが」と仰っていたので、もう書き込みは戴けないと思っていましたが、コメントありがとうございました。
地域によっては、雪が降り、とても寒い日が続いています。
お身体に気を付けて下さい。

シャーマンラブさんのコメント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

シャーランラブさんへの返信

「視点で変わるプロ意識」にコメント戴きました。

当日に返すのは初めて。
ちょうど椎名桔平さんの番組が終わったので。

なんか名前の割に剛君への愛情が感じられないのは、仕様でしょうか。
以下返信。


初めまして。
コメントありがとうございます。

剛君が「東京は嫌い」と仰っていたのは初めて聞きました。
色々な人がいますし、混沌としているので、嫌いな人がいるのはしょうがないでしょうね。
私も好きなところもあれば、嫌いなところもあります。

何時、何での発言か気になりますね。
「はっきりと、東京は嫌い。」と書かれていたということなので、手元にソースがあるのでしょう。
以前、ゆうさんという方にもお願いしたのですが、ソースを戴きたいです。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

「奈良に帰りたい。」ということは何度か仰っていますね。
お仕事だけ東京に出てきている方は沢山いますし、家を二つ持つことも可能でしょう。

ただ、剛君の発言を聞く限り、今すぐというよりも結婚後のような気がします。
剛君の発言を良く知っていらっしゃるシャーマンラブさんでしたら、ご存じでしょうが、昨年末のラジオでもそのように仰っていたので、その予定なのでしょう。

結婚の予定はまだ発表されていません。
お相手の方の希望もあるでしょうし、剛君が奈良に帰りたいと言っているからといって、それが叶うとは限らないでしょう。
結婚後、本当に剛君が望むのであれば、奈良に帰るのが最善だと思います。

場所なんて、何処でもいいと思います。
やりたい音楽が出来れば。
言ってしまえば、やりたい音楽がなくなったら辞めて、またやりたくなったらやればいい。
剛君の音楽ってそんな自由な音楽なんです。私にとって。


「奈良に帰ってくれたら、沢山のファンが、喜んでくれるし、剛君ありがとうと感謝されますよ。歌でたくさんの人を救いたいのなら、今すぐ実行して下さい。」
というのは賛同しかねます。
奈良に帰るから喜ぶ、というファンはあまりいないと思います。
奈良で楽しく生活してほしい方ならいるでしょうが。

「視点で変わるプロ意識」に書いた通り、自分の発言に責任を持つことだけが、プロのすることだとは思いません。
「自分がやりたいことをはっきりさせ、出来る限り行動に移す。」
彼は求められたことをただ熟すだけの仕事ではなく、自己主張によって成り立つ仕事をしています。
出来ない事があるのは当然です。
ただ自分の発言の責任を取る為だけに奈良に帰るなら、帰らなくてもいいと思います。


シャーマンラブさんを含め、応援してくれる方が多くて、剛君も幸せでしょうね。
戦うことを望むわけではありませんが、私も剛君の夢が叶う事を願っています。

視点で変わるプロ意識

またまたメモ。

プロ意識。
何に対して持つか。

歌手なら、歌に対してのプロ意識。
常日頃から喉のケアをしたり、発声方法を変えたり。
人によっては喋らなかったり、刺激物を控えたり。

日本的アイドルなら、自分のキャラクターを意識して、ニーズに応える。
可愛いイメージだから幼く振舞ってみたり、笑顔を見せたり。

研究者なら、成果を出す最短方法を模索。
睡眠が必要なら寝る。12h/day寝ても、それで成果が出るならプロ意識がある。

最近問題になっている教師だって、100%愛情の体罰を教師としての最善とする人も多いだろう。
でも、生活上の善悪を教えなくても、勉強さえ教えればそれでいいという教師だっているし、それを求める親がいるのも事実。


最終目的が異なるなら、持つ意識は違う。
それを否定するのはどうかと思う。


願望を全て叶え、完全に欲求を満たせる人なんていない。
それでも、自分がやりたいことをはっきりさせ、出来る限り行動に移す。
そんな剛君をプロ意識のない人なんて言えない。

そうやって言ってる人って、自分=ファンのニーズに応えてくれる人しか「プロ」と認めないんだろうな。
ファンは自分や、たった数人数十人のお友達だけじゃないことを分かっていない。

まあそれ以前に、ファンのニーズに応えるのがプロ意識なんて思えないけど。
自分のニーズを素直に受け止め、それに応えられる人っていうのが、まず生物・人間としてのプロ。
それさえ出来ていない人が沢山いる中で、それを最優先に出来る人こそプロだと思うけどな。

twitterの光一君オンリー

なんか検索に引っ掛かってしまった、光一君オンリーのtweet。
茗荷@myogarin。

あれは何だろう。
もういっそ、光一君のファンというよりも、歪んだ愛情を持った剛君ファンなのではないかと思えてくる。

ついつい好きな子の悪口言っちゃう小学生。
痴漢して、嫌がったり怖がったりしてる様子に興奮するストーカー。
とかと同じかな。

これは誹謗中傷の罪を犯す全ての人に言えるけど。
自分が優越感に浸れないと憤慨し、自分より弱そうな人や傷つけやすそうな人に嫌がらせをして優越感を得る。
道徳観や倫理性の欠如。
感情の自己制御能力が異様に低い。

いずれにせよ、育ってきた環境とそれによって形成された性格が歪んでいる。
愛情不足のまま大人になったんだろう。
これが極端に出ちゃうと、サイコパスとされることもある。


ちなみに「反動形成」という心理がある。
「意識された内容が、自我にとって受け入れ難い場合、それとは反対の言動をとることで抑圧を強化しようとする心的過程。」
参照: 心理学用語集

上記で「光一君ファンは、剛君を好きなんじゃないかとさえ思える。」と書いたのは、彼女達に反動形成の心理が働いているとも考えられるから。

小学生が好きな子を虐めるのは、まだ善悪の判断がつかず、また経験してきた感情の少なさ故に共感性が低いからだと思う。
でも、大人になって、明確な根拠もなく誹謗中傷することによって他人を傷つける行為は、単なる犯罪。


人間の心理って面白くて、人を助けることもあれば、殺すこともある。
結局心理学を学んでも、今いる犯罪者・予備軍を救える確率は限りなく低い。
私には彼女達をどうすることも出来ない。
彼女達が、今受けている愛情を正しく受け取れるようになれればいいな。



それにしても、光一君のファンはなんであんなに精神的に不安定なんだろう。
性格も口調も似てるし。
似たような環境で育ってきているのかな。

ちょっと光一君に興味が湧くわ。
なんでそんなに情緒不安定+他人に攻撃的な人に好かれるのか。

逆にそういう人を惹きつけられれば、カウンセラーとかは仕事がしやすくなるのでは?
無関心よりも関心を持ってくれるのが一番だからね。

それとも、良い方にも悪い方にも人目を惹く剛君が凄いのかな。
関心を引きやすいと大変だけど、それもそれで有利な気が…。

希望の役柄

個人的に見てみたい・剛君に演じてほしい役柄。

*医者
→長い台詞を淡々と喋ってみてほしい。
 気難しそうな人でも、親身な先生でもいい。
 総合病院であまり目につかないような科の先生とか似合いそう。

*苛められている子の父親
→「人間・失格」の赤井さん的ポジションで。
  子供が自殺のバッドエンドでなく、仕事をしながら子供を理解しようとする父親とか、親世代に共感されるような役をやってほしい。

*心療内科
→個人的趣味。
 対虐められっ子や引きこもりだけでなく、モンペや苛めっ子、ペットロスとか。
 秋葉原で開業した知り合いは、土地柄儲かっているらしい。

*動物専門の写真家
→オオカミと戯れるカメラマンの映像を見て。
 動物と触れ合っている時の表情が好き。

*政治家
→旬。
 真面目っぽく、腹黒く。金田一みたいに二面性を強調して。
 実際の政治家って背が小さい人多いし、身長も…。

*詐欺師
→政治家と同じ理由。っていうかもういっそ政治家が詐欺師w



なんて色々妄想してた。
そんなことでもしてないと、寒くて外歩くの嫌になっちゃう。

ドラマやるんだったら嬉しいけど、脚本が面白くないと見たくない。
色々な役が見てみたい。
でもTVもいいけど、ライブに行きたい。

…小学生以来、オンタイムでドラマ見たことないし、やっぱり演技みたいな。

金田一の演技

また金田一ネタ。
「堂本剛版 金田一少年の事件簿」を見ていると、なんだかんだ考えちゃう。



演技は上手ければ、後は個性の問題と言える。
歌も大学以上の勉強も一緒。
ちゃんと基礎•多少の応用が出来ていれば、比較する意味はあまりない。

ただ、それはある程度出来ていることが前提だ。

ちょっと言い方が悪いと思うけど。
言ってしまえば、「堂本剛版 金田一少年の事件簿」だって、一番最初の演技は酷かった。

でも、金田一の演技はすぐに改善された。
その後のドラマで、初回だけ演じきれなかったものもなかったと思う。
物語の展開に沿って、性格が変わることはあっても。


で、話が戻って。

後の金田一と剛君の金田一を比較する意味ってないと思う。
だって、松本君の時は別として、他はシリーズではない。

しかも微妙な演技同士を語っても…。


年齢も違う。
僅か15才で演じた金田一と18-9の金田一。
その時代の数年って大きい。
高校入学前と後じゃ精神的成熟度だって変わってくる。

他は知らないけど、剛君は確かドラマ初主演だよね。(違うかも。)

比較にならんだろ。
それでも、剛君の方が上手かったと言われてる。
他の人達はどれだけ酷かったんだw


もう結構言われてるけど、ジャニーズにやらせるのをやめればいいのに。
視聴率が欲しいんだろうけど、脚本が良く、キャストも原作に忠実で、演技力があれば、ジャニーズ主演でなくても十分視聴率は取れると思う。

そこまでして金田一を続ける意味があるのかは疑問だけどw
今の金田一は、「AKBと同じく炎上商法なのでは?」と思うくらい酷い。

炎上商法って、商品対象のタレントを精神的に追い詰めるだけではないのかな。
…いや、別に炎上させようという気なんてなかったかもしれないけど。

整形

韓国には整形する人が多いという話から。


外見は確かに印象を決める上では大切。
だけど、洋服や髪型、肌、メイクなど、整形しなくて改善出来ることは多い。

整形は生涯自分や他人に嘘を吐き続けることだと思う。

たまに整形を努力した結果みたいに言う人がいる。
整形手術の技術を身につけた医師は努力したかもしれないけど、単にお金貯めただけで努力って言われても…。

私はマナーとして、求められる時以外はメイクをしない。
素顔を見て、自分がどういう人なのか知ってほしいから。
性格は顔に出るって言うし。


韓国人の友達が数年前に整形した。
芸能人•一般人、男•女、子供•大人、関係なく、必要だったらするらしい。

どうして自分が生まれ、成長して形成された外見に自信が持てないんだろう?
なんで他人を生まれもった外見だけで判断するんだろう?


日本にもいるよね。
身近でも男性で二重+鼻の手術をした人を知っている。
他校だったけど、中学の同級生もしてた。
芸能活動してたからその一環だったんだろうけど。

アイドルとか、整形している人が多そう。彼女みたいに。
芸能界では珍しいことじゃないから、抵抗も少ないだろうし。


整形自体が悪いんじゃない。
整形をしなくちゃいけない、又はしたいと思わせる環境が悲しい。
まあ、ハロー効果とか、心理問題もあるから仕方がないのかもしれないけど。

生まれたばかりの赤ちゃんは、猿みたいな顔してる。
でも可愛い。

ありのままの姿が美しくなくてもいいこと、誰でも知ってるはずなのにな。

金田一

CMだったのか、放送中だったのか。
チャンネル変える時にちょっと見た。
金田一少年の事件簿。


見た感想。
とりあえず、メイクw
それしか覚えてない。
台詞とか髪型とか、突っ込んでいる人もいるみたいだけど。
一ちゃんってメイクするっけ?

横でリモコンを持った姉が私以上に言ってて、笑った。
…そんなにAKBの件が嫌だったのね。


ちょっと内容をtwitterで見た。
原作にある物語だよね。
どの話だったんだろう。

剣持さんがいないって本当かな。
明智さんやいつきさんがいないのは、まだ分かる。
でも、剣持さんがいないなんて。

スケボーするんでしょ。
コメディなのかな。



そんなことより、最近「堂本剛版金田一少年の事件簿 タロット山荘殺人事件」を見た。
あんまり意識してなかったけど、あれも結構な物語。

とりあえず、れいかちゃんが可哀想。

金銭や男性とのトラブル。
実の父親を殺した犯人を父親だと思ってて、その偽の父親を他人だと思っていた兄に殺され、兄は殺人犯に。
更に兄の自殺を止めようと手を掴むも、転落し、目の前で死亡。
しかも、唯一悩みを打ち明けられるほど信頼している金田一は、同い年の女の子と両想い。

設定が悲惨。
金田一シリーズの犯人とか、可哀想な人多いけど、犯人でもないのに。



…急がないと、昨日の雪で道凍結中。

愛のかたまり

寝る前にちょっと、メモ写し。


愛のかたまりのカバー。

山田君のファンは、別に誰が詩曲していてもよかったと思う。
いい曲なら。

KinKi Kidsのファンは否定派が多く、肯定派も大多数は「KinKi Kidsの二人がいいなら。」「KinKi Kidsファンが文句を言ったら、二人が悲しむ。」と、積極的ではない。

山田君は勿論、KinKi Kidsの二人共、今回のことに関しては考えなしだったと思う。
どちらのファンも得をしない。
ファンなんて関係ないというなら別だけど。

これが、
KinKi Kidsのファンは、「KinKi Kidsの方が歌唱力もあり、愛情もあるからいい。」と言い、
山田君のファンは、「山田君の方が、いい声だし…。」(言いそうなことが分からないw)とか言う。
そしてお互いの意見を見て、不快に思う。
なんてことになったら、最悪。


一つ言えるのは、以前も書いたけど、山田君はKinKi Kidsが「二人」であり、作詞作曲も「二人」であることをあまりに軽視しているということ。
山田君にも意見はあるだろうけど、自分の要望を受け入れてくれた先輩に対しての礼儀が見えなきゃ、社会人としてやっていけない。

それを学ばないのであれば、それまでの人。
KinKi Kidsのファンが憤りを感じるのもしょうがないかな。



さあ、寝よう。

免許

母の病院への見舞いの為、免許を取ることにした。

日本は免許を取るだけで何十万もするし、駐車料金も高く、免許保持者にあまり良心的でない。
何度か調べたが、やっぱり利点が見つからずに諦めていた。

でも、今月中に取らないと、通院時の送り迎えも出来ない。
ということで、合宿へ。

本当は関西、友達がいるから神戸か京都にしようと思ったんだけど、満室の為断念。
今月末から埼玉に行くことになった。


まだ東shipのお知らせは来ていない。
被ったら辛い…。

金田一少年の事件簿 実写版

最近、「金田一少年の事件簿」の特集が組まれていたらしい。
若い時の剛君。
今の私より若いんだよね。

台詞は硬いし、突っ込みどころも満載。
でも好感度は高い。
私は原作が結構好きだったから、実写版を見るのには抵抗があったけど、意外に良かった。
(見たのは1年位前。)

外見を似せようとしている印象は受けないのに、一ちゃんも美雪も、原作のイメージを壊さなかった。
あれは声の出し方、行動の一つ一つが、キャラクターに合っていたから。

男性芸能人には異様なくらい辛口の母や姉も、音声を聞いて興味を持ち始めたらしく、一緒に見出した。
意外すぎてドラマに集中出来なかったw

棒読みになるのは、非日常で漫画原作だから、なんとなく受け流せた。
カメラワークも、有り得ない設定も、漫画っぽさでカバー。

唯一気になったのは、
一ちゃん→時々訛る
美雪→巨乳じゃない
こと。
ちょっと勿体無かったな。


実写化で成功していると思えるやつって、他に何があるだろう?
GTO、DEATH NOTE、カイジ(姉には微妙って言われたw)、サイコメトラーEIJI part1…。
古いな。
ライアーゲームも面白いらしい。

原作ファンがいて、登場人物のイメージが出来上がっている以上、実写は難しい。
外見的特徴、声色、話や動作の速度等、似せなくてもイメージは壊さない表現力が必要になる。

初回は別にしても、高校生であそこまで演じられたなー。

りんたさんへの返信

今日も良い事が沢山ありました。
神様に感謝です。


正直忘れていたのですが…。
ブログを書き始めの頃は、使い勝手が分からず、折角戴いたコメントを消してしまっていました。
大変失礼致しました。


剛君のファンの方でしょうか?
彼への愛情が伝わる、温かいコメントを戴きました。
とても嬉しいです。

以下返信


りんたさん、拍手コメントをありがとうございます。
コメントを読んでいると、りんたさんの愛情深さが伝わります。
凄く嬉しかったです。

私も、痛みを糧に、更に成長し続ける剛君を尊敬します。
他人に傷付けられても相手を尊重し、且つ自分を失くさない。
受けた傷を誰かの為の優しさへと変えられる。
とてもかっこいいですよね。

同じファンというより、尊敬する剛君のファンの方に共感していただけて、とても光栄です。
本当に感謝します。
ありがとうございました。

初詣

昨日初詣に行った。

靖国神社。
歴史ある場所。

参拝するわけじゃないけど、こういう場所って悪くない。
色々な食べ物と、楽しそうな人達の中で新年を祝う。
家族連れとかを見てると、本当に幸せな気持ちになれる。

人が多くて若干酔ってしまったけど。
あんなに沢山の人が笑顔で過ごす時間って中々ないから、具合悪くなっても幸せだった。


結構食べた。

なんで屋台で食べると美味しく感じるんだろう。
不思議。




余談も余談だけど、参拝に来ていた家族を見て。

私は生涯結婚する気はない。
男性嫌いだから、出来ないが正解か。
私みたいな人が少しでも少なくなって、一人でも多くの人に子供・家族が出来る喜びを感じてほしい。

剛君ファンは割と既婚者も多く、子供の話を聞くこともあるから嬉しい。
大変そうだけど。

剛君はまだ結婚しないのかな。
女性に対して、不信感を抱いていそうな発言もある。
結婚願望はあるみたいだから、そこは心配はしてないけど、良い女性いないのかな。
余計なお世話だけどw

結婚して、子供出来て、まだ音楽活動していたら。
その時の剛君の曲を聴きたい。
凄く楽しみ。
…いや、「引退する」みたいなことも言ってたから、それだと寂しいんだけど。

母思い・マザコン

メモから。

どれか忘れてしまったんだけど、去年末の剛君のラジオ。
「親と子の距離感」

親との距離も、一概には言えない。
娘・息子と母親、一人っ子と片親、長男と父親…。
地域によって風習の違いもあるだろうし。

剛君は母親想いだよね。
同じような家族構成だけど、光一君とは異なる。
(光一君が母親想いじゃないって言っているわけではない。表現方法が異なれば質も量も変わるのは当然。)
あそこまで親が好きって言える男性って少ないと思う。

でも剛君は日本で言われる、所謂マザコンには見えない。
これは私の自己解釈だが、「マザコン」は子供の自立心の無さが強調されていて、依存を愛情と履き違えている。
対して「母思い」は社会的な自立できているかは別として、母親への依存ではなく、愛情を持っている。自己主張もする。更に、自分から母親の為に出来ることを思考し、行動する。

マザコンではない、母親想いの男性は増えてきている気がする。
でも、「母親が好き」という当たり前の発言をすると引いてしまう女性がいる為か、必要性を感じないからか、剛君のように愛情を口に出せる人はまだまだ少ない。

私も母親が大好きで、剛君みたいに何度も口に出す。
尊敬している人を聞かれたら戸惑いなく母の名をあげるし、最近はハグや軽いボディータッチも増えた。
成人したから、親から受け取った愛情に感謝を上乗せしてお返ししなければ、と思う。


剛君は自分で仰っている通り、女性みたいな感性を身に付けているのだろう。
だから行動だけでなく、言葉に出して、相手に伝える。

剛君の母親は、自分の教育のおかげとはいえ、幸せだろうな。
母に自慢してもらえるように、私も頑張らないとな。

やること

堂本剛 とFashion & Music Book
2013年1月5日 放送分

剛君がラジオで言っていたこと、いいと思ったからやってみる。

「新たな事を始める。」
「公言する。」


新しいこと…。
FXを始めようかしら。
数字も政治も好きだし。

ただ、問題が2つ。
長期的見通しを立てるのが苦手。
そして、致命的なのが、金銭運がないw
…無理かな。

でも学んでおいて損はないと思う。
貯金を崩すことにはなるけど、自己投資が悪いとは思わないし。
もう少し貯めてからにしようか考えてはいるけど、米ドル為替を気にして5年経つ。
やるのはもっと勉強してからだけど、分析に時間を費やしてみようかな。
知り合いの保険屋さんが詳しいから聞いてみよう。


もう一つは、ボランティア。

海外ではなんだかんだやっていたけど、日本では全然。
良くない。
確かに体力もお金も時間も必要。大変。

でも、他人の役に立つ。
人や自然の痛みを学べる。
時間やお金なんていくらでも作れるんだから、やろう。


後は、ダイエットしよう。

BMIが参考にならないのは知ってるけど、目安として。
今BMIが18.5。
姉が16.8だから、ちょっと大目に17ちょい?

軽く運動して。
最近4-5食/日だから、3食にすればいい。
美味しいものは沢山食べて、不必要なものを減らす。
ちょっと違うけど、剛君も言ってるし。


今年前半はここに書いたことに対して努力する。
でも決して家族、特に母親との時間は減らさない。
頑張ろう。

年始のハードスケジュール

年が明け、もう3日。
早い早い。


新年。
剛君はハードスケジュールを乗り切ったかな。
年始から寝る暇もなく、大変そう。

コンサートの合間にトーク。
話す時って、歌う時と発声の仕方が違う。
それが休息になればいいんだけど、そうとも限らない。

私なんかは少し大きな声で喋ると、歌う時に声が出なくなる。
歌い続ける分にはそれこそ一日二日は大丈夫だけど。

剛君はどうだろう。
小喜利はあのタイミングでよかったのかな。
集客としてはベストタイミングだろうけど。
でも無駄に倍率高い気がするw

小喜利やコンサートに行って直接見たわけじゃないから、彼の声の調子は分からないけど。


心配性すぎるかな。
別に心配することは悪くないけど、何事も度が過ぎちゃいけない。
しかも、みなとみらいでのライブやship等を成功させた彼だ。

小喜利だって最終的には剛君が承諾したのだし、そりゃ大丈夫だよね。
もう15年以上も歌い続けてる。
自分の喉の調子も負担も分かってるだろうし。

…それにしても、コンサート3連続と小喜利でトーク。
それで大丈夫な喉。
本当に凄い。
流石歌手。

今年も楽しみだな。ライブ。

新年

あけましておめでとうございます。
世界中の人がより多くの幸せを得られるように、祈っています。



小喜利、カウントダウン、KinKi Kidsのコンサートも終わり、剛君も一段落つけたかな。

ちょっと期待していたのですが、shipの関連情報はなかったみたい。
急にお知らせがあるかもしれないということで、楽しみ。

6-7月は母親が入院し、私もリハビリの手伝いやペットの世話をする為、きっと手が離せない。
もし奈良shipの時期が被るのであれば、行けない。

東shipは絶対にやってほしい。
今までは運がなくて、中々参加出来なかったけど、チケット取りたい。


剛君も膝のことがある。
冬は特に痛むだろうし。
また一から会場作りだと、場所やら手間やら掛かって大変だと思う。
剛君には沢山の仲間がいて、一緒に動いていてくれるみたいだから、信じて待ってます。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。