スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるツイートへの反論

見てしまったKinKi Kidsファンのツイートが不快だった。
彼女達に直接話しかける程人が良くないので、ここで。

話題に上がっている女優は野村麻純さん。
Twitterはマネージャーが呟いているみたいで、剛君ファンがリツイートしているからたまに見る。
このブログで初めて知った手足の長い女優さん。
ツイートには撮影中剛君と遊んだ形跡のある写真が幾つか。

以下、見たくなかったら閉じて下さい。
長いです。




@K3Yumi5124: (´-`).。oO(つおしのドラマに出るよく呟いてる新米女優…山○紗○加と同じ事務所やったんか…っつーかまだおったんやwwwで、この新米女優…堂兄に出たいなんて百万年早いからwww)
@4Momo0715: @K3Yumi5124 あーそんな人いたね〜堂兄には、選ばれし人にでていただきたい…
@K3Yumi5124: @kkk51r24b (´-`).。oO(ね~身分をわきまえろ!ってかフジ関係ないしwwwなんの由縁もないやんね)
@K3Yumi5124: @mio_pinkrose 今、見たよ~知らん人www人の会話、全部 見てるんや…怖いΣ(゚∀゚ノ)ノ別に実名出してないのにねwww
@mio_pinkrose: @K3Yumi5124 うんw実名出してないのにww こわすぎだよww 誰だよ← (´-ω-`) 会話、見ないでくれ~ww

売名と罵りたいのかな。
彼女達が好きなKinKi KidsはSMAPの後ろで「売名行為」をしていたみたいなのに、なんという矛盾。
最近よく名前を聞く「ジェシーくん」も彼女達には「売名行為に必死な後輩」になるのだろうな。


ただこの女優さんに嫉妬しているだけなのだろうけど、悪びれることもなく、更に注意した人達へ暴言なんて。
Twitterで特定の人を批判するのは、公共の場で、しかも本人やその親族・知人がいるかもしれない所で大声で悪口言っているのと同じ。
しかも、全ての人が閲覧出来るように設定している。
自らその選択をしたにも拘らず、注意した相手を非難するような言葉をツイートしていて、言葉は悪いが神経を疑う。

「いつ誰が見ているか分からない」
インターネットを利用しているのであれば知っていて当然、知っていなければいけないこと。
そんな初心者でさえ理解しているようなことに文句をいうのであれば、インターネットに手を出すべきじゃない。
ROMれ。


そもそも。
新米女優がバラエティに出演するのは嫌ですか。
それとも新堂本兄弟は格式あるバラエティで、出演者はベテランでないといけませんか。
数回しか見たことない番組ですが、それ程素晴らしいゲストばかりを集めていたとは知りませんでした。
私の知る限り、剛君ファン・KinKi Kidsファン問わず、ゲスト選びに文句を言っていますが。


一番最初のツイートをした人の自己紹介に
「人間・失格」の頃からftrを愛してます(♡˙︶˙♡)ソロになるとツヨよりですが、とにかく「S」が大切、ftrセットが1番…かなりのイチャイチャKidsが好きな為(車×魚)オンリー、アンチはお断り٩(๑`ε´๑)۶お仲間さんは大歓迎~仲良くして下さい٩(๑♥ڡ♥๑)۶
と書いてあったけど、上記のツイートはアンチでしかない。
KinKiのアンチでなければ誰をアンチしても構わないということかな。
ダブルスタンダード。

「人間・失格」の頃からのファンということは、私の親と同世代くらいだろう。
何故ダブルスコア程も生きているのに、少し考えれば分かることが理解出来ないのか。

KinKi Kidsファン全員にモラルがないとは思わない。
寧ろ少数だろう。
でも、KinKi Kidsのファンがアンチになった原因の一つだという人も数人知っている。
そこまでかは別にして、確かに上記の方々は感情ばかり先走ってマナーや常識が欠落している。
あの女優さんに少しでも好感を持っている人は不快に思っても不思議ではない。

あえて差別表現をするなら、彼女達は世間一般で言われるような「ジャニーズファン」なのだと思う。
愛情と嫉妬を撒き散らす人達。
盲目になれる程に人を愛せる力は尊敬するけど、その素晴らしい感情を他人を傷付ける為に使うなんて勿体無い。
しかも共演者アンチなんて、好きな人にまでマイナスになりかねないのに。
(それは彼女達が一番理解していると思っていた。)

特定の人や集団を批判するのは、自分自身が非難される可能性を高めること。
今私も自ら同じ状況になりにいっているわけだけど、似たような行動を取っている自分に到底良い気分にはなれない。

毒舌が過ぎたかな。
もっと感情のコントロールが出来るようにならないと。
途中トイレに行ったら考えていたこと飛んでいったから、意味が分からなくなっているかもしれないけど。
とりあえず更新します。
スポンサーサイト

オンリー

1日は旅行、先週と来週は仕事、昨日はドラゴンボールを見ていたから、今月は一回しか剛君のラジオが聞けない。
今週は膝のことと結婚式について話していたらしく、聞きたい。
今日中に聞けたらいいな。



似たように感じている人を発見したから書いてみた。
「オンリー」という言葉について。


ジャニーズというカテゴリーの中では確かに「堂本剛オンリー」だけど、音楽や演技といった広い括りでは「堂本剛オンリー」ではない。
全てにおいて剛君だけしか興味がないわけじゃない。

幼少時代から変わらず愛している歌手はZARDだし、ダンスは三浦大知に嵌っている。
バンド好きになったきっかけのBUMP OF CHICKENは未だに敬愛していて、更に数年は路上で歌っているインディーズのファンでもある。

役者も江口洋介、反町隆史、椎名桔平、妻夫木聡に、女性は竹内結子、深津 絵里や松嶋菜々子と名前を挙げたらキリがない。
いかりや長介さんは忘れられない存在で、今でも名前を聞くだけで涙が出るくらい好き。


「オンリー」という言葉は対極にある「堂本剛以外」を連想させる。
何も気にすることなく耳にすれば「堂本剛以外=それ以外の芸能人、それ以外の人間」と捉えられる。
でも、この言葉を使う人達にとって「堂本剛以外=堂本光一」であり、その二人が必ず対でなければならないという考え方が根底にあるような気がして複雑な気分になる。

KinKi Kidsファンの言葉の中には「光一君と一緒にいるからこそ成り立つ」とでも言いたいような表現もある。
剛君は一人の人間なのに。


私は自分が「オンリー」と呼ばれる存在であるのは分かっている。
それでも個人的感覚では私はただの堂本剛ファンでしかない。
他のアーティストも俳優も大好きな、剛君のファン。
それだけ。


理解しやすく分別する言葉は便利だけど、その言葉に軽蔑や皮肉を含んでいるのも確かだと思う。

今でこそそのままの意味で使われることも多いWhite, yellow, blackといった肌色を表す言葉も、元は差別用語だった。
「yellowやblackはwhiteより格下。人間でありながら動物に近く、野蛮。」という考えの基、奴隷制度を正当化していたwhite。
KinKi Kidsのファンの中には、自分達が一番優れた、人間で一番上の立場であると勘違いしていたwhiteの雰囲気を感じさせる人もいる。
といっても当然生まれる前の話なので、Bibleの授業で習ったwhiteのイメージだけれども。(今の時代のwhiteではありません。)


「オンリー」という言葉がどのように使われ始めたのかは知らない。
知る必要ない。

私はあまり好きではない。
嫌いという程でもないけど違和感が大きい。
言葉の浸透率から伝わりやすくて便利だと、剛君ファン同士であればたまに使いもするけど。



言葉を発信するのにも苦労しているけど、受信するのも下手だな。
寛大になりたい。

ファンとアンチ

光一君アンチと剛君ファンの違いが分からない。
私の中での基準がKinKi Kidsのファンのそれと違うことは分かっていたが、彼女達の中ではどうなっているのか。
知ったところで何が変わるわけでもないし、このページ全て無駄な気がしないでもないが。



光一君が近くにいる時に剛君だけを見ているのはアンチ。
「ソロがいい」と言うとアンチ。
「歌が下手」と言うとアンチ。

傍から見れば、私は光一君アンチに見えたかな。
基本的に光一君ファンは嫌いでも、光一君自身は嫌いになる程知らないから自覚がないのだけれども。


例えばAKB48や嵐等、他の興味のないアイドルと剛君がコラボしてコンサートをやるとする。
剛君だけ見ていたらAKB48や嵐アンチになるのかな。
一人だけで歌っているのが見たいと思えばそれもアンチ?
(実際に聞いたことないから分からないけど)彼等彼女等の歌が下手だと感じればアンチか。

好きな歌手だけ見ているって不思議なことかな。
私には、「興味のない人でも近くにいれば見る」方が不思議。

極論、興味のない近くにいる人イコール隣の席の人を態々見たいと思わないのと一緒。
関心がなければ芸能人だろうが一般人だろうが、私には関係ない。


「誰の歌が上手い」「誰は下手」はただの感想。
「上手い」というのは感想として受け止め、「下手」と言われたらアンチと判断するのはダブルスタンダードでしょう。



個々のファンやアンチと合わないというのは仕方がない。
私も大抵の光一君ファンやKinKi Kidsのファンとは合わないと思う。
それでも悪だと決めつけるのはどうかと。

正直私は光一君アンチと思われても構わない。
そう感じる価値観は否定しない。

でも、そうやって思われるのが嫌な個人のファンがいることくらいは理解すればいいと思う。
軽蔑するような言い方をするKinKi Kidsのファンがいるからと、個人のファンでもそれを隠そうとしている人がいるのは知っている。




何か面倒になってきた。
ご飯食べてこよう。

KinKi Kidsのコンサート

結局色々あり、KinKi Kidsのコンサートに参戦してきた。

コンサート自体が悪いとは思わなかった。
楽しめる部分もあったし、いい経験になった。

それを踏まえて。


感想。

・ステージ構成、音楽、衣装、ファン層。
全てにおいてジャニーズ。
・ダンスがいまいち好みに合わない。
・剛君ばかりの声が聴こえる曲とバランスが取れている曲があり、光一君だけのものはない。光一君が好きな人は満足したのか疑問。
・声量や音程、リズム等、ファンが言う程「ハーモニー」が良くない。
・聞いてはいたが、MCが長い。それならもっと歌えばいいのに。


基本的にアイドルが苦手な自分が行ったことが間違いだったのかもしれないと思う程。
前述の通り、楽しいとも感じたから、後悔はしていないけど。

KinKi Kidsのコンサートは私には合わない。
全く知らない曲ばかりでも十分に楽しめるライブは山程ある。


嫌なことは先に書いたから、次に楽しかった部分。

・ソロとは違う剛君の歌声が聴けた。曲に合わせて歌い方を変えるのはとても好き。
・剛君が踊ってた。
・目で見て楽しめるようなコンサート。中央で箱に乗っていた時の照明が綺麗だった。
・下の方のまあ良い席で、剛君が近くに来た。足元や上の席の人にまで全身で手を振ってたのが見えた。
・女性ダンサー?の衣装が可愛かった。
・知っている曲もあった。


再三。
ほぼ何の情報も知識もなく参戦したから楽しめるか不安だったけど、思ったよりは楽しめた。
良かった。

RUSH 公開録音

もしかしたらあるのではないかという話は聞いていたが、実際に映画公開前に聞けるとは思っていなかった。
以下何となく感想。

※意見・感想は受け付けますが、無駄な論争は避けたいので前置きします。
剛君に対しても割と辛口です。



吹き替えの声優としての彼の声で思うことは、毎度言うようだが、声が軽い。
そして落ち着いた印象を与えてくれるということ。

合っているか合っていないかで考えるなら合っていない気がする。
声優向きの声でないわけではないが、スポーツをやる人間の声とは違う。


極力贔屓目無しで考えると。
KinKi Kidsのどちらかというと、光一君の声質の方が「スポーツマンの吹き替え」に向いてはいるだろう。
多少低めでよく動く。

少し聞いた感じだと、声優としての力量は双方然程変わらない。
あまり良い印象は受けない。
タレント、所詮ジャニーズがやる中途半端な仕事としか思ってもらえないだろうレベルではないかな。
極端に変化がなく、声が実物を連想させるから余計に。
(最近深津絵里さんがナレーションをしていたが、名前を見ても一致しない程、普段と声が違っていた。)


余談はここまでにして。
更に書くならば、吹き替えの声質や喋り方には日本人の外国人のイメージが濃く反映されている。
洋画の吹き替えには低い声の男性を起用することが多く、無駄に動きの大きい口調で話す。
(とは言っても、吹き替えではテレビで再放送している映画を数本しか見たことがないけど。)

剛君の話す時の声は高く、訛りを抜かせば抑揚が少ない。
確かに落ち着いたトーンは「冷静沈着な分析派」のニキと被るかもしれない。
でも、正直日本人が求める声優像ではないのではないかと考えている。
例えば吹き替えでもテレビで放送されているミステリー等では求められる話し方が異なってくるだろうに。


因みに私は、だからこそ剛君の声が好きだ。
安定感があるから。
顕著に出るのはバラードや最低限の演奏のみで歌う時。
毎週土曜日のラジオでも感じる。

ナレーションは求められるモノが剛君の声に当て嵌ると思う。
安定感やリズム感、発音、適度な波、高すぎず低すぎない声。
今年末に放送される「世界ふしぎ発見!」が楽しみ。


剛君の声が全ての音や画に合うとは思わない。
極端な例、ヴィジュアル系バンドの歌と彼の声が一致する気がしない。

でも実際のストーリーを知らないし、もしかしたら剛君の声が合っていると感じるかもしれない。
そんな期待はある。

何にせよ声のお仕事。素直に嬉しい。
KinKi Kidsとしての活動では一番楽しみ。
プロフィール

mm

Author:mm
堂本剛さんのファン。
堂本光一さんは嫌いではない程度。
KinKi Kidsを含め、よく知らないけどたまに触れる予定。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
Follow me CLICK!

画面下をお散歩します

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。